お知らせ

掲載をご希望の方は
こちらの
掲載依頼フォーム
から
お願いします。

学習会
共謀罪の怖さを1から知る

と き 3月2日(木)18:00〜20:00

ところ 高知城ホール2階
〒780-0850高知県高知市丸ノ内二丁目1番10号
TEL088-822-2035 FAX088-822-2037

出演者 田中肇さん
高知短期大学元教授(刑法学)
国民救援会高知県本部会長

内 容  稲田防衛大臣、金田法務大臣のような「だます」「そらす」「はぐらかす」答弁で押し切る気であり、暗黒社会への扉がこのように軽くて良いものか?
 能天気な首相は、一旦動き出した歯車は個人の意思を乗り越えて動いて行くことを知らない。
提出させず、つぶさなければならない。
 多数の参加をお願いします。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(パンフ『一からわかる共謀罪』代込み)

主 催 「高知憲法会議」「国民救援会高知県本部」「高知県労連」「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟高知県本部」

問合せ 高知県労連
高知県高知市丸ノ内二丁目1番10号高知城ホール内
TEL088-872-3406

DAYS JAPAN13周年記念イベント

と き 3月2日(木)19:00〜(開場 18:30)

ところ 文京シビックホール小ホール
 http://bunkyocivichall.jp/access.html
◎東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅>【直結】
◎都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前)>文京シビックセンター連絡通路【直結】
◎JR中央・総武線水道橋駅>【徒歩約10分】

内 容 第1部
☆「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2017」受賞作品発表(スライド上映)
☆参加者によるパブリック・プライズ審査会

第2部 ゲスト講演 
沖縄・東村高江から 伊佐育子さん(「ヘリパッドいらない」住民の会)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
DAYS JAPAN定期購読者500円 一般700円 (高校生以下、70歳以上無料)

問合せ DAYS JAPAN 企画
Email: kikaku@daysjapan.net

補 足 【定員】 300名 予約制

DAYS JAPAN 13周年記念イベント

と き 3月2日(木)19:00~21:20

ところ 文京シビックホール小ホール

出演者 沖縄・高江から伊佐育子さん(ヘリパッドいらない住民の会)

内 容 第1部「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2017」受賞作品発表
審査委員 金平茂紀氏からの講評
第2部 ゲスト講演沖縄・東村高江から 伊佐育子さん(「ヘリパッドいらない」住民の会)

参加費
入場料
一般:700円 DAYS JAPAN定期購読者:500円(高校生以下、70歳以上無料)

主 催 DAYS JAPAN

問合せ TEL:03-3322-0233 Email:kikaku@daysjapan.net

補 足 予約制。こちらのフォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/2ffc7cd8339766
または、電話もしくはメールでお申し込みください。

NEW
院内シンポジウム:AV出演強要被害の被害根絶を目指して

と き 3月2日(木)17:30〜19:45

ところ 参議院議員会館 101会議室(永⽥町駅、国会議事堂前駅)

出演者 出演被害体験者(くるみんアロマ氏ほか予定)、国会議員、支援団体、

内 容 1) 発言 出演被害体験者の声  くるみんアロマ氏ほか予定
2) 報告
・相談事例について 藤原志帆子氏(人身取引被害者サポートセンター ライトハウス代表)(予定)
・法整備等今後の課題について 伊藤和子氏(弁護士/ヒューマンライツ・ナウ事務局長)
3) 省庁からの報告、国会議員からの発言(予定)
4) 質問を受けた報告者のディスカッション
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,000円

主 催 特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ

問合せ 特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)事務局(担当:有満)
Email:info@hrn.or.jp Tel: 03-3835-2110 Fax: 03-3834-1025 Web: http://hrn.or.jp/

「3.11を忘れない ~被災地の課題を考える~」

と き 3月3日(金)19:00~21:00(開場18:30)

ところ 文京区男女平等センター 研修室A

出演者 安田菜津紀氏、草野祐子氏、富塚 悠吏君、吉田悌一郎氏

内 容 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、震災直後より今日に至るまで被災地での法律相談活動を継続し、被災者の皆様の声に身近に接してきました。震災から6年の節目に改めて、イベントを企画しました。この企画では、3.11を風化させないという想いを込めて、震災後、被災地で様々な活動をされている方々や実際に現地で被災した方をお呼びして、様々な視点から被災地の現状や課題について話し合います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加申込フォームよりアクセスし、必要事項記入の上、お申込みください。

上記からお申込みができない場合は、HRN事務局(info@hrn.or.jp)宛に、
件名を「3/3開催「3.11を考える」参加希望」として、お名前、ご連絡先を明記の上、
お申し込みください。

※当日参加も可能ですが、人数確認の為できるだけ事前のお申込みにご協力いただけますと助かります。

主 催 認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)

問合せ 電話:03-3835-2110 Fax:03-3834-1025
info@hrn.or.jp

NEW
共通番号(マイナンバー)制度の強制に反対し廃止を求める院内集会

と き 3月3日(金)17:30〜19:30

ところ 参議院議員会館 1階 101会議室(定員100人)、地下鉄「永田町駅」1番出口1分、「国会議事堂前駅」議員会館地下通路出口6分

内 容 省庁交渉の報告に始まり、番号・カードの強制や7月から稼動予定の情報連携に対する取り組みについて意見交換し、今後の運動を展望します。どなたでも参加できます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 共通番号いらないネット(共通番号・カードの廃止をめざす市民連絡会)

問合せ 電話080-5052-0270(宮崎)

補 足 ▼会場案内図付きのチラシをダウンロードできます。
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20170303Handbill.pdf

NEW
【3・3集会&防衛省交渉】辺野古新基地建設…海上作業へのこれだけの疑問

と き 3月3日(金)

事前集会11:00~12:00
防衛省交渉(調整中)13:00~14:30

ところ 参議院議員会館101
東京都千代田区永田町2丁目1−1
最寄り駅:東京メトロ 国会議事堂前、永田町 1番出口すぐ

出演者 北上田 毅 さん(沖縄平和市民連絡会)

内 容 辺野古の海上作業が再開され、沖縄県の中止指示も無視してコンクリート・ブロックの投下が続いています。沖縄から抗議船の船長でもあり、公共土木に詳しい北上田毅さんを迎えて、防衛省交渉を行います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会、FoE Japan

協 力 辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク

問合せ FoE Japan
Tel:03-6909-5983 携帯:090-6142-1807(満田)

映画「第九条」上映会

と き 3月4日(土)14:00~16:30

ところ 上宮川文化センター(芦屋市上宮川町10-5)

内 容 憲法成立の歴史から米ソ冷戦、基地問題、核など多角的に九条の存在に切り込んだ昨夏公開の映画。12人の若手俳優が熱い議論を交わし、観た人に「あなたならどう考える」と問いかけています。
上映後、感想等を話し合う意見交換会を行います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(学生以下無料)

主 催 芦屋「九条の会」

問合せ 090-7118-2312(片岡)

子どもたちにしのびよる戦争の足音 〜中学生・高校生と自衛隊〜

と き 3月4日(土)午後7時〜8時45分(6時半開場)

ところ 練馬区勤労福祉会館2階大会議室
(西武池袋線大泉学園駅南口徒歩3分)

出演者 坂本茂さん(練馬平和委員会)

内 容 練馬自衛隊基地ウオッチャーの坂本さんに学校に近づく自衛隊や、練馬の駐屯地内部の様子についてお話していただきます。

参加費
入場料
500円

主 催 平和を育てる大泉9条の会

問合せ 町田03−3923−0915

憲法市民講座 第10回「市民目線で考える戦争と平和~安保法制と変貌する世界にどう向き合うか?~」を開催します

と き 3月4日(土)午後2時30分〜午後4時30分

ところ 大阪弁護士会館 2階会議室
(大阪府大阪市北区西天満1-12-5)

出演者 柳澤 協二 氏
(国際地政学研究所理事長、元 内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当))

内 容 一昨年、多くの疑念を残しながら国会で強行可決された安保法制。
いよいよ駆けつけ警護、宿営地共同防護の名のもとで、自衛隊が集団的自衛権行使を実際に行使する日も近づいています。
世界に目を向ければトランプ政権誕生による大きな変化が予想されます。その中で、市民がそれをどのように受け止め、行動していくか、力に力で対抗するのか、アメリカと一体化すれば平和になるのか、私たちはどのような平和を構築していくか。
詳しくはコチラ

主 催 大阪弁護士会

あれから6年 福島の今とつながる

と き 3月4日(土)14時〜16時半

ところ 兵庫県加古川総合庁舎1F かこむ内「たぱす」http://www.kacom.ws/#
兵庫県加古川市加古川町寺家町天神木97-1 TEL 079-421-1136

出演者 荒木田岳さん
歴史学者、行政学者。福島大学行政政策学類准教授、一橋大学博士(社会学)

内 容 14:00~ 開会 挨拶と歌「種を播こうよ」
14:10~ 講演 荒木田岳さん(90分)
15:40~ 質疑と参加者からの意見・提案
16:10~ 皆で一緒に歌おう
16;30 閉会
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(避難者・障がい者・学生無料)

主 催 主催:脱原発はりまアクション
共催:コープ自然派兵庫

ハカルワカル映画会:「アトムとピース」上映

と き 3月4日(土)
第1回上映:開場 午後1時/上映 午後1時30分~3時10分
「被爆者に聞く(インタビュー)」午後3時20分~3時50分
(この「被爆者に聞く」は第2回をご覧の方も入場いただけます)
第2回上映:開場 午後4時/上映 午後4時30分~6時10分

ところ 北野市民センターホール(京王線北野駅北口前 スーパーアルプス8階)
〒192-0906
東京都八王子市北野町545-3
きたのタウンビル7・8階

内 容 ・・・長崎の被爆3世の瑠衣子は、「原爆と原発は何が違うの?」と問い、長崎から福島、青森へと旅する。この3点を結びつけるものは「プルトニウム」だった。唯一の被爆国日本、日本人が知らなければならない真実とは?

瑠衣子の視点から語られる「プルトニウム」の真実。 ぜひこの機会にこの映画をご覧ください。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
前売り券800円、当日券1000円(障害のある方および高校生以下は無料)

チケットの購入の方法:ハカルワカル広場にて発売中 また、予約(当日前売り券の価格で会場でお渡し)も電話(042-686-0820)、メール(hachisoku@gmail.com) で受付中です。

主 催 八王子市民放射能測定室ハカルワカル広場
〒193-0053 東京都八王子市八幡町5-11 八中ビル2F
電話:042-686-0820

3.11映画祭 in 大阪 『大地を受け継ぐ』上映会&井上淳一監督トークショー/サイン会

と き 3月4日(土)
上映会 17:00〜18:30
トークショー 18:30〜19:00
サイン会 19:00〜19:20 ※開場は16:30

ところ 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
〒530-8558 大阪府大阪市北区梅田3−1−3 ルクア イーレ LUCUA osaka

出演者 井上 淳一 監督
1965年7月12日生まれ、愛知県出身。早稲田大学卒。

内 容 2015年5月、福島第一原発から65㎞離れた一軒の農家に11人の子どもたちが向かった。
ある農家の孤独な”声”に耳を傾ける。原発事故から4年間の農家家族の物語。
それは生涯忘れられない、たった一日の食と命の体験に、心揺さぶられる瞬間だったー。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
前売1,500円(税込) 当日1,800円(税込)

主 催 日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合・わわプロジェクト(事務局:コマンドN)

協 力 アーツ千代田 3331、株式会社キネマ旬報社

問合せ umeda_event@ccc.co.jp

補 足 定 員:80名

本庄9条の会、第8回 戦争を語りつぐ会

と き 3月5日(日)13:00~16:00

ところ はにぽんプラザ一階多目的ホール(本庄駅北5分)
本庄市銀座1-1-1 TEL: 0495-22-0828

出演者 沖松信夫さん

内 容 元特攻隊員が語る出撃前夜
講師:沖松信夫氏(元特攻隊長)
 講師:プローヒール
1925年生 広島県呉市生まれ
陸軍士官学校卒 陸軍航空士官学校操縦課程修了 元特攻隊長
東大卒 元高校教師 熊谷市在住 92才

参加費
入場料
無料

主 催 本庄9条の会

後 援 本庄市・本庄市教育委員会

問合せ 0495-24-1739(田中)

補 足 本庄駅北口で下りて西に徒歩、5分です。
車で来られる方は、注射場が狭いため乗り合いでお越しください。

わたしたちのつながるところ

と き 3月5日(日)13時半~16時半(13:15開場)

ところ 尼崎市立 小田公民館ホール

出演者 荒木田岳(あらきだたける)
歴史学者、行政学者。福島大学行政政策学類准教授、一橋大学博士(社会学)
子ども脱被ばく裁判原告

宇野朗子(うのさえこ)
避難の権利を求める全国避難者の会、3.11ゆいネット京田辺、
福島原発刑事訴訟支援団、原発賠償京都訴訟

内 容 13:15~ 開場
13:30~ 開始、主催者挨拶
13:40~ 荒木田岳さん講演
14:40~ 宇野朗子さん発言
15:00~ 休憩
15:20~ 避難・移住者発言
15:50~ 発言者座談・会場応答
16:30 終了予定
詳しくはコチラ

参加費
入場料
当日 一般1000円 前売り券 一般 800円(避難者・障がい者・学生半額)

主 催 「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本 関西地区実行委員会

問合せ ℡090-3611-0162 (後藤)
Email:wishmill-yume@kouenji-hou.com

東京大空襲を語り継ぐつどい
──東京大空襲・戦災資料センター 開館15周年

と き 3月5日(日)開場:13時 開会:13時30分

ところ 江戸東京博物館 ホール(1階)
・JR総武線 両国駅西口下車 徒歩3分、東口下車 徒歩7分
・都営地下鉄大江戸線 両国駅(江戸東京博物館前) A3・A4 出口 徒歩1分
・都バス錦27・両28・門33系統、墨田区内循環バス「すみだ百景すみまるくん・すみりんちゃん(南部ルート)」にて「都営両国駅前(江戸東京博物館 前)」下車、徒歩3分

内 容 1.講演
若い世代が東京大空襲を語り継ぐということ~「日本国憲法は希望」~
白神優理子さん

2.東京大空襲を語り継ぐ
  ・体験を語る:藤間宏夫さん
  ・センターのこの1年の活動
  ・センターで学ぶ子どもたち
  ・新作証言映像作品の上映:(証言者:元木キサ子さん)

3.あいさつ
館長 早乙女勝元
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(高校生以下無料)

主 催 東京大空襲を語り継ぐつどい実行委員会

問合せ 東京大空襲・戦災資料センター
〒136-0073 東京都江東区北砂1-5-4
TEL: 03-5857-5631 FAX: 03-5683-3326

補 足 定員:400名(先着順) 
※当日直接会場へお越しください

NEW
さようなら原発・核燃「3.11」青森集会

と き 3月5日(日)12時30分〜16時

ところ 青森市文化会館(リンクステーションホール青森)
〒030-0812 青森県青森市堤町1丁目4−1

内 容 特別講演:「原発再稼働と自然エネルギー」 講師:河合弘之 弁護士
特別報告:「6年目を迎えるフクシマ」 木幡ますみ さん(大熊町町議会議員)
詳しくはコチラ

主 催 なくそう原発・核燃、青森ネットワーク

3・7 憲法行脚の会

と き 3月7日(火)
開会18:30〜(開場18:00) 閉会20:30

ところ 在日本韓国YMCAスペースワイホール
東京都千代田区猿楽町2-5-5 電話:03-3233-0611
JR中央線(各駅停車)水道橋駅 (東口から徒歩約5分)

出演者 ○ピーコと信のニッポン・チェック ピーコ&佐高信
○出発の歌  小室等&小室ゆい
○憲法クン  松元ヒロ
○自民党改憲草案を嗤う 小林節vs.佐高信
司会・雨宮処凛

内 容 私たちの武器は怒りと笑い。
寄席はそれが横溢している。
多彩なゲストを迎えて、大いに“安倍一族”を嗤ってやろう。
乞う、御期待!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
2000円

問合せ 憲法行脚の会 http://www.kenpou.info
〒113-0033 東京都文京区本郷3-13-3 三富ビル
ペンの事務所気付
TEL03-5804-3210 FAX03-3818-9312

フクシマから6周年 3・7メモリアル講演会
「福島から伝えたいこと
 ―被災地からの報告―」

と き 3月7日(火)18:30〜20:30

ところ かでる2・7 2階
(北海道札幌市中央区北2条西7丁目)

出演者 山本富士夫さん(元教諭)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
300円

主 催 原発問題全道連絡会、国民大運動北海道実行委員会
(連絡先 道労連内 011-815-8181)

NEW
「記憶」の共有が「社会」を成す 小熊英二 ×︎ 高橋源一郎 トークイベント 『首相官邸の前で』(集英社インターナショナル)刊行記念

と き 3月7日 (火)19:00〜20:30 開場 13:30

ところ 青山ブックセンター本店 大教室
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山ガーデンフロア (B2F)

出演者 小熊英二 おぐま・えいじ
1962年生まれ。社会学者、慶應義塾大学教授。
高橋源一郎 たかはし・げんいちろう
1951年生まれ。小説家、文学者、文芸評論家。明治学院大学教授。

終了度、お二人のサイン会も開催いたします。

内 容 本イベントは、映画『首相官邸の前で』について、「感動しました。歴史学者、編集者、ミュージシャンとしての監督の力量が活かされた、総合芸術だと思います」とコメントを寄せ、同書籍巻頭の対談にも登場される作家・高橋源一郎さんを迎え、記録すること、記憶を共有することの意味、そして、「新しい社会運動」について、ともに存分に語っていただきます。どうぞご期待ください。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,350円(税込)

問合せ 青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

補 足 定員110名様

NEW
第19回学習会 現代の治安維持法「共謀罪」
―共謀罪法案を成立させずに、国連組織犯罪条約は批准できる―

と き 3月7日(火) 19:00〜21:00

ところ 連合会館 5F 501会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
http://rengokaikan.jp/access/

出演者 講師:海渡雄一さん(弁護士)

内 容 今回の国際社会との協調、オリンピック開催に必要という政府の主張について、また今回提出される法案の問題点について、この問題に詳しい海渡雄一さんのお話をお聞きし、一緒に考えていきましょう。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 国連・人権勧告の実現を!」実行委員会

問合せ Mail:jinkenkankokujitsugen@gmail.com
Blog:http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen
Twitter:https://twitter.com/unjinken

3・8国際女性デー 全道集会

と き 3月8日(水) (開場17:50)18:20〜

ところ かでる2・7 ホール
(北海道札幌市中央区北2条西7丁目)

出演者 記念講演   島 洋子さん(琉球新報社)
「いのち輝く平和な沖縄・日本を
~女性記者が見る基地・沖縄~」

内 容 国際女性デーは、1908年アメリカの女性労働者がパンと参政権を求めて立ち上がり、デモ行進などをしたのがはじまりです。3月8日は、世界の女性たちが「パンと権利と平和」を求めて一斉に立ち上がる日です。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円(学生500円)

NEW
2017 年国際女性デー 中央大会 
戦争 NO! 今こそ憲法を守り生かそう! 世界の女性と手をつなぎ、平和・ジェンダー平等へ!

と き 3月8日(水)開場 18:00 18:30〜20:40

ところ 品川区立総合区民館 きゅりあん 
〒140-0011 東京都品川区東大井5丁目18−1
(JR 京浜東北線・東急大井町線・りんかい線 大井町駅下車徒歩1分)

内 容 講演 三上 智恵(ジャーナリスト・映画監督)
「沖縄から伝えたいこと―戦争と人権、日本国憲法」

コーラス(女性のうたごえ東京連絡会)
童神(わらびがみ) いとし子よ 沖縄を返せ他 

交流と連帯のひろば

アピール採択
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 2017年国際女性デー中央大会実行委員会 

問合せ 03‐3401‐6147(日本婦人団体連合会)

NEW
3.8国際女性デー神奈川県集会
戦争NO!今こそ憲法を守りいかそう!
世界の女性と手をつなぎ 平和・ジェンダー平等へ!

と き 3月8日(水)開場18時 オープニング18:20~ 開会18時40分

ところ かながわ県民センター・2Fホール
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

内 容 記念講演 
「学んで活かそう女性の権利」山下泰子さん(文京学院大学名誉教授)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

第27回憲法問題連続学習講座「共謀罪とは何か」

と き 3月9日(木)18:00開場、18:30~20:30

ところ 中野区立産業振興センター3階大会議室

出演者 山下幸夫さん(弁護士)日弁連共謀罪対策本部事務局長

内 容 過去三度、廃案になった「共謀罪」をオリンピックにかこつけて強行しようとしています。市民運動、民主的運動までが処罰の対象となる可能性がある「テロ等帽子準備罪」について学習します。

参加費
入場料
800円(学生無料)

主 催 九条の会・中野

問合せ 03‐6454‐0993 NPO法人みんなの広場(小澤)

NEW
レインボー国会、開催!

と き 3月9日(木)12:00〜14:00

ところ 衆議院第1議員会館・B1大会議室
〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目
(東京メトロ「国会議事堂前」又は「永田町」駅より徒歩5分)

出演者 登壇者
国会議員の皆さま、全国各地の当事者、支援者、家族、友人、学校・企業関係者、その他

内 容 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、差別をなくし、理解を深め、より公正で平等な社会をつくるために、「レインボー国会」を開催します。性的指向や性自認に関し、当事者や支援者、国会議員の皆さまと法制定に向けてより一層の活発な議論を行います。

ぜひ大勢で直接国会に声を届けましょう!
1人でも多くのご参加をお待ちしています!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 性的指向や性自認に関する公正と平等を求める院内集会 実行委員会
E-mail: rainbow.kokkai@gmail.com

補 足 参加人数把握のため、下記のページより事前にお申し込みください。
※お申し込みのお名前はニックネームでの登録が可能です。

▽ レインボー国会 お申し込みフォーム
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/453106/

NEW
みんなで話そう、女性の人権と環境

と き 3月9日(木)19:00~21:00

ところ SHIBAURA HOUSE
JR 田町駅芝浦口より徒歩7分
都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩10分

出演者 林典子さん(フォトジャーナリスト)
米田祐子(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン事務局長)

内 容 国際環境NGOグリーンピースは、フォトジャーナリストの林典子さんを迎え、女性の人権について環境汚染や開発の現場から考えるトークイベントを開催します。グリーンピース・ジャパン新事務局長の米田祐子からは、17年にわたってNGO活動に携わってきたアジア、アフリカの開発現場での経験を語ります。グリーンピースの福島での放射線調査などの活動もご紹介します。会場のみなさんとも語り合う時間を設けています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

問合せ 電話 03-5338-9800 (担当:関本)

補 足 グリーンピースの福島での放射線調査などの活動及び『3.11原発事故 被害者の人権をまもる国際署名』についてもご紹介します。ジェンダーに関係なく、どなたのご参加もお待ちしております。

NEW
立憲デモクラシー講座 第2期第5回 「裁判所の果たす役割」

と き 3月10日(金)18:30〜20:30(開場18:30)

ところ 早稲田大学早稲田キャンパス3号館402教室(定員285名)

出演者 青井未帆(学習院大学・憲法学)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場無料。どなたでも参加できます。

主 催 立憲デモクラシーの会

協 力 安全保障関連法の廃止を求める早稲田大学有志の会

問合せ kohara@waseda.jp

NEW
共謀罪 名前を変えても レッドカード ~共謀罪法案の問題点を浮き彫りに~

と き 3月10日(金)午後6時30分〜午後8時30分(開場:午後6時)

ところ 大阪弁護士会館 2階ホール
(大阪府大阪市北区西天満1-12-5)

出演者 平岡秀夫氏(元法務大臣、現弁護士(第一東京弁護士会))

内 容 これまで、3回も廃案になった共謀罪法案が、「テロ等準備罪」と名前を変えて、政府が法案を提出しようとしていると報道されました。
この法案は、2名以上の者が「計画」すれば、実際に行動に移さなくても処罰できるというものです。
この市民集会では、2005年当時に共謀罪法案の審議に関わった、元法務大臣の平岡秀夫氏(現弁護士)に、最新情勢も踏まえてお話をしていただきます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 大阪弁護士会

補 足 一時保育サービスを実施します(要予約・無料)

[対 象]原則、首がすわっている乳児~未就学児
[時 間]行事開始15分前から終了15分後まで
[連絡期限]2月28日(火)
[連絡先]大阪弁護士会 委員会部 司法課(担当事務局:漆原)
電話:06-6364-1681

NEW
3・11を忘れない〜福島から未来へ

と き 3月10日(金)13:00〜16:00(開場12:30)

ところ 文京区区民センター 2A
〒113-0033 東京都文京区本郷4−15−14
都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分 東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分

出演者 武藤類子さん/ひだんれん共同代表
なすびさん/被ばく労働を考えるネットワーク
矢野恵理子/福島ぽかぽかプロジェクト
大島堅一さん/経済学者
吉田明子 /FoE Japan
福田健治さん/弁護士、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク代表

内 容 昨年、福島の高校生達がドイツに招かれ、持続可能な未来にむけてドイツやベラルーシの若者と交流しました。彼らは新たな期待を持って、未来に向かって動き出しています。ベトナムは原発計画を中止しました。世界が持続可能な社会に向けて動き出しています。
原発事故被害の実相とエネルギー政策の未来をみつめます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

問合せ 国際環境 NGO FoE Japan  (担当:深草)
Tel : 03-6909-5983
Fax : 03-6909-5986
E-mail: info@foejapan.org

補 足 要申し込み 申込みフォームからお申し込みください。 
https://www.foejapan.org/event/event_form.html

NEW
原発事故から6年 フクシマを忘れない!さようなら原発北海道集会IN函館

と き 3月10日(金)18:15~

ところ 函館市競輪場(テレシアター)
〒042-0944 北海道函館市金堀町10−8

内 容 講演 「日本はなぜ脱原発できないのか~原子力ムラと原発コストの実態」

講師 小森敦司さん(朝日新聞 東京経済部)
詳しくはコチラ

NEW
フクシマを忘れない!さようなら原発!道北集会

と き 3月10日(金)18:30~

ところ 旭川市勤労者福祉会館
〒070-0036 北海道旭川市6条通4丁目893−1

内 容 講演 「SAYONARA原発 SAYONARA処分場」藤田孝一さん(道北核廃棄物処分場反対連絡協議会代表)

報告 「エベコロベツ自給のむら」から 久世薫嗣さん(核廃棄物処分誘致に反対する道北連絡協議会代表委員・エベコロベツ自給のむら代表)
詳しくはコチラ

主 催 道北平和フォーラム・旭川平和フォーラム

原発とエネルギーを学ぶ朝の教室  ~Morning study of Silent Spring~
第80回 「ヘイトクライムを越える」最首悟さん(和光大学名誉教授/いのち論)

と き 3月11日(土)9:00〜10:30

ところ クレヨンハウス東京店B1 レストラン「広場」
〒107-0061 東京都港区北青山3丁目8−15 都営青山北町アパート15号棟

出演者 講師/最首悟さん(和光大学名誉教授/いのち論)
司会/落合恵子(クレヨンハウス主宰)

内 容 お待たせしました! 一度延期になりました最首悟さんの回をあらためて開催します。米国の大統領選をはじめ世界的にも差別、排外主義が表面化する昨今。日本でも、相模原市の障がい者施設での殺傷事件などは記憶に新しいところ。差別や偏見、憎悪犯罪(ヘイトクライム)が起きる背景と、それを越えていく方法を、3月11日、じっくり考えましょう
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,000円(税込)

問合せ ・申込/お電話またはメールでご予約ください。
・電話/03-3406-6465
(ミズ・クレヨンハウス 11:00~19:00)
email/josei@crayonhouse.co.jp

NEW
原発事故から避難のお話@バザールカフェ(京都市上京区)

と き 3月11日(土)14:15より

ところ バザールカフェ http://www.bazaarcafe.org/
京都府京都市上京区岡松町258
※地下鉄烏丸線今出川駅4番出口から5分
Tel/fax : 075-411-2379

内 容 未曾有の原発事故からまもなく6年。
避難者とともに311を振り返り、素敵なアロマの香りに癒されながら、お気に入りの本を片手に、今、自分にできることを私たちと一緒に考えませんか?
詳しくはコチラ

参加費
入場料
ワンドリンク制(500円)

主 催 ◇バザールカフェ◇
日本基督教団京都教区とアーティスト、市民運動家、大学教員、宣教師、牧師などで構成されたバザールカフェプロジェクトとの共同プロジェクトとして始まり、マイノリティの集いの場として、就労の場として、そして、市民の情報交換、ネットワークづくりの場として作られました。

問合せ ”Talking about 3.11”事務局
E-mail:kodomohisaisya@yahoo.co.jp
Facebook:https://www.facebook.com/events/1455389677828800/

補 足 【持参物】 あなたのオススメの一冊
【定 員】 50名

NEW
「思い込み」から抜け出そう! LGBTと多様な社会を考える

と き 3月11日(土)14:00~15:30

ところ 在日本韓国YMCA 304-305会議室
101-0064 東京都千代田区猿楽町(さるがくちょう)2-5-5

出演者 講師
■渡辺大輔(わたなべ・だいすけ)さん
埼玉大学基盤教育研究センター准教授。博士(教育学)。主要な研究テーマは、ジェンダー/セクシュアリティ教育、セクシュアルマイノリティの支援。近年は、中高の先生とともに「性の多様性」に関する授業実践研究に取り組む。
■岩川ありさ(いわかわ・ありさ)さん
現代日本文学、クィア批評、トラウマ研究を専門。現代日本文学・文化を対象として、性、身体、欲望の規範的なあり方を問うクィア批評の実践を行う。

内 容 このワークショップでは講師をお招きして、ジェンダー、セクシュアリティに関する基礎的な知識はもちろんのこと、偏見や思い込み、そしてそうしたものがLGBTの人たちの生き方にどんな影響を与えているのか、などをお伝えし、いわゆる“多数派”の“常識”や“思い込み”を見つめ直す機会にしたいと考えています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

問合せ アムネスティ・インターナショナル日本 東京事務所
TEL:03-3518-6777/FAX:03-3518-6778

NEW
3.11 あれから6年・福島被災地と新潟柏崎の今

と き 3月11日 (土) 14:00~

ところ 群馬県青少年会館 (群馬県前橋市荒牧町2−12)

内 容 ◆第一部 DVD鑑賞「チェルノブイリ28年目の子供たち」 低線量長期被ばくの現場から

◆第二部 講演
「福島・被災地で生きる」  福島農民連会長 生業裁判原告 根本 敬さん

「新潟・柏崎 原発めぐるたかい 」 再稼働させない柏崎刈羽の会 持田繁義 市議
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 原発をなくす前橋連絡会

第6回 江古田映画祭―3・11 福島を忘れない―

と き 2月25日(土)〜3月12日(日)

ところ 2月25日(土)のみ
会場 武蔵大学 1号館地下1002シアター教室
(〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1)

2月26日(日)~3月12日(日)        
会場 ギャラリー古藤
(〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16)

内 容 おかげさまで6回目を迎えました。今回も私たちは、福島原発事故をひきつづき考えるために、今年のメインテーマも「3・11福島を忘れない」としました。 監督等のトークと企画展示とともに,歌や詩を朗読するイベントデーを設けました。また、武蔵大学生や相馬高校生による作品も揃えました。どうぞお越しください。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
映画1本(組)につき(「奪われた村」と「福島 浜通りの学校」は2本セット)
[大人] 予約 1,000円 当日 1,200円
(「赤宇木」「武蔵大学永田ゼミ制作作品」「記念イベント<福島に思いを寄せて>」は各500円)
[大学生・ハンデのある方]800円(「赤宇木」は無料)高校生以下無料
チケット3枚つづり 2,700円
トークがある場合も上記料金に含まれます。

補 足 電話 03(3948)5328 ホームページは「ギャラリー古藤」で検索

江古田映画祭facebookページ https://www.facebook.com/ekodaeigasai

ともに「資本論」を学びましょう!
福山「資本論」を読む会

と き 3月12日(日)9:30~11:30

ところ 福山市市民参画センター2階 セミナールーム
(福山駅から徒歩6分)

内 容 読む会では、難解だと言われる「資本論」本編に入る前に、初学者向けにガイダンスを行っています。3回目は、「資本論」が対象にする資本主義経済はギリシャ・ローマの古代経済やヨーロッパ中世経済とどういう点でどのように異なっているのかを検討することによって、私たちの社会を歴史的な視点で見ていきます。

参加費
入場料
250円(資料・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 携帯:090-9993-9744 伊藤
メール:white47k@mx1.kcv.ne.jp

NEW
2017さよなら原発 in 飛鳥山

と き 3月12日(日)集会 13:30~15:00  パレード15:00~ 30分程度

ところ 王子駅前公園

内 容 午後1時半~ 集会開催 被災者からの発言 原発の現状についての発言 歌・演奏うらん★
午後2時46分 黙祷
午後3時~ パレード
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 さよなら原発in飛鳥山実行委員会

問合せ 渡辺幸彦 090-1203-3155

NEW
被災72周年東京大空襲資料展

と き 3月9日(木)〜12日(日)午前10時〜午後5時

ところ 浅草公会堂1階ギャラリー
東京都台東区浅草1-38-6

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場無料
どなたでも自由にご覧になっていただけます。
案内ご希望の方は、会場内の実行委員までお声掛けください。

主 催 東京大空襲犠牲者追悼・記念資料展実行委員会
TEL.03-3876-4858

補 足 ①東京大空襲犠牲者追悼集会
3月10日(金)午後1時~
隅田公園内・犠牲者追悼碑前
【言問橋際・台東区側入り口北側】

②2017年 特別企画展示
小池仁画伯原画展
―東京大空襲を描く―

③浅草戦跡めぐり
浅草寺周辺の戦跡・史跡を、約1時間かけてガイドがご案内いたします。
10日を除く会期中の 11:00~ 12:00~ 13:00~ 14:00~
それぞれ定時で行います。

NEW
デモクラシーCafe
3月のテーマ「わたしの3.11」~6年の時を経て~

と き 3月12日(日)13:30〜16:00

ところ 場所:喫茶カフェ「イルソーレ」の和室スペース
(西武新宿線東村山駅ビル内・サンパルネ3階)

内 容 2011年3月11日。
あの日どこで何をしていましたか。
感じていたこと、考えたこと。言葉にならなかった思い。
6年経った今だから、もう一度「あなたにとっての3.11」を。
時を経て変わったことと変わらないこと。話せるようになったこと、まだ話せないこと。今の気持ちを持ち寄ってみませんか。
原発問題を話し合うというより、それぞれの個人的な体験や思い、考えの変化などを話し合うというものです。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
300円+ワンドリンクオーダー
要予約:定員20名。3/10まで。
定員に達し次第申込終了です

主 催 デモクラシーCafe@東村山 

問合せ democracafe2016@gmail.com 

NEW
311未来へのつどい Peace On Earth

と き 3月11日(土)12:00〜19:00
  12日(日)11:00〜18:00

ところ 日比谷公園
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園

内 容 東日本大震災6周年。未来への追悼~3月11日14時46分黙祷を捧げます。
今年も追悼ドームを設けます。献花をお持ちください。

あの日から6年。私たちはここから未来への村をつくります。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場無料
雨天決行

主 催 【事務局】アースガーデン
東京都渋谷区渋谷3-12-24小池ビル3F 
TEL03-5468-3282
FAX03-5468-3285 
poe※earth-garden.jp (※を@に変えてください。)
www.earth-garden.jp

NEW
憲法、平和、そして沖縄
平和・民主・人権を守る憲法を壊すな!ー市民意見広告運動集会

と き 3月12日(日)13:10~17:00

ところ 一ツ橋 日本教育会館 (8階第2会議室)
東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2
地下鉄神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
地下鉄竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分

出演者 三上 智恵(ジャーナリスト、映画監督)
井筒 高雄(元陸上自衛隊レンジャー隊員)
佐々木 寛(新潟国際情報大学教授)
丸井 春 (『DAYS JAPAN』編集長)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 市民の意見30の会・東京

補 足 定 員:150名(先着順)

NEW
LGBTをめぐる 世界・日本の潮流 ~教育そしてエイズ~

と き 3月12日(日)14:00~16:30(開場13:30)

ところ 北区男女共同参画センター スペースゆう 多目的室A・B
・JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分
・地下鉄南北線王子駅5番出口直結
・都電荒川線王子駅前徒歩5分

出演者 新ヶ江 章友(しんがえ あきとも)さん(大阪市立大学准教授)

内 容 今回の講座では、日本のエイズ・アクティビズムの歴史を紐解き日本社会の問題を鋭く指摘した『日本の「ゲイ」とエイズ』(青弓社)の著者である新ヶ江章友さんに、教育とエイズという観点から重層的に紹介していただきます。
セクシュアル・マイノリティの教育とエイズをめぐる現状について、理解を深めていきましょう。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 主催:北区男女共同参画センター スペースゆう
企画・運営:特定非営利活動法人レインボー・アクション

補 足 ・要参加申込(必要事項等の詳細はチラシ裏面もしくは北区ホームページをご覧ください)

・保育あり(1歳以上未就学児・定員あり・先着順・要申込・2017年 3月1日(水)申込締切)

NEW
デモクラシーCafe3月例会
「わたしの3.11」~6年の時を経て

と き 3月12日(日)13:30~16:00

ところ 喫茶カフェ・イルソーレ・和室スペース
東京都東村山市野口町1丁目46 ワンズプラザ 3F

内 容 2011年3月11日。
あの日どこで何をしていましたか。
感じていたこと、考えたこと。言葉にならなかった思い。
6年経った今だから、もう一度「あなたにとっての3.11」を。
時を経て変わったことと変わらないこと。話せるようになったこと、まだ話せないこと。
今の気持ちを持ち寄ってみませんか。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
300円+ワンドリンクオーダー

主 催 デモクラシーCafe@東村山

問合せ democracafe2016@gmail.com
090-9963-5238(やお)
申し込み方法:メールか電話で
申し込み締め切り:2017年3月10日

NEW
震災から6年「知ってほしい、あなたのそばにいる避難者のこと」

と き 3月12日(日)14:00~16:00(13:30開場)

ところ AAR Japan[難民を助ける会]事務所 6F交流スペース(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル6F)
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 目黒駅から徒歩2分

出演者 •加納 佑一さん(広域避難者支援連絡会 in 東京)
•岡田 めぐみさん(福島県福島市出身)
•大原 真一郎 (AAR Japan[難民を助ける会]仙台事務所 福島支援担当)

内 容 AAR Japan[難民を助ける会]は、福島県から幼い子どもたちを連れて東京で避難生活を続ける女性と、東北3県からの避難者を支援してきた加納佑一さんをゲストに迎え、住宅など暮らしの現状や子どもたちの将来について思うことを語っていただきます。また、福島の仮設住宅で今起きていることについて、現地で活動するAAR職員がお伝えします。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料(要事前申込み)

主 催 AAR Japan[難民を助ける会]

03-5423-4511/info@aarjapan.gr.jp

補 足 お電話(03-5423-4511)またはwebからお申込みください。
※小さなお子様連れで託児サービスを希望される方は、お申し込みの際にご相談ください(webからお申し込みの際は、通信欄にご記入ください)。

東京衆議院25小選挙区、市民と野党が大集合!

と き 3月13日(月)17:00~19:00(入館証配布開始16:30)

ところ 衆議院第一議員会館大会議室

出演者 1.各党代表
  長妻昭、衆院議員・民進党東京都連会長代行
  小池晃、参院議員・日本共産党書記局長
  社民党、自由党(要請中)
2.市民連合代表
  広渡清吾、東京大学名誉教授・元日本学術会議議長
3.衆院選小選挙区予定候補、多数

内 容 私たちは、平和とくらしを守るために、野党共闘による衆議院選での勝利を目指します。
私たち「つなぐ会@東京」は、東京の25小選挙区すべてで、市民と野党が政策協議を進め、野党統一候補を実現していくことを目指しています。
この集会は、そのための出発点となる大切な集会です。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費無料

主 催 市民と野党をつなぐ会@東京

協 力 みんなで未来を選ぶ@文京台東中央(略称 ぶたちゅう)
戦争法廃止オール大田実行委員会
市民連合 めぐろ・せたがや(めぐせた)、
選挙で変える!渋谷・中野市民連合(しぶなか市民連合)、
自由と平和のために行動する議員と市民の会@杉並、
練馬・みんなで選挙(ねりせん)、
TeNネットワーク、
チェンジ国政!板橋の会、等

問合せ ren_tunagu2@yahoo.co.jp

NEW
3・13緊急学習会
必要なの?テロ等準備罪
共謀罪とどこが違うの?

と き 3月13日(月)18:15~20:45

ところ 川崎多摩市民館 大会議室
川崎市多摩区登戸1775番地1(向ヶ丘遊園駅北口徒歩5分)

出演者 山下幸夫(弁護士)

内 容 今国会で政府が成立させたい「組織犯罪処罰法改正」。「オリンピックのため」、「一般の人は対象外」と言い、名前も「テロ等準備罪」と変わったが、「内心を取り締まる」共謀罪の本質は本当に変わったのか? 日弁連共謀罪法案対策本部事務局長の山下幸夫弁護士が検証します。

参加費
入場料
500円(学生・障害者無料)

主 催 秘密保護法を考える川崎市民の会

問合せ yazawa57747@gmail.com
TEL:090-1454-0514(神尾)

補 足 定員:100名
予約優先

NEW
講演会『標的の島』が問いかけること〜三上智恵監督、沖縄基地問題を語る

と き 3月17日(金)18:30〜20:30(18:15開場)

ところ 早稲田大学大隈記念講堂小講堂(300席)

出演者 三上智恵監督 岡田正則教授(早稲田大学法学学術院)

内 容 『標的の村〜国に訴えられた沖縄・高江の住民たち〜』で数々の賞を受賞した三上監督が、新作『標的の島 風(かじ)かたか』の公開を前に、沖縄の現状を語ります。上映会ではありませんので、ご注意下さい。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場無料

主 催 安全保障関連法の廃止を求める早稲田大学有志の会

問合せ kohara@waseda.jp

科研費・災害復興のための哲学構築シンポジウム
「あのときの、あれからの福島」

と き 3月18日(土)13:00~

ところ 東京大学文学部法文二号館一番大教室
〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3−1

出演者 1.相川祐里奈・『避難弱者』の著者
コメンテータ 桜井勝延・南相馬市長
2.安東量子・「福島エートス」の主催者
コメンテータ 早野龍五・東京大学理学部教授
3.眞並恭介・『牛と土』の著者
コメンテータ 一ノ瀬正樹・東京大学文学部教授
4.後藤あや・福島県立医科大学教授
コメンテータ 高村昇・長崎大学原爆後障害医療研究所教授

内 容 近年最大の災害である東日本大震災そして福島第一原発事故について、もう一度振り返り、現在進行形の被害や誤解の解決、そして将来に向けての教訓を得ること、に関して、現地からの声も含めて、学術的かつ実効的な形で、方向性を模索してまいりたいと思っています。以下の要領です。タイトルなどまだ未定のものにつきましては、確定次第更新していきます。
詳しくはコチラ

主 催 東京大学哲学研究室

問合せ オーガナイザー:一ノ瀬 正樹
東京大学大学院人文社会系研究科・哲学研究室
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
Tel & Fax: +81-3-5841-3739
E-mail: doxa@ l.u-tokyo.ac.jp

「食卓の肖像」福岡上映会

と き 3月18日(土)
①14:00受付 14:30~16:13
映画出演者によるトーク 16:30~17:30
②18:00受付 18:30~20:13

ところ ふくふくプラザ5F 視聴覚室
福岡県福岡市中央区荒戸3-3-39

内 容 戦後最大級の食品公害「カネミ油症事件」。“食の遭難者”たちを心暖かく見つめた傑作ドキュメンタリー。公式ホームページはこちら
監督 金子サトシ/上映時間 103分
詳しくはコチラ

参加費
入場料
料金
大人:1000円 高校生~20歳代 500円
中学生以下 無料

主 催 「食卓の肖像」福岡上映会実行委員会

後 援 日本の科学者読書会

協 力 terra cafe kenpou

問合せ nephyongel@gmail.com

〈10代向け〉「知って考えよう!子どもの権利条約」

と き 3月19日(日)14:00〜16:00

ところ アムネスティ・インターナショナル日本 東京事務所
(東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル7階)

内 容 現在、過酷な生活をおくっているシリアの子どもたちを、子どもの権利条約の観点から考えてみませんか?子どもの権利条約は、子どもの基本的人権を国際的に保障する条約で、日本も1994年に参加しています。しかし、この条約についてよく理解している人は、まだ少ないと思います。子どもの権利条約により守られているあなたの権利について学んでみませんか?お茶とお菓子を用意してお待ちしています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 アムネスティ日本 子どもネットワーク
email: children@amnesty.or.jp

NEW
シンポジウム「個人の尊厳を守る社会をめざし」

と き 3月21日(火)18:00~20:00

ところ 東京・永田町衆議院第1議員会館B1F大会議室

出演者 福山真劫(総がかり行動実行委員会共同代表)布施祐仁(ジャーナリスト)神部紅(首都圏青年ユニオン前委員長)小森陽一(東大教授)

内 容 個人の尊厳を守る社会について、南スーダンPKO、貧困・格差、共謀罪、辺野古問題などから考える。そして、日本の市民運動の発展につなげたい。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
資料代500円

主 催 連帯・共同21

後 援 なし

協 力 なし

問合せ 携帯電話090-8330-7696

NEW
「ユースのための憲法カフェ」実行委員を公募します!

と き 3月22日(水)応募〆切

内 容 【公募の要件】
対象:高校生以上 男女を問わず
定員:5名
条件:①YWCAの理念を理解していること
     *日本YWCAホームページで《YWCAについて》から
    ②第1回目の実行委員会に参加できること
   *第1回実行委員会 4月8日(土)午後4時~6時
締切日:2017年3月22日(水)
選考結果:3月29日以降に応募者に直接事務局よりお知らせします。
詳しくはコチラ

主 催 東京YWCA・横浜YWCA

問合せ 東京YWCA平和と人権事業部(担当:山本)
TEL03-3293-5456 FAX03-3293-5570
E-mail y-yamamoto@tokyo.ywca.or.jp

補 足 ユースのための憲法カフェは、若い人を対象に政治が自分の生活に深くかかわっていることを知り、憲法が保証している内容を具体的に身近に考えられるよう、「仕事」「教育」「恋愛」「選挙」「貧困」をテーマに取り上げます。

平和教育登戸研究所資料館 第7回企画展「『『登戸』再発見 —建物と地域から追う登戸研究所—」

と き 2016年11月16日(水)〜2017年3月25日(土)
開館時間 10:00〜16:00
休 館 日 日曜〜火曜,2016年12月25日〜2017年1月10日,1月14日,3月18日
※その他,天候等の状況により,閉館する場合があります。

ところ 明治大学平和教育登戸研究所資料館
〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
明治大学生田キャンパス内

内 容 2016年度の企画展は、生田キャンパスと周辺地域に注目し、登戸研究所の諸施設の変遷と
地域社会との関わりについて見つめ直します。

そもそもどうして生田なのに「登戸」研究所なのか、現在のキャンパスのどこにどのような施設があったのか、周辺にはどのような施設があったのか、今でも確認できる研究所の「痕跡」などについて明らかにします。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入館料 無料

主 催 明治大学平和教育登戸研究所資料館

補 足 ◇■関連イベント■◇
●スタンプラリー「登戸研究所の史跡 探検!ラリー」

●元登戸研究所関係者による証言会
「登戸研究所で働いていた人に聞く登戸研究所の姿」
【日時】2017年3月11日(土)13:30~15:00 ※開場13:00

●企画展展示解説
【日時】2017年1月28日(土),2月25日(土)13:00~14:00

丸木位里・丸木俊「原爆の図」と
市民が描いた「原爆の絵」展

と き 2月14日(火) ~ 3月25日(土)

ところ 戦争と平和の資料館ピースあいち 3F 展示室
〒465-0091 愛知県名古屋市名東区よもぎ台2丁目820

内 容 丸木位里・丸木俊の「原爆の図・第一部幽霊と広島の市民が描いた「原爆の絵・ヒロシマを語り継ぐ」から26枚の絵の展示

参加費
入場料
*大人  700円   *小中高生  300円
(この金額は入館料を含んでいます)

補 足 関連イベント
◇丸木美術館・岡村幸宣学芸員によるギャラリートーク
*日時  2月18日(土) 13:30 ~ 14:30
◇映画「ひろしま」上映会<2回上映>
*日時  2月18日(土) 15:00 ~
*日時  2月19日(日) 14:00 ~
*参加費  この映画会は入館料とは別に500円が要ります。 
ー 映画「ひろしま」は1953年制作 <104分> ー  

NEW
NADiff Window Gallery vol.47 開発好明 「政治家の家ドキュメント」

と き 2月28日(火)〜3月26日(日)
月曜日定休 ※月曜が祝日の場合は翌日
2月28日(火)に限り営業時間15:00〜20:00

ところ NADiff A/P/A/R/T
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4

内 容 東京電力福島第一原発事故から一年後、原発から二十キロ圏のすぐ外に「政治家の家」という小屋型の立体アートを制作した芸術家の開発好明(よしあき)さん(50)=横浜市中区=が、事故から六年たつのを前に政治家の家を建て替えた。
東京都渋谷区恵比寿のアートショップ「ナディッフアパート」で、取り壊した古い政治家の家の木材や写真を展示・販売する
詳しくはコチラ

補 足 TALK EVENT
2017年3月11日[土] 14:00-16:00
「福島のことうちとそと」
出 演=川延安直(福島県立博物館 学芸員)、開発好明
会場:NADiff a/p/a/r/t 店内
定員:50名
入場:1,000円

税金カフェ【公正な税制を求める市民連絡会】

と き 3月28日(火)18:30〜20:40(開場17:30)

ところ キイトス茶房
新宿区箪笥町25野吾ビル2F
TEL 03-5206-6657
大江戸線「牛込神楽坂」A1出口徒歩1分
東西線「神楽坂」2番出口徒歩5分
http://kiitosryo.blog46.fc2.com/

出演者 ◆第1部「立憲主義と人権から考える公正な税制とは」
講 師:宇都宮 健児 氏
 弁護士。公正な税制を求める市民連絡会 共同代表
 著書に『自己責任論の嘘』『悪と闘う』他多数

◆第2部「公平な税金の集め方をみんなで考えてみよう」
講 師:内田 麻由子 氏
 税理士。内田麻由子会計事務所代表
 公正な税制を求める市民連絡会 税金カフェ担当

内 容 「税金ってなんだかムズカシそう・・・」「税金のことなんて知らなくてもいい?」
いえいえ、税金は、憲法と同じように、わたしたちの生活に密接にかかわっています。
税について考えることは、わたしたちの暮らしを考えることなのです。

「立憲主義と人権から考える公正な税制とは?」「公平な税金の集め方は?」
お茶を飲みながら、弁護士の宇都宮健児さん&税理士の内田麻由子さんと、楽しく税金について学び、語り合いましょう。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1500円(ワンドリンク付き。当日会場にて)

主 催 公正な税制を求める市民連絡会

問合せ お申込みはEメールにて、info@n-sk.org(内田)へ。

補 足 定員:30名(先着順)

第3回むさしの平和のための戦争展「写真が語る侵略戦争 村瀬守保写真展」

と き 3月31日(金)17:00〜4月3日(月)19:00

ところ 武蔵野プレイス(JR中央線・西武多摩川線武蔵境駅南口駅前)

内 容 村瀬守保は1937年7月に召集され、輜重兵として中国大陸を2年半にわたり転戦。カメラ2台を持ち、中隊全員を撮影することで、非公式の写真班として認められ、約3000枚の写真をのこしました。
それは、日本兵の日常を克明に記録し、戦争の実相をリアルに伝えるものでありました。一方、その中には南京事件の虐殺現場や「慰安所」など、否定できない侵略の事実も映し出されています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
◯村瀬守保写真展
入場無料(展示解説資料は500円)

主 催 「むさしの平和のための戦争展」実行委員会・むさしの科学と戦争研究会

問合せ 080-3157-1858(鳥居)
nusashinosensouten@gmail.com

補 足 ◯「陸軍登戸研究所」上映会
楠山監督トークあり
4月1日(土)14:00〜19:30(受付開始13:30)
◯講演会
南京百人斬り訴訟の顛末
講師 穂積剛さん(弁護士)
4月2日(日)14:00〜16:30(受付開始13:30〜)

第1回 日本軍「慰安婦」博物館会議

と き 4月1日(土)13時半〜

ところ 在日本韓国YMCA・地下スペースYホール
(〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2丁目5−5)

内 容 日本では、2005年にアクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)が開館して11年が経ちました。しかし、安倍政権下で「慰安婦」に関する事実の否定や捏造が一層激しさを増すなかで、加害国日本の市民こそ、「慰安婦」の事実を学ぶ必要があると思います。そこで「慰安婦」などなかったことにしようとする風潮への批判も込めて、「第1回日本軍『慰安婦』博物館会議」を日本で開催します。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円

主 催 第1回 日本軍「慰安婦」博物館会議実行委員会

問合せ アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)気付
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F

補 足 <賛同金>
団体:5000円  個人:1000円

<振込先>
郵便振替口座: 00110-2-579814  名称 女たちの戦争と平和人権基金
銀行口座: 三菱東京UFJ銀行渋谷支店 普通口座 3345859
特定非営利活動法人 女たちの戦争と平和人権基金

美しければ美しいほど The more beautiful it becomes

と き 2月7日(火)〜4月9日(日)
午前9時半〜午後4時半
休館日 毎週月曜日(祝日にあたる場合は翌平日)

ところ 原爆の図丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1401
TEL:0493-22-3266 FAX:0493-24-8371

出演者 会期中の関連企画
●シンポジウム「沖縄の情報は本当に伝えられていないのか」
3月26日(日) 15時より 予約不要・無料(要展覧会チケット)
登壇者
伊藤守(メディア研究/早稲田大学教授)
津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
毛利嘉孝(社会学/東京芸術大学教授)
モデレーター 木村奈緒(フリーライター)

内 容 参加作家 嘉手苅志朗、川田淳
協力 佐喜眞美術館、Barrack、木村奈緒、西尾祐馬
イベント共催 早稲田大学メディアシティズンシップ研究所
企画 居原田遥

1984年、丸木夫妻は《沖縄戦の図》を描きました。
それは絵画というメディアを通じて、沖縄戦の恐怖を今日まで伝える作品です。
それから30年あまりが過ぎた現在。
沖縄の、なにを見て、なにを聞き、どのように表現することができるのでしょうか。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
大人900円
中高生または18歳未満500円
小学生400円

補 足 会期中には他にもイベントを開催する予定です。
詳細は決まり次第、丸木美術館WEBサイトでお知らせします。

2017年第1回特別展「空襲被災者と戦後日本」

と き 2月25日(土)~4月9日(日)12:00~16:00

ところ 東京大空襲・戦災資料センター2階
〒136-0073 東京都江東区北砂1丁目5−4

出演者 会期中には会場で講演会も開催します。
■2月25日(土)14時:安野輝子さん(大阪空襲訴訟を伝える会)
「語り伝えたいこと―戦災傷害者の一人として」
■3月4日(土)14時:岩崎建彌さん(元全国戦災傷害者連絡会事務局長)
「戦災傷害者の歴史をつくった女(ひと)―杉山千佐子とその人生」

内 容 この展示では、全国戦災傷害者連絡会の故杉山千佐子氏の資料をはじめ、各地の空襲遺族団体や名古屋空襲訴訟に関係する資料などを展示しながら、これまであまり知られてこなかった空襲被災者の戦後の歩みをたどります。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
協力費 一般300円 中・高校生200円 小学生以下無料

チェルノブイリ31年・福島6年救援キャンペーン 
今中 哲二 講演会 「放射能汚染の時代をどう生きるか、子どもたちをどう守るか」

と き 4月28日(金)開演19:00 (18:30開場)

ところ 練馬文化センター 小ホール
(〒176-0001 東京都練馬区練馬1-17-37)
西武池袋線・西武有楽町線・都営地下鉄大江戸線「練馬駅」北口徒歩1分

内 容 チェルノブイリ原発事故から31年、福島原発事故から6年。
この放射能汚染の時代をどう生きるのか、子どもたちをどう守っていくのか、一緒に考えてみませんか。

【講演】
今中哲二
京都大学原子炉実験所研究員。
チェルノブイリと福島の放射能汚染の実態について調査・研究を続け、原発の危険性を訴えている。

【報告】
黒部信一:「未来の福島こども基金」代表、小児科医
佐々木真理:「チェルノブイリ子ども基金」事務局長
詳しくはコチラ

参加費
入場料
予約1000円 当日1300円

主 催 チェルノブイリ子ども基金、未来の福島こども基金

問合せ チェルノブイリ子ども基金
Tel/fax 03-6767-8808 E-mail :cherno1986@jcom.zaq.ne.jp

補 足 予約受付は4/26(水)午後3時まで。定員になり次第お申し込みを締め切ります。

「奪われた野にも春は来るか~フクシマを考える」鄭周河写真展

と き 2月1日(水)〜4月30日(日)

ところ 高麗博物館

〒169-0072
東京都新宿区大久保1-12-1
 第二韓国広場ビル7階

TEL:03-5272-3510   
FAX:03-3207-0533 

内 容 原発事故から5年以上たった今も、 多くの人が避難生活を強いられ、 放射能汚染の問題も未だ解決されていません。 「野」には人影もなく、 それでも巡りくる四季の風景は美しい。 植民地朝鮮の土地を奪われた人々と、 放射能の汚染により、 豊かな日々が奪われてしまった福島の人々を重ね合わせ、 その怒り、 痛み、 苦しみを共有したいと思います。
詳しくはコチラ

補 足 <講演会>
◆鄭周河さん(写真家/韓国百済芸術大学教授)
フクシマの日常を撮るー『噛まれた舌の痛み』
2.18(土)14:00~16:30 
◆徐京植さん(作家/東京経済大学教授)
フクシマ以後の生とは?-『少数者の立場から』
4.8(土)14:00~16:30
※どちらの回も要予約 1000円(入場料含む)

斉藤美奈子さん講演会「憲法24条と家制度、婚外子差別」

と き 5月13日(土)
13:30~16:45 講演後デモ予定 その後懇親会

ところ 場所未定(3月中旬決定 東京23区内)

出演者 講師 斉藤 美奈子さん(文芸評論家)

内 容 憲法13条「個人の尊重」14条「法の下の平等」と共に、24条は「家族生活における個人の尊厳と両性の平等」を掲げていますが、自民党改憲草案では「家族は互いに助け合わなくてはならない」を追加し社会基礎を個人から家族へ戻そうとしています。その布石に今国会で「家庭教育支援法案」提出の予定です。斉藤美奈子さんは、講演では笑い満載の中で鋭く問題を抉られると思います。
詳しくはコチラ

主 催 なくそう戸籍と婚外子差別・交流会

その他 3月中旬に場所決定次第、追加連絡致します。その際追加記載をお願い致します。

「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016

と き 11月19日(日)9:00~

ところ 皇居周辺

内 容 今年で第7回となる 「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016を、11月19日(土)に皇居周辺で開催します。
今年は、大人だけでなく子どもたちにも世界の子どもたちの状況や人権を考えてもらうため、中高生によるスピーチの披露や子どもの人権が学べるアトラクションコーナーを設けます。

【開催概要】
場所:皇居周辺
集合場所:日比谷公園 健康広場
種目:5kmウォーク、5kmラン、10kmラン
詳しくはコチラ

参加費
入場料
《ウォーク、ラン》
大人:5,000円 学生:2,500円
小学生:1,000円(保護者同伴)未就学児:無料
《リレー》(4人1組)
大人4名:16,000円 学生4名:8,000円

主 催 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

問合せ 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
Tel 03-3835-2110  Fax 03-3834-1025  Mail info@hrn.or.jp

担当 宍倉

マガ9のメルマガ
メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓

マガ9のブログパーツ
マガ9ブログパーツ

「マガジン9」の更新項目がまるわかり!ぜひ、あなたのブログにも設置してください。

マガ9のコンテンツ

  • – 特別企画 –
  • 「希望のエリア」のあきらめない人々
  • 2012年憲法どうなる?どうする?
  • 2016年 参院選挙を考える
  • B級記者どん・わんたろうが「ちょっと吠えてみました」
  • イェダりんの“リベルテ”を探して!
  • おしどりマコ&ケンの「脱ってみる?」
  • カエルの公式
  • こちら編集部
  • この人に聞きたい
  • つながって考えよう
  • ニッポンの社長インタビュー
  • ひとみの紐育(ニューヨーク)日記
  • ぼくらのリアル☆ピース
  • マガ9スポーツコラム
  • マガ9タイムス
  • マガ9レビュー
  • マガ9備忘録
  • マガ9学校 参加者募集
  • マガ9学校やりました。
  • マガ9対談
  • みんなのこえ
  • わたしたちの日韓
  • 三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記
  • 下北半島プロジェクト
  • 世界から見た今のニッポン
  • 中島岳志の「希望は、商店街!」
  • 伊勢崎賢治の平和構築ゼミ
  • 伊藤塾・明日の法律家講座レポート
  • 伊藤真のけんぽう手習い塾
  • 原発のある地域から
  • 原発震災後の半難民生活
  • 女性が動けば変わる!
  • 女性と政治と社会のリアルな関係
  • 小石勝朗「法浪記」
  • 川口創弁護士の憲法はこう使え!
  • 憲法24条を考える
  • 映画作家・想田和弘の観察する日々
  • 時々お散歩日記
  • 木内みどりの「発熱中!」
  • 松本哉ののびのび大作戦
  • 柴田鉄治のメディア時評
  • 森永卓郎の戦争と平和講座
  • 沖縄・ゆんたくるー便り
  • 沖縄タイムス・新沖縄通信 別冊
  • 注目!安保法制違憲訴訟
  • 渡部建具店の日々
  • 癒しの島・沖縄の深層
  • 立憲政治の道しるべ
  • 被災地とつながる
  • 鈴木邦男の愛国問答
  • 集団的自衛権を考える
  • 雨宮処凛がゆく!
  • 風塵だより