お知らせ

掲載をご希望の方は
こちらの
掲載依頼フォーム
から
お願いします。

「奪われた野にも春は来るか~フクシマを考える」鄭周河写真展

と き 2月1日(水)〜4月30日(日)

ところ 高麗博物館

〒169-0072
東京都新宿区大久保1-12-1
 第二韓国広場ビル7階

TEL:03-5272-3510   
FAX:03-3207-0533 

内 容 原発事故から5年以上たった今も、 多くの人が避難生活を強いられ、 放射能汚染の問題も未だ解決されていません。 「野」には人影もなく、 それでも巡りくる四季の風景は美しい。 植民地朝鮮の土地を奪われた人々と、 放射能の汚染により、 豊かな日々が奪われてしまった福島の人々を重ね合わせ、 その怒り、 痛み、 苦しみを共有したいと思います。
詳しくはコチラ

補 足 <講演会>
◆鄭周河さん(写真家/韓国百済芸術大学教授)
フクシマの日常を撮るー『噛まれた舌の痛み』
2.18(土)14:00~16:30 
◆徐京植さん(作家/東京経済大学教授)
フクシマ以後の生とは?-『少数者の立場から』
4.8(土)14:00~16:30
※どちらの回も要予約 1000円(入場料含む)

取り戻そう、わたしたちの住民主権――上原公子さん ガンバレ! 4.30集会

と き 4月30日(日)14:00~16:30

ところ 東京しごとセンター地下講堂
(ホテルメトロポリタンエドモント隣)JR中央・総武線「東口」より徒歩7分
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線「A2出口」より徒歩7分
東京メトロ東西線「A5出口」より徒歩3分

出演者 上原公子さん(元国立市長)
山内敏弘さん(一橋大学名誉教)
武藤類子さん(福島原発告訴団団長)
金子豊貴男さん((厚木爆音訴訟原告団長・相模原市議会議員)
前田朗さん(東京造形大学教授)

内 容 【プログラム】
・国立景観訴訟・賠償問題等の経過報告 
報告者:「くにたち上原景観基金1万人の会」
・シンポジウム
「いま問う この国で地域、市民の自治を守るということの意味」
・パネル討論(※)
・応援アピール・メッセージ
・「基金」贈呈                    
・まとめ
・閉会       

参加費
入場料
500円

主 催 4・30集会実行委員会

協 力 無防備地域宣言運動全国ネットワーク

問合せ 矢野秀喜(携帯:090-2466 -5184 、mail:ladybird12@i.softbank.jp)

補 足 ※パネリスト
①山内敏弘さん(一橋大学名誉教授)/②上原公子さん(元国立市長)/③武藤類子さん(福島原発告訴団団長)/④金子豊貴男さん(厚木爆音訴訟原告団長・相模原市議会議員)/(ファシリテイター)前田朗さん(東京造形大学教授)
      

その他 ①「憲法・地方自治と上原裁判判決の問題点
②「景観を守る国立市民の運動と市長の責務」
③「福島原発事故の責任追及の闘いとこの国の司法」
④「住民の環境権・平和的生存権と厚木爆音訴訟」

沖縄・南西諸島を標的にするな ~ 宮古島市議・石嶺 かおりさん、楚南 有香子さんを囲んで ~

と き 4月29日(土)18:30~(大阪)
4月30日(日)14:30~(横浜)

ところ 大阪:天王寺区民センター
〒543-0073 大阪府大阪市天王寺区生玉寺町7−57 UR都市機構夕陽丘市街地住宅

横浜:鶴見駅前ホール(加瀬貸し会議室)
アクセス:JR京浜東北線「鶴見」駅より徒歩1分、京急線「京急鶴見」駅より徒歩7分
※第二竹内ビル4階(TSUTAYAが1階)

出演者 石嶺 かおりさん(宮古島市議/てぃだぬふぁ 島の子の平和な未来をつくる会共同代表)
楚南 有香子さん(てぃだぬふぁ 島の子の平和な未来をつくる会 共同代表)

内 容 1部 「島の子の平和な未来をつくる-陸上自衛隊ミサイル新基地建設反対の闘い」
2部 すべての闘いを結んで安倍政権を打倒しよう
詳しくはコチラ

参加費
入場料
※料金は両日とも 前売500円、当日700円

主 催 2017 ZENKO in東京 実行委員会

問合せ 大阪:川島(090-8162-3004)
横浜:西岡(090-3970-8772)/青島(090-4207-9449)

第1回としまレインボーウォークin巣鴨地蔵通り
~LGBTを知って地蔵通りを散策しよう~

と き 4月30日(日)13:30~17:00

ところ (集合)「高岩寺」信徒会館 ~ (散策)巣鴨地蔵通商店街 ~ (解散)巣鴨地域文化創造館「中山道待夢」
東京都豊島区巣鴨3-35-2

内 容 豊島区が誇る観光名所、旧中山道「巣鴨地蔵通り」。 実は若者も楽しめるスポットでいっぱいです。とげぬき地蔵尊「高岩寺」での交流会のあと、グループに分かれて商店街を食べ歩きしながら交流を深めます。LGBT当事者も、これから知りたい人・応援したい人も、だれでも参加できます。協力店からのスイーツ提供もお楽しみに!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
要予約・入場料あり

主 催 レインボーとしまの会

後 援 豊島区

補 足 定員・制限 定員30名程度・セクシュアリティ制限なし

茨城反貧困メーデー in つくば
セーフティネットはチャリティーじゃない

と き 4月30日(日)14:00~16:30

ところ つくばカピオ 中会議室
(茨城県つくば市竹園1-10-1 TX線つくば駅 徒歩8分 

出演者 浅井 和幸さん(NPO法人 若年者社会参加支援普及協会 アストリンク
森 美智子さん(NPO法人 居場所サポートクラブ ロベ

内 容 2009年からつづく茨城のインディーズメーデー、今年は<セーフティネット>がテーマ。民間のセーフティネットを「善意の奉仕」の枠に入れることは、私たちを使い捨てる企業やそれを容認している政府と社会を免責することになります。「ひきこもり」「ニート」等の支援の現場から、また「子どもの学習支援」という子どもの貧困を支援する現場からお話いただき、私たちの働き方や社会のあり方について考えてみたいと思います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費500円/困窮者無料

主 催 茨城反貧困メーデー実行委員会

問合せ 電話 090-8441-1457(加藤)
メール ibarakiantipoverty@yahoo.co.jp

憲法映画祭2017

と き 4月29日(土・祝)10:30〜16:40
4月30日(日)  10:30〜16:40

ところ 日比谷図書文化館 コンベンションホール(地下)
千代田区日比谷公園1番4号・霞ヶ関駅3分

出演者 金平茂紀さんのお話「報道の欺瞞と“いま”」
30日(日)14時20分

内 容 4月29日(祝)10時30分〜16時40分 
ドイツにおける戦争責任
10時30分『意志の勝利』11時20分『白バラの祈り』
13時40分『夜と霧』14時30分『顔のないヒトラーたち』
4月30日(日)10時30分〜16時40分 
戦争と日本国憲法
10時30分『戦争しない国 日本』12時40分『大東亜戦争』
14時20分お話「報道の欺瞞と“いま”(仮題)」金平茂紀さん15時10分『天皇と軍隊』
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1日券1500円(当日券のみ)

主 催 憲法を考える映画の会

問合せ 憲法を考える映画の会
〒185-0024 東京都国分寺市泉町3−5−6−303
TEL : 042−406−0502
ホームページ : http://kenpou-eiga.com 
E-mail : hanasaki33@me.com

補 足 「今、安倍政権の暴走を止めなかったら、次に戦争責任を問われるのは私たちです。」
日本とドイツの「戦前」「戦中」「戦後」を、映像によって見て,いま進められようとしている「戦争をする国づくり」について考えます。それはかつて戦争への道を突き進んだ時代と同じではないかと思うからです。「いつか来た道」=今,戦争に向かう道

NEW
小田原市生活保護行政のあり方シンポジウム
『利用者と支援者の壁をこえていく』

と き 4月30日(日) 午後2時〜3時45分(午後1時30分開場)

ところ 小田原市市民会館 大ホール(神奈川県小田原市本町1-5-12)

出演者 基調講演
『「私たち」の再生~人間の誇りを大事にするおだわらを~』
井手 英策(検討会座長・慶応義塾大学教授)

パネルディスカッション
『利用者と支援者の壁をこえていく』
コーディネーター:井手 英策 (検討会座長・慶応義塾大学教授)
パネラー:和久井 みちる (検討会メンバー・元生活保護利用者)
渡辺 潤 (生活保護面接員・全国公的扶助研究会副会長)   加藤 憲一 (小田原市長)

内 容 今年1月、小田原市の職員が、生活保護利用者の誇りを傷つけるようなジャンパーを長期にわたって身につけていたことが発覚しました。利用者はもちろん、多くの市民のみなさんを傷つけることとなったこの問題を、私たちは心の底から恥ずかしく思い、また、その責任の大きさを痛感しています。
小田原市民のみなさん、全国の利用者や関係者のみなさんに、私たちの決意、思いをお伝えするため、以下のとおりシンポジウムを開催します。
詳しくはコチラ

主 催 小田原市

問合せ 福祉健康部福祉政策課(電話 0465-33-1861)

補 足 申し込みは不要。直接会場にお越しください。
駐車場はありませんので、公共交通機関等をご利用ください。

NEW
日本列島の全原発が危ない
~広瀬隆白熱授業2時間!!~

と き 4月30日(日)18:45〜

ところ なかのZERO小ホール
東京都中野区中野2-9-7
JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口から徒歩8分

出演者 企画・司会 広河隆一

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場料1000円
DAYSJAPAN定期購読者700円
高校生と75歳以上500円

主 催 DAYS救援アクション DAYS Relief Action:DRA

後 援 DAYS子ども基金 DAYS JAPAN

問合せ 【申し込み先】
DAYS救援アクション(DAYS JAPAN内)
電話 03(5376)7898
ファックス 03(3322)0353
メール daysaction[at]daysjapan.net
[at]を@に代えてください

NEW
やんばるから多摩への伝言 ~伊佐真次さんと語ろう~

と き 4月30日(日)13時半〜16時半

ところ パルテノン多摩 4階 学習室
〒206-0033 東京都多摩市落合2丁目35

内 容  ジャック・ザ・多摩センは、4月30日に高江から伊佐真次さんをお招きして、学習・懇談会を開催します。
森を壊され、オスプレイが飛び交う中で、声をあげ続ける人たちがいます。
東村議会議員 伊佐真次さんと車座で語り合い、高江、沖縄と東京、多摩、そして日本の今とこれからを一緒に考えてみませんか。

ぜひ、ひとりでも多くの方と高江のこと、沖縄のことを考えたいです。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円 (上映会費用含む)

主 催 ジャック・ザ・多摩セン
毎週木曜日 多摩センター駅前 18時半~
安保法廃止のための街宣 ~多摩の中心で安保反対を叫ぶ~

【イベント】5/1(月)ファッションレボリューション:幸せなファッショニスタになるためのトークショー!

と き 5月1日(月)午後7時~9時

ところ i-dream吉祥寺
(武蔵野市吉祥寺本町2-12-5 スプリングハウスビル2階/JR吉祥寺駅より中道通り沿い徒歩3分)

出演者 鶴田能史(tenbo)×吉田美子(Y’s445)
 ×伊藤和子(HRN、弁護士)×後藤弘子(HRN、千葉大学大学院教授)

内 容 4月24日はファッション・レボリューションデー。ファッションが 誰かの犠牲のうえに成り立つものでなく、みんなを幸せにする ためのものに、というムーブメントが世界中で広がっています。 そんな動きを日本でも是非、広げられないでしょうか。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1500円(お茶つき)

主 催 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ
ファッションレボリューションデーイベント実行委員会@吉祥寺

問合せ 認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)事務局
Email:info@hrn.or.jp

映画「日本の青空」無料鑑賞会

と き 5月3日(憲法記念日)
15:00~17:30

ところ 福島県南相馬市小高区
浮舟文化会館大ホール

内 容 日本国憲法施行70年を記念し、草案作成に関わった鈴木安蔵を描いた映画「日本の青空」を出身地である福島県南相馬市小高区にて上映します。

参加費
入場料
無料

主 催 「日本の青空」を南相馬で上映する会

後 援 南相馬市

協 力 ふっこうステーション

問合せ 担当:栗村 090-8851-6904

補 足 昨年5月、南相馬市は、憲法記念日に合わせ、憲法小冊子の発行と全戸配布を行いました。

LGBT×貧困~性的マイノリティが遭遇する困難・ピアサポートの可能性

と き 5月3日(水・祝)13:30~17:00

ところ 21 KOMCEE East B1階 K011 (東京大学駒場キャンパス内)
東京都目黒区駒場3-8-1

出演者 稲葉剛さん(一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事、立教大学大学院特任准教授)
大江千束さん(LOUD代表・パートナー法ネット共同代表)
生島嗣さん(NPO法人ぷれいす東京代表)

内 容 LGBTが遭遇する貧困とは?基礎的な知識や実際の事例等から学び、社会制度はもちろん、当事者同士のサポートがどのように貧困をサバイバルする力となるのか、支援経験豊富なゲストと、LGBT当事者・そのまわりの人たちがともに考えます。
手話通訳(日本手話)付き
詳しくはコチラ

参加費
入場料
資料代:500円
学生・各種福祉制度ご利用の方:300円
*学生証・障がい者手帳(精神・身体・愛の手帳)、自立支援医療受給者証提示で資料代300円となります

主 催 カラフル@はーと・東京大学教養教育高度化機構

後 援 東京レインボープライド

問合せ lgbtcolourfulheart@gmail.com

アジアの開発と環境・人権・平和を考えるシンポジウム

と き 5月2日(火)18:30〜21:00
5月3日(水・祝)15:00〜21:00 ※分科会により異なります

ところ 文京シビック

出演者 アジア各国及び日本のNGOメンバー、社会活動家など

内 容 アジア開発銀行(ADB)は貧困のないアジアを目指すとして、開発プロジェクト融資や技術支援等を行ってきましたが、支援を受ける側の住民団体やNGOは、開発がもたらす住民立ち退きや環境破壊などの問題を告発し、もっと現地の声を聞くよう訴え続けてきました。今年横浜でADB 総会が開催されるこの機会にアジアにおける開発援助のあり方がアジアの人々の人権や環境に何をもたらしてきたのか検証します。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
2日 1000円
3日 500円

主 催 「アジアの開発と環境・人権・平和を考えるシンポジウム」実行委員会

問合せ peopleadb50@gmail.com

NEW
平和・人権・民主主義を考える西濃憲法集会2017

と き 5月3日(憲法記念日)
午後1時30分開始

ところ 大垣市情報工房5階スインクホール
(〒503-0803 岐阜県大垣市小野4丁目35−10)

内 容 西郷南海子さんは「安保関連法案に反対するママの会」(賛同者は2016年4月29日現在で23425名)の発起人で全国のママたちと「だれの子どももころさせない」を合言葉に活動中。
ママの会を立ち上げた気持ちや実際の活動、市民連合や市民共闘を含め、どう広めて行こうとされているか等について、講演して頂く予定です。

講演終了後には、今年4月発刊の絵本「だれのこどももころさせない」の読み聞かせも行います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場無料
託児あり(要予約)

主 催 弁護士法人ぎふコラボ 西濃法律事務所
〒503-0906 岐阜県大垣市室町2-25
TEL 0584-81-5105
FAX 0584-74-8613
E-mail seinolaw@nifty.com
(mailの際は件名に5/3西濃憲法集会の件と記載して下さい)

NEW
5.3憲法フェスティバル茨城

と き 5月3日(水・祝)10:30-15:30

ところ 茨城県水戸市千波湖畔・はなみずき広場

内 容 2017年5月3日,水戸市千波湖畔はなみずき広場にて憲法フェスティバルが行われます。
スローガンは「日本国憲法70年 今こそ出番 ますます輝け」
記念講演は広渡清吾さん(東京大学元副学長,前日本学術会議会長)
お誘い合わせの上ご参加ください♪
詳しくはコチラ

NEW
憲法施行70周年県民のつどい

と き 5月3日(水・祝)14:00〜16:30(13:30開場)

ところ 高知県民文化ホール・グリーン
(〒780-0870 高知県高知市本町4丁目3−30)

内 容 講演「現在の政治情勢と市民と野党の共同がめざすべきもの」
講師:山口二郎さん(法政大学教授)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費1,000円、大学生・高校生500円、中学生以下無料

主 催 高知憲法アクション、こうち九条の会、平和憲法ネットワーク高知、護憲連合高知県本部、高知憲法会議、高知県平和運動センター、高知県平和委員会、たちあがる市民グループ@高知、PEDAL 、高知県労連、安保法制に反対するママの会・高知

問合せ 高知県平和運動センター TEL 088-875-7274 (FAX 088-875-7277)
高知県平和委員会 TEL/FAX 088-823-8334

補 足 *託児サービスあり(無料。上記の連絡先へ事前にお申込み下さい)

NEW
LGBT×貧困 性的マイノリティが遭遇する困難・ピアサポートの可能性

と き 5月3日(水・祝)13:30-17:00

ところ 21 KOMCEE East B1階 K011
東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学駒場キャンパス 

出演者 稲葉剛さん(一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事、立教大学大学院特任准教授)
大江千束さん(LOUD代表・パートナー法ネット共同代表)
生島嗣さん(NPO法人ぷれいす東京代表)

内 容 LGBTが遭遇する貧困とは?基礎的な知識や実際の事例等から学び、社会制度はもちろん、当事者同士のサポートがどのように貧困をサバイバルする力となるのか、支援経験豊富なゲストと、LGBT当事者・そのまわりの人たちがともに考えます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
手話通訳(日本手話)付き
資料代:500円
学生・各種福祉制度ご利用の方:300円

主 催 カラフル@はーと・東京大学教養教育高度化機構

問合せ 【取材をご希望される方へ】
東京大学内で取材・撮影に関する手続きが必要となります。4月24日月曜日18時までにメールでご連絡をお願いします。
宛先 lgbtcolourfulheart★gmail.com
※お手数ですがスパム防止のため、送信の際は★マークを@に変えてください。

補 足 定員240名・セクシュアリティ制限なし

NEW
憲法施行70周年記念~憲法を考える市民のつどい~

と き 5月3日(水・祝)13:30~16:30

ところ 静岡県男女共同参画センター「あざれあ」

出演者 上野 郁子

内 容 第一部
13:30~ 一期一会 演奏 会津 里香

第2部
14:00~ 記念講演
「辺野古 高江のたたかいから憲法を考える」講師 上野 郁子 氏
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 静岡県憲法会議

問合せ 静岡県労働組合評議会 054-287-1293

補 足 ●私たちは、平和憲法を擁護し、日本に根づかせるために、活動しています。
●私たちは、戦争法及び特定秘密保護法の廃止を求め、辺野古・高江新基地建設に反対しています。
●私たちは、危険な浜岡原発の永久停止廃炉を求めます。

山城博治さんと語ろう・渋谷編 〜WE SHALL OVERCOME〜

と き 5月4日(木・祝)OPEN 11:30 / START 12:00

ところ LOFT9 Shibuya
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1−5

出演者 【出演】山城博治
【ゲスト】三上智恵、鈴木耕、他

内 容 戦争につながるものはいらないと世界中で平和への戦いが続いています。温かい眼差しを送り続けてください。
平和を守る戦いは政治活動ではありません。
人間や全てのものの生存を守る、最も基本的な、権利を守る戦いです。
見つめましょう。探しましょう。自分に出来ることを!!
生活の中から、平和に繋がる意思表示を!

辺野古を見つめて!
沖縄・高江を見つめて!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
料金:予約¥1200 / 当日¥1500
※飲食代が別途必要(¥500〜)

主 催 新宿西口反戦意思表示・有志
市民の意見30の会

問合せ 予約方法などは、「詳細はコチラ」のサイトをご覧ください

NEW
一橋大学アウティング事件 裁判経過の報告と共に考える集い

と き 5月5日(金・祝)15:00-18:00

ところ 明治大学 駿河台校舎 リバティタワー 1階 1012教室
(東京都千代田区神田駿河台1-1)

内 容 「一橋大学アウティング事件」について,裁判の担当弁護士(なんもり法律事務所 弁護士 南和行)からの報告,有志による追悼集会や裁判傍聴の報告,また明治大学教授の鈴木賢先生による基調講演,パネルディスカッションです。(写真撮影,ビデオ録画は禁止します。取材申込は主催者まで。)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
予約不要・入場料なし

主 催 アウティング事件裁判を支援する会

補 足 定員200名・セクシュアリティ制限なし

共謀罪~一般の人に関係ないって本当?

と き 5月6日(土)12:45〜14:30(12:30開場)
(1時間講演、30分質疑)

ところ 戸塚地区センター2F A会議室
横浜市戸塚区戸塚町127
JR、横浜市営地下鉄「戸塚駅」西口より徒歩5分
【駐車場】34台(戸塚図書館・公会堂と共用です)
※できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

出演者 講師:浅川壽一弁護士(横浜合同法律事務所)
横浜弁護士会金融研究会代表、全国証券問題研究会神奈川県地区幹事、先物取引被害全国会神奈川県地区幹事、神奈川憲法会議事務局長

内 容 個人の内心を処罰する「共謀罪」法案が4月6日、先に提出されていた議案を飛び越して衆議院で審議入りしました。採決の強行どころか、異例の審議入り早々からの強行です。
本当にテロ対策になるのか、本当に一般の人に関係ないのか、この法案での警察の犯罪捜査が日本社会をどのように変えていくのかなど、法案審議のヤマ場で、もう一度再確認する場になればと思います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 共催 秘密保護法廃止へ!戸塚区実行委員会
   9条の会戸塚区協議会

問合せ totsukaku9jyou@gmail.com

補 足 第5回憲法展
5月4日(木)13:00~16:00
5月5日(金)~5月8日(月)
10:00~16:00
戸塚地区センター 1F ロビー
自民党憲法改正草案、憲法クイズなど

天皇の生前退位を考える--働くものにとって“象徴天皇制”とは何か?--(福山働くもののセミナー)

と き 5月7(日)午後1時から4時

ところ 福山市市民参画センター3階 会議室2(福山駅から徒歩6分)

内 容 特例法により天皇の生前退位が実現しそうです。戦後の日本では憲法により、天皇は「日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴である」(第1条)と規定されてきました。しかし、そもそも“象徴天皇制”とは一体何でしょうか?セミナーでは天皇制について歴史的に検討し、その本質について探っていきます。

参加費
入場料
100円(資料・お茶代)

主 催 労働者の問題を考える会

問合せ 携帯:090-9993-9744
メール:white47k@mx1.kcv.ne.jp 伊藤


       

「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」上映&トークと交流の集い

と き 5月7日(日)14時から〜17時半(13時半開場)

ところ JICA地球ひろば 国際会議場(東京市ヶ谷)

出演者 菅野榮子さん(出演者)、酒井政秋さん(飯舘村村民)、古居みずえ監督

内 容 映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」の上映と、映画出演者の菅野榮子さん、飯舘村村民の酒井政秋さんのトーク。古居みずえ監督による「避難解除後の飯舘村報告」もあり。
ミニ写真展「飯舘村の暮らし」(撮影・管野千代子さん)同時開催

参加費
入場料
参加費 1000円(茶菓付)
*なるべく事前申し込みをお願いします

主 催 映画「飯舘村の母ちゃん」制作支援の会

問合せ メール:iitate.motherprojects@gmail.com
電話:090-7408-5126

補 足 映画紹介:帰還困難な一部を除いて避難が解除される来春に向けて除染が進められている2015年の飯舘村。放射線量への憂慮は依然と続き、故郷を失った苦しみに老いや孤独といった不安が重なる。逆境のさなかで笑い、耕し、行動し、発言する菅野榮子さん(79歳)と菅野芳子さん(78歳)のささやかででっかい存在が胸をうつ傑作。

誕生 日本国憲法

と き 4月8日(土)〜5月7日(日)
月〜水、土、日、祝日 午前9時45分〜午後5時30分
木・金曜日 午前9時45分〜午後8時
ただし5月4日と5日は午後5時30分まで
※入館は、それぞれ閉館30分前まで(特別展は、期間中無休)

ところ 国立公文書館 本館
住所 〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園3番2号
電話:03-3214-0621(代表) FAX:03-3212-8806
※東京メトロ東西線竹橋駅下車(1b出口)徒歩5分

内 容 日本国憲法は、本年、昭和22年(1947)5月3日の施行から70年をむかえます。平成29年春の特別展では、日本国憲法原本のほか、制定過程に作成された関係資料を展示します。 また、憲法の「産婆役」として知られ、憲法担当の国務大臣として帝国議会における答弁にあたった金森徳次郎が果たした役割にも注目し、国内外の力関係が複雑に絡み合う中で生み出された新憲法誕生までのあゆみをたどります。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場料 無料
*展示図録を500円(消費税込み)で販売いたします。また、会場において音声ガイド(声:大塚明夫)を200円(消費税込み)でご利用いただけます。(展示図録は郵送での販売も行っております)

[イラク現地駐在員帰国報告会]ジムネットハウスについてご紹介いたします!

と き 5月7日(日)開場:13時30分 開演:14時

ところ 文民教育協会 東京子どもの文化研究所
(東京都豊島区目白3-2-9 JR 目白駅徒歩3分)

出演者 斉藤亮平(ジムネット イラク駐在員)
佐藤真紀(ジムネット事務局長)=イラクからSKYPE参加予定。

内 容 イラクの小児がん患者の包括的な支援として発足した「ジムネットハウス」は、遠く離れた病院にたどり着いた患者と家族に薬購入の助成、患者が治療中の家族の宿泊サービス、仕事の提供などを中心に機能する場です。病院のロビーや公園で寝泊まりをしながら生活の不安を抱えての看病を少しでも軽減できるようスタートしました。イラク現地の現状と合わせ、最新の情報をお伝えいたします。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 日本イラク医療支援ネットワーク

問合せ 03-6228-0746

補 足 お申込み:03-6228-0746 info-jim@jim-net.net

NEW
第60回岐阜県母親大会

と き 5月7日(日)10:00~12:15分科会/13:30~16:00全体会

ところ 関市文化会館(岐阜県関市桜本町2-30-1)

内 容 記念講演 『戦後は続くよどこまでも?』
アーサー・ビナード さん (詩人・俳人、随筆家、翻訳家、9条の会会員)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加協力券800円
託児・要約筆記あります

主 催 岐阜県母親大会連絡会
岐阜県岐阜市徹明通7-13(教育会館内)
TEL・FAX 058-242-9816

NEW
「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」上映&トークと交流の集い

と き 5月7日(日)14時から17時30分

ところ JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場
〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5

出演者 トークゲスト:菅野榮子さん(映画出演者)、酒井政秋さん(飯舘村村民)、古居みずえ監督

内 容 原発事故で一人暮らしを余儀なくされた二人の女性がお互いに励まし合い、支え合ってたくましく生きる日常を追ったドキュメンタリ-映画(監督・古居みずえ)の上映とトーク・交流の集いです。古居みずえ監督による「避難解除後の飯舘村報告」もあります。
なお、ミニ写真展「飯舘村の暮らし」(撮影・管野千代子さん)も同時開催です!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,000円(お菓子付)

主 催 映画「飯舘村の母ちゃん」制作支援の会

問合せ 映画「飯舘村の母ちゃん」制作支援の会
担当 石井 じゅん
電話番号:090-7408-5126
ファックス:03-3209-8336
Eメール:iitate.motherprojects@gmail.com

補 足 定員:100名
参加方法:電話、ファックス、またはEメールにてお問合せください。その際、お名前、ご連絡先をお知らせください。
申込締切:5月5日(金曜日)

NEW
憲法に学ぶつどいイン藤枝

と き 5月7日(日)13:30~16:00

ところ 藤枝市生涯学習センター
(静岡県藤枝市茶町1-5-5)

出演者 畑田重夫(元名古屋大学教授)

内 容  「憲法が輝く日本の実現をめざして」
   ~学徒しゅつじんを生きのびた93才が熱く語る~
  戦後史をそのまま体験し、憲法実現に生きてきた畑田氏が実感を込めて現代と未来を語ります

参加費
入場料
入場無料

主 催 志太・憲法を大切にしよう会
 平和憲法を生かそう藤枝市民の会

問合せ 054-643-2394 池田一

AV出演強要被害の根絶に向けて ~被害救済の現場から~

と き 5月11日(木)18:30~21:30(開場18:00)

ところ 大阪弁護士会館 510号室

出演者 金尻カズナさん(PAPS・ライトハウス相談支援チーフ)
雪田樹理さん(弁護士・HRN関西グループ事務局長)

内 容 私達がAV出演強要問題を提起から1年を経て、
重要な社会問題としての認識が広がってきています。
今イベントでは、相談事例をもとにAV出演強要の被害実態をお話しいただきます。また、HRNの取組とともに法的支援の実際についても紹介し、皆さんとともに被害根絶に向けた今後の課題を共有したいと考えます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費:500円(資料代含む)

主 催 ヒューマンライツ・ナウ

問合せ ヒューマンライツ・ナウ 関西グループ <hrn-kansai@hrn.or.jp>

DAYS JAPAN写真展「一枚の写真が国家を動かすこともある」

と き 4月15日(土)~5月12日(金)10:00~17:00

ところ 京都新聞2階ギャラリー
〒604-8577 京都市中央区烏丸通夷川上ル 京都新聞ビル2階
(京都市営地下鉄烏丸線 丸太町駅 7番出口あがってすぐ)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

問合せ kikaku@daysjapan.net
TEL:03-3322-4150 (根本)

アフガニスタンに行ってきました!・1回目
アフガニスタンのお茶を飲みながら

と き 5月12日 (金)19:30~21:00

ところ JVC東京事務所
住所:〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
電話:03-3834-2388

出演者 小野山 亮(JVCアフガニスタン事業統括)

内 容 JVCは、9.11を受けたアフガニスタンへの外国軍介入の際の緊急支援をきっかけに当地で活動を開始しました。
アフガニスタンには、厳しい暮らしも、丁寧なおもてなしのお茶の時間もありました。360度カメラなども用いて撮影してきた現地の様子をご報告するとともに、アフガニスタンの魅力と国際支援の状況などをお伝えしたいと思います!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(JVC会員は無料。当日入会歓迎!)

主 催 日本国際ボランティアセンター(JVC)

問合せ JVC加藤
電話:03-3834-2388 メール: kato@ngo-jvc.net

補 足 定員20名程度
※2回目は、5月19日(金)の予定です

斉藤美奈子さん講演会「憲法24条と家制度、婚外子差別」

と き 5月13日(土)
13:30~16:45 講演後デモ予定 その後懇親会

ところ 場所未定(3月中旬決定 東京23区内)

出演者 講師 斉藤 美奈子さん(文芸評論家)

内 容 憲法13条「個人の尊重」14条「法の下の平等」と共に、24条は「家族生活における個人の尊厳と両性の平等」を掲げていますが、自民党改憲草案では「家族は互いに助け合わなくてはならない」を追加し社会基礎を個人から家族へ戻そうとしています。その布石に今国会で「家庭教育支援法案」提出の予定です。斉藤美奈子さんは、講演では笑い満載の中で鋭く問題を抉られると思います。
詳しくはコチラ

主 催 なくそう戸籍と婚外子差別・交流会

その他 3月中旬に場所決定次第、追加連絡致します。その際追加記載をお願い致します。

斉藤美奈子さん講演会「憲法24 条と家制度、婚外子差別」

と き 5月13日(土)13:30〜16:45(開場13:15)

ところ 神宮前隠田区民会館(集会場)

出演者 斉藤美奈子(文芸評論家)さん

内 容 憲法13 条「個人の尊重」、14 条「法の下の平等」と共に24 条は「家族生活における個人の尊厳と両性の平等」を掲げていますが、自民党はここに「家族は互いに助け合わなければならない」を追加し、社会の基礎を個人から家中心の家族に戻そうとしています。その布石として「家庭教育支援法案」の提出の予定です。今これらが奪われようとしている中で、斎藤美奈子さんは、笑い満載の中で鋭く問題を抉り出されるはずです。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
800円

主 催 なくそう戸籍と婚外子差別・交流会

問合せ 0422-90-3698(留守電対応)

補 足 斎藤 美奈子さん(文芸評論家)児童書等の編集者を経て、1994年『妊娠小説』(ちくま文庫)で文芸評論家としてデビュー。『文章読本さん江」(筑摩書房2002年/ちくま文庫)で第1回小林秀雄賞を受賞。 現在、朝日新聞紙面審議会委員。東京新聞「本音のコラム』など執筆。

NEW
憲法記念行事「あなたらしく。わたしらしく。」-憲法24条から見えてくる様々な家族のかたち-

と き 5月13日(土)午後1時〜午後4時(受付開始:午後12時30分)

ところ 大阪弁護士会館 2階ホール
(大阪府大阪市北区西天満1-12-5)

出演者 辻村 みよ子 さん(憲法学者/明治大学法科大学院教授)
山浦 善樹 さん(元最高裁判所判事/弁護士)
< 対談司会進行役 >
菊間 千乃 さん(元アナウンサー/弁護士)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

問合せ 当ページのフォームからお申込みいただくか、チラシを印刷して所定事項を記入しFAXにてお申込みください。
【参加申込フォームはこちら】
https://www.osakaben.or.jp/web/entry/form.php?id=id_58e704cc74e2b
必要事項を入力して「確認」ボタンを押していただくと、申込が完了します。

補 足 定 員
800名(先着順・事前申込制)

NEW
今,福島・関東の土が危ない
子どもの「いのち」を守る西日本集会

と き 5月13日(土)14時から

ところ 高槻市立総合市民交流センター クロスパル高槻第6会議室

出演者 報告者:
井戸謙一弁護士(子ども脱被ばく裁判弁護団長)
河野益近さん(NPO法人市民環境研究所研究員)

聞き手:
水戸喜世子(子ども脱被ばく裁判の会共同代表)

内 容 大幅に甘く設定された規準値で食品や資材、飼料による
放射性物質拡散は次第に日本中を汚染して行きます。
後10年このままであればどうなるのでしょう。
内部被ばくの問題を知り
見えないうえに、見えなくされていることに、ピントを合わせ
もともと持っていたそれぞれの力を発揮し、
いのちを守り、未来を守る道を開きましょう。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

NEW
5・13講演会 沖縄・南西諸島の軍事要塞化 ―壊される住民自治!私たちの町は?― 

と き 5月13日(土) 13:30~15:15

ところ 日野市生活保健センター 301会議室
     http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/195,646,339,1976,html

出演者 講師:小西誠さん(軍事評論家)

内 容 今、沖縄本島をはじめとする南西諸島の島々が、軍事要塞化
されようとしています。中国の軍拡・海洋進出に対抗してと
いう名目です。でも、よくよく考えてみてください。武力紛
争が勃発した時にどこが攻撃目標となるのかを。間違いなく
軍事基地であることは、火を見るより明らかなことではない
でしょうか。小西さんに御話ししていただきます。

参加費
入場料
500円

主 催 日野・市民自治の町をめざす会

問合せ 070-6965-1435(有賀)

補 足 基地は決して住民を守ることにはなりません。基地と一緒に
標的とされてしまうのです。今北朝鮮を取り巻く情勢が緊張
を高めている中で、横田基地周辺である日野市も他人事では
ないと思います。いま朝鮮半島を巡り緊張が高まっている中
でご一緒に考えてみませんか。講演に是非ご参加ください。

5月福山「資本論」を読む会;資本論入門講座開催案内

と き 5月14(日)午前9時から12時

ところ 福山市市民参画センター2階 セミナールーム
(福山駅から徒歩6分)

内 容 今回は、前回に引き続き資本論第1章の商品論について学習します。資本論で展開される資本について、あるいは資本主義的生産様式について学ぶ為に、その基礎としての商品につて学習します。商品とは何か?労働生産物が商品として現れる現代の社会の経済的諸関係の一番の根本は何かについて学びます。初心者の方大歓迎です。

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 携帯:090-9993-9744
メール:white47k@mx1.kcv.ne.jp(伊藤)

補 足 テキストについては、カール・マルクス著『資本論』の邦訳を使用します。まだテキストをお持ちでない方には、向坂逸郎訳岩波文庫または岡崎次郎訳大月書店国民文庫版を推奨します。このほかの出版社のものでも構いません。尚、当日のテキストの貸し出しもあります。

NEW
STOP 共謀罪 市民集会

と き 5月14日(日) 10:30~12:00  講演
         12:30~13:00 長崎屋前でスタンディング

ところ 小樽市富岡1 稲穂小学校隣接 生涯学習プラザ・レピオ

出演者 結城洋一郎 荻野富士夫(講演) 

内 容 ●講演 共謀罪って何のため?

●講演のあとスタンディングを行います。各自アッピールボードをご用意下さい。

参加費
入場料
参加費 300円

主 催 平和と立憲主義を守る統一候補を求める市民の会・小樽

問合せ 090-2073-8962(おきやま)
080-1889-2295(みつえ)

NEW
原発とエネルギーを学ぶ朝の教室  ~Morning study of Silent Spring~
第82回 「立憲主義と民主主義」樋口陽一さん(憲法学者)

と き 5月14日(日)9:00〜10:30

ところ クレヨンハウス東京店B1 レストラン「広場」
(〒107-0061 東京都港区北青山3丁目8−15 都営青山北町アパート15号棟)

出演者 講師/樋口陽一さん(憲法学者)
進行/落合恵子(クレヨンハウス主宰)

内 容 日本で、米国で、世界各地で、市民に選ばれたとされる政権が暴走する昨今。民主主義をあらためて問うなか、権力に歯止めをかける「立憲主義」の役割がとても気になってきました。かねてからその重要性を説いてこられた樋口陽一さんのお話をお聞きしながら考えましょう。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,000円(税込)

問合せ ・申込/お電話またはメールでご予約ください。
・電話/03-3406-6465
(ミズ・クレヨンハウス 11:00~19:00)
email/josei@crayonhouse.co.jp

NEW
夢あ~るまつり「牧志治講演会・写真展」~辺野古・大浦湾の海とオスプレイ墜落

と き 5月13日(土)18:30〜20:00(写真展示15:00〜20:30)
5月14日(日)13:30〜15:00(写真展示10:00〜15:30)

ところ 大田区池上会館展示ホール(東急池上線池上駅徒歩10分)

出演者 牧志治

内 容 新基地建設に揺れる沖縄県辺野古・大浦湾。豊かな自然と名護市安部沖に墜落したオスプレイの貴重な水中写真を展示。撮影した写真家の牧志治さんからお話を聞きます。

参加費
入場料
無料

主 催 夢あ~るまつり実行委員会

後 援 ジュゴン保護キャンペーンセンター

協 力 ZENKO南部

問合せ 090-2737-3069、t-sasaki@cb3.so-net.ne.jp

NEW
山城博明写真展
「やんばる・高江の森はこうして破壊されていった」
&講演会

と き 5月9日(火)〜15日(月)11:00〜19:00
(最終日5/15は17:00まで)

ところ 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン 1階 ギャラリー
(東京都千代田区神田駿河台1-1)

出演者 山城博明(やましろ・ひろあき)
1949年、沖縄県宮古島生まれ。
沖縄大学在学中からルポルタージュを撮ってきた。
2015年まで琉球新報社写真部に所属。
現在はフリーランスの報道カメラマン。
沖縄戦や南西諸島の自然(動植物)、沖縄の入れ墨「ハジチ」についての写真集も出版している。
新刊写真集『沖縄・抗う高江の森』(高文研)

内 容 高江のヘリパッド建設はまだ終わっていない。

無謀な突貫工事によってやり直さざるを得ない部分は多く、未整備のところ含めて工事は当分の間、続くという。

「高江」はまだ終われない!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 山城博明「高江の森」写真展実行委員会

問合せ かとう(090-9318-2059 kk-kame8@hotomail.co.jp)
山内(yamauchi@maiji.ac.jp)

補 足 講演会イベント
場所:明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント 1階 多目的室
東京都千代田区神田駿河台1-1
日時:5月12日(金)18:00開場 18:30開始
資料代:500円(学生無料:学生証提示)
プログラム:
1部:山城博明さんの仕事「沖縄で今、何が起きているのか」
お話:新垣毅さん(琉球新報東京支社 報道部長)
2部:高江・辺野古の闘い 参加者からの報告
コメント:山内健治さん(明治大学)

日本国憲法施行70周年記念連続講座「平頂山事件を考える」

と き 5月16日(火)18:30~20:30

ところ 文京区民センター3階C会議室
(地下鉄丸ノ内線・南北線後楽園駅5分、都営三田線春日駅すぐ)

出演者 井上久士(駿河台大学教授)

内 容 平頂山事件は、1932年9月16日未明、旧日本軍が撫順炭鉱近くの中国人集落を襲い、約3000名を虐殺したとされる事件。このような悲惨な事件がなぜ起きたか、日本国憲法の平和主義との関連で掘り下げて学ぶ機会を設けました。

参加費
入場料
資料代500円

主 催 撫順から未来を語る実行委員会

問合せ 090(4077)2282福田

NEW
5・19「共謀罪絶対反対!」市民大集会

と き 5月19日(金)18時開場 18時半 開演

ところ 長良川国際会議場大会議室
〒502-0817 岐阜県岐阜市長良福光2695−2

出演者 講師:海渡雄一弁護士
1955年生。1981年弁護士登録。第二東京弁護士会所属。東京共同法律事務所所属。
2010~2012年 日本弁護士連合会事務総長。現在、日本弁護士連合会共謀罪法案対策本部副本部長。脱原発弁護団全国連絡会共同代表、他。
2017年3月、平岡秀夫本法務大臣と「新共謀罪の恐怖」(緑風出版)を共著、出版。

内 容 話し合うことが罪になるの?
「自由を奪う監視社会の到来」
 講師:海渡雄一弁護士
詳しくはコチラ

主 催 戦争をさせない!9条を壊すな!岐阜総がかり行動実行委員会
◎ もう黙っとれんアクション実行委員会(連絡先:河合法律事務 所 058-262-7997〕

◎ 戦争をさせない1000人委員会岐阜県実行委員会(連絡先:フォーラム岐阜 058-247-7650)
◎ 憲法9条を守る岐阜県共同センター (連絡先:岐阜県労連 058-252-3013)

NEW
アフガニスタンに行ってきました!(2回目)
アフガニスタンのお茶を飲みながら

と き 5月19日 (金) 19:30〜21:00 (2回目)

ところ JVC東京事務所
住所:〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
電話:03-3834-2388

出演者 加藤真希(日本国際ボランティアセンター(JVC)アフガニスタン事業担当)

内 容 アフガニスタンには、厳しい暮らしも、丁寧なおもてなしのお茶の時間もありました。360度カメラなども用いて撮影してきた現地の様子をご報告するとともに、アフガニスタンの魅力と国際支援の状況などをお伝えしたいと思います!男性と女性では、文化的な背景からも見られる場所が少し異なりますので、小野山と加藤で2回に分けて報告会を開催いたします。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(JVC会員は無料。当日入会歓迎!)

主 催 日本国際ボランティアセンター

問合せ 担当: JVC加藤
電話:03-3834-2388 メール: kato@ngo-jvc.net

補 足 定員
各回20名程度

「名古屋大空襲展」
ー名古屋城が炎上した5月ー

と き 4月11日(火)~5月20日(土)

ところ 「ピースあいち」3F展示室(南側) 
〒465-0091 愛知県名古屋市名東区よもぎ台2丁目820

内 容 空襲で焼失した「名古屋城」の明治以降の変遷を振り返る展示と米軍資料から見えてくる1945年5月14日の名古屋空襲/名城炎上の展示が23枚のパネルで解説されています。
詳しくはコチラ

「ピースあいち10年のあゆみ」展

と き 4月11日(火)~5月20日(土)

ところ 「ピースあいち」 3F展示室(北側) 
〒465-0091 愛知県名古屋市名東区よもぎ台2丁目820

内 容 「ピースあいち」10年のあゆみを年表と資料で振り返る展示です。前史を含め12枚のパネルには、年表とその年の主な展示やイベントなどの記事と写真が展示されています。
詳しくはコチラ

NEW
憲法カフェ『檻の中のライオン』in とよなか

と き 5月19日(金)18:30~
  20日(土)14:00~

ところ 大阪府豊中市立 蛍池公民館 第2集会室
(阪急or大阪モノレール 蛍池駅前 ルシオーレ4F)

出演者 弁護士 楾 大樹(はんどう たいき)さん

内 容 ライオンを権力に、檻を憲法にたとえて語る今一番わかりやすい憲法の入門書『檻の中のライオン』の著者、楾(はんどう)大樹弁護士から、楽しく憲法を学んでみませんか? 無農薬の香り高いコーヒーをご用意してお待ちしています。 20日は子どもさん連れも大歓迎!(マイカップ持参にご協力ください)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
800円(茶菓付) 高校生以下は無料
(事前のお申込みにご協力ください。当日参加も歓迎します。)

主 催 憲法カフェ「檻の中のライオン」を楽しむ会・とよなか

問合せ メール:kamichan2014@outlook.jp
電話:090-5651-4722(かみぐち たつお)

写真家が見つめた沖縄 1972-2017

と き 4月25日(火)〜5月21日(日)9時〜18時
※金・土曜日9時〜20時(入場は19時30分まで)
【休館日】5月1日(月)、8日(月)、16日(火)

ところ 沖縄県立博物館・美術館
(沖縄県那覇市おもろまち3-1-1)

内 容 沖縄が本土復帰を果たして45年。NHK沖縄放送局が主催する本イベントは、沖縄の写真家たちが撮影した写真を通して、本土復帰以降の沖縄の時間を振り返る、放送と連動した特別展となっている。

沖縄では1972年の本土復帰以降、世界的にも評価の高い写真家たちが独自の視点で沖縄の姿を撮影している。特別展では、現在も活躍中の写真家たちが撮影した、本土復帰から今に至る沖縄の写真約150点を展示し、大規模に展観。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
コレクションギャラリーの入場には観覧券が必須
一般310(250)円/高校・大学生210(170)円/県内小学・中学生100(80)円
※()内は20名以上の団体料金
※70歳以上、未就学児、障がい者手帳を持つ人及び介護者1名は無料(証明書等の表示が必要)

問合せ 098-865-2222
受付時間:平日9時~18時

NEW
セミナー’20世紀と女性の人生’ 第2回「教育への情熱と20世紀の女性」

と き 5月21日(日) 14:30〜16:30

ところ スペースナナ
〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-21-11

出演者 BBC制作のドキュメンタリーシリーズ EXTRAORDINARY WOMENの日本語字幕を監修した国広陽子さん(女性学)を道案内に、ゆっくりお茶を飲みながらおしゃべりしましょう。

内 容 性差別が当たり前だった19世紀、イタリアで初めて女性医学博士号を取得し、子供の自主性を重んじる「モンテッソーリ教育」を生み出したマリア・モンテッソーリの人生をたどります。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,000円 (お茶付き)
※会場費・機器レンタル費、印刷費、お茶代として1,000円をご負担ください。(DVD上映料無料)

主 催 女性のライフヒストリーを語る会

問合せ TEL 045-482-6717
Fax 045-482-6712
E-mail info@spacenana.com

補 足 セミナーは3回シリーズを予定しています。
今回のセミナーでは3人の女性を取り上げ、第一回は女優のオードリー・ヘップバーンの生き方を見つめました。6月18日(日)開催予定の第3回は、近代中国史に大きな影響を与えた宋家の三姉妹のうち、蒋介石と結婚し、近代中国の発展に尽力した宋美齢(1897-2003)を取り上げます。

NEW
デモクラシーCafe5月のテーマ「愛国心をもつってどういうこと?」

と き 5月21日(日)開場13:15 開始13:30(時間厳守)

ところ 喫茶にじのまど
(西武新宿線久米川駅北口から徒歩5分)

内 容 サッカー日本代表チームを応援するとき、サッカーチームを応援しているのか、日本を応援をしているのか、どっちなんだろう? 
そのときの「日本」を応援するってどういうことなんだろう? 
来年、愛国心を育む道徳の教科化が始まるけれど、いったい、愛国心ってなんなんだろう。こんなことを話し合ってみたい。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費300円+ワンドリンクオーダー(お菓子付き)定員18名まで。5/18迄に要予約。

主 催 デモクラシーCafe@東村山

問合せ democracafe2016@gmail.com

補 足 デモクラシーCafeとは私達自身が、デモクラシーと対話力を身につけていくために、話し合うルールを決めて、いろんな年代や職業の人たちと自由に深く対話していきます。相手の話しをよく聞いて、まず否定せず、意見の違いはなにか、自分の考えは正しいのか、違う意見の中に同意できることがあるのか、そんなことを頭において対話しています。どちらの意見が正しいかを問うことはありません。

5月福山「資本論」を読む会;通常講座

と き 5月28日(日)13:00〜16:00

ところ 福山市市民参画センター2階 セミナールーム

内 容 今回は、「資本論」第1巻第3章「貨幣または商品流通」の第1節「価値の尺度」について学習します。貨幣の第1の機能とされるのが、この価値尺度機能です。ここでは貨幣とは何か?その本質的な機能について学びます。

補 足 テキストは、向坂逸郎訳岩波文庫版および岡崎次郎訳大月書店国民文庫版を推奨します。もちろんこれ以外の邦訳でも構いません。またテキストをお持ちでない方には貸し出しも行っています。

NEW
7月集会「事前特別企画」司法修習生の給費制実現から弁護士の政治活動を考える

と き 5月28日(日) 13:30 - 16:30

ところ 京都教育文化センター 会議室302号
(京都市左京区聖護院川原町4-13)

出演者 新里宏二さん(弁護士/司法修習費用給費制存続緊急対策本部本部長代行)
野口景子さん(弁護士/司法修習生に対する給費制廃止違憲訴訟訴訟団)
高田一宏さん(弁護士/ビギナーズ・ネット)

内 容 私たちは司法修習生有志の団体です。来期から実質的に修習生への給費が復活します。このシンポジウムでは,給費制復活のために行われた活動を振り返りながら,弁護士の政治活動のあり方について学びます。現役司法修習生だけでなく,弁護士,これから法曹を目指す方,それだけでなく広く一般の方にご参加いただき,ともに考える場にできたらと思います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場無料
大学(院)生、司法試験受験生、司法修習生には交通費の補助が出ます(事前申込と領収証要)

主 催 70期7月集会実行委員会

協 力 青年法律家協会70期司法修習生部会

問合せ eメール:7shuu70@gmail.com

補 足 お申し込みは、以下のサイトからお願いします。
http://www.kokuchpro.com/event/509ef8582c006228e1b779feadd8ca48/
(「こくちーず 7月集会」で検索)

2017年度春季特別展
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真展 2017 関連プログラム
DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展

と き 4月15日(土)~7月9日(日)9:30~16:30(入館は16:00まで)
※会期中の金曜日は、当写真展のみ19:00まで延長開館します。(入館は18:30まで)
休館日:月曜日、4月30日(日)、5月6日(土)

ところ 立命館大学国際平和ミュージアム 中野記念ホール
〒603-8577 京都府京都市北区等持院北町56−1

内 容 DAYS JAPANが開催する「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞」は、日本ではじめての本格的な国際レベルのフォトジャーナリズムの賞です。本展は、これまでの受賞作品を展示し、世界が抱える問題とそこに生きる人々の姿を知り、いま一度、平和とは何かを考えるきっかけにしていただきたく開催するものです。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
大人400円(350円)、中・高生300円(250円)、小学生200円(150円)
※上記( )内は20名以上の団体料金です。
※KYOTOGRAPHIEパスポートの提示で1回のみ無料でご覧いただけます。ただし、常設展をご覧いただく場合には参観料をお支払いください。
※立命館で学ぶ人、働く人は無料です。
※5月20日(土),21(日)は国際博物館の日のため無料公開

主 催 立命館大学国際平和ミュージアム

後 援 京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都市内博物館施設連絡協議会、KBS京都、朝日新聞社、京都新聞、毎日新聞社、読売新聞社

協 力 DAYS JAPAN

補 足 【関連イベント】映画上映会&広河隆一氏講演会
ドキュメンタリー「広河隆一 人間の戦場」
日 時:5月4日(木・祝) 13:30~16:30(開場13:00~)
会 場:立命館大学 衣笠キャンパス 充光館 地階 301教室
映画上映の後、広河隆一氏が講演会を行います。
※参加費無料、申込不要

「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016

と き 11月19日(日)9:00~

ところ 皇居周辺

内 容 今年で第7回となる 「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016を、11月19日(土)に皇居周辺で開催します。
今年は、大人だけでなく子どもたちにも世界の子どもたちの状況や人権を考えてもらうため、中高生によるスピーチの披露や子どもの人権が学べるアトラクションコーナーを設けます。

【開催概要】
場所:皇居周辺
集合場所:日比谷公園 健康広場
種目:5kmウォーク、5kmラン、10kmラン
詳しくはコチラ

参加費
入場料
《ウォーク、ラン》
大人:5,000円 学生:2,500円
小学生:1,000円(保護者同伴)未就学児:無料
《リレー》(4人1組)
大人4名:16,000円 学生4名:8,000円

主 催 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

問合せ 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
Tel 03-3835-2110  Fax 03-3834-1025  Mail info@hrn.or.jp

担当 宍倉

NEW
憲法施行70周年
はりま憲法集会(第39回憲法を守るはりま集会)

と き 5月5日(金・祝)開場12時30分 開会13時

ところ 姫路市市民会館大ホール
〒670-0015 兵庫県姫路市総社本町112

内 容 合唱:”平和を歌う 合唱団『希望』”
♪日本国憲法第9条 ♪私を束ねないで ♪美らうた
スライド『うたえカナリア』(時代の危機を伝えよう)
爆笑ライブ『はしれ憲法くん!風に向かって』松元ヒロ
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場無料

主 催 ひめじ市民法律事務所

マガ9のメルマガ
メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓

マガ9のブログパーツ
マガ9ブログパーツ

「マガジン9」の更新項目がまるわかり!ぜひ、あなたのブログにも設置してください。

マガ9のコンテンツ

  • – 特別企画 –
  • 「希望のエリア」のあきらめない人々
  • 2012年憲法どうなる?どうする?
  • 2016年 参院選挙を考える
  • B級記者どん・わんたろうが「ちょっと吠えてみました」
  • イェダりんの“リベルテ”を探して!
  • おしどりマコ&ケンの「脱ってみる?」
  • カエルの公式
  • こちら編集部
  • この人に聞きたい
  • つながって考えよう
  • ニッポンの社長インタビュー
  • ひとみの紐育(ニューヨーク)日記
  • ぼくらのリアル☆ピース
  • マガ9スポーツコラム
  • マガ9タイムス
  • マガ9レビュー
  • マガ9備忘録
  • マガ9学校 参加者募集
  • マガ9学校やりました。
  • マガ9対談
  • みんなのこえ
  • わたしたちの日韓
  • 三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記
  • 下北半島プロジェクト
  • 世界から見た今のニッポン
  • 中島岳志の「希望は、商店街!」
  • 伊勢崎賢治の平和構築ゼミ
  • 伊藤塾・明日の法律家講座レポート
  • 伊藤真のけんぽう手習い塾
  • 原発のある地域から
  • 原発震災後の半難民生活
  • 女性が動けば変わる!
  • 女性と政治と社会のリアルな関係
  • 小石勝朗「法浪記」
  • 川口創弁護士の憲法はこう使え!
  • 憲法24条を考える
  • 映画作家・想田和弘の観察する日々
  • 時々お散歩日記
  • 木内みどりの「発熱中!」
  • 松本哉ののびのび大作戦
  • 柴田鉄治のメディア時評
  • 森永卓郎の戦争と平和講座
  • 沖縄・ゆんたくるー便り
  • 沖縄タイムス・新沖縄通信 別冊
  • 注目!安保法制違憲訴訟
  • 渡部建具店の日々
  • 癒しの島・沖縄の深層
  • 立憲政治の道しるべ
  • 被災地とつながる
  • 鈴木邦男の愛国問答
  • 集団的自衛権を考える
  • 雨宮処凛がゆく!
  • 風塵だより