お知らせ

掲載をご希望の方は
こちらの
掲載依頼フォーム
から
お願いします。

今こそアジアのナマの声を聞こう!わたしの弟は目の前で投げられ、銃剣で……!

と き 12月11日(日) 14:30開場 15:00開会

ところ 神奈川県民サポートセンター 2階ホール(横浜駅西口徒歩5分)
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2

出演者 証言 鄭来さん(予定) マレーシア 
講演 高嶋伸欣さん (琉球大学名誉教授)

内 容 鄭来さん(80歳・当時6歳)は、マレーシアネグリセンビラン州のゴム園で暮らしていましたが、1942年3月5日、侵攻してきた日本軍から隠れていた村人300人と一緒に、日本兵に連行されました。日本兵は、乳児の弟を母親から取り上げ空中に放り投げて銃剣で刺し殺し、鄭来さんも背中やわき腹を刺されました。4回目の招請になりますが、過去から見た今の日本についての思い、を今回も厳しく語っていただきます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費 1000円(大学生以下無料)

主 催 アジア・フォーラム横浜 (連絡先 090-9346-5884(吉池))

科学者・技術者と軍事研究――科学・技術と研究者倫理にかかわる諸問題の科学史的検討――

と き 12月11日(日)13:00~17:00(予定)

ところ 明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント1F多目的室

内 容 近年、防衛省からの競争的資金の提供などをめぐって軍事研究を容認するかのような動きも出てきており、日本の学術研究の基本的姿勢を変えかねないと危惧されています。軍事研究へのスタンスのあり方を検討するには、科学・技術の発達の論理や、科学・技術の人類的意義、社会平和と科学・技術、科学者・技術者と倫理の諸問題などの広範かつ根本的な議論が必要です。
詳しくはコチラ

主 催 日本学術会議史学委員会 科学・技術の歴史的理論的社会的検討分科会

写真展 不安全な人々

と き 11月12日(土)~12月11日(日)9:00~17:00
※但し、11月14日(月)、15日(火)、21日(月)、28日(月)、12月5日(月)は休館

ところ 川崎市平和館1階 屋内広場 (入場無料)
〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町33−1

内 容 (1)写真展「不安全な人々」
平和を壊し、生活を脅かすさまざまな暴力の渦中にいる人々に視点をあてた写真パネル展示。戦後の不安全を撮影した、故福島菊次郎氏の写真パネル展示  

(2)関連イベント
日時 平成28年11月19日(土)午後2時から午後4時
内容 講演「女性の不安全を考える」 
講師 林典子氏(報道写真家)
詳しくはコチラ

協 力 DAYS JAPAN、恵泉女学園大学、福島菊次郎写真パネル保存会

絵葉書にみる日本と中国:1894-1945

と き 10月1日(土)~12月11日(日)9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜日

ところ 立命館大学国際平和ミュージアム 中野記念ホール
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1

内 容 本展は、世界的な絵葉書コレクターであるドナルド・ラップナウ氏の絵葉書コレクションの日本初公開となります。絵葉書を中心に、戦争柄の着物や風呂敷、情報宣伝に用いられた資料など、ラップナウ氏のコレクションからの出品を中心に展示を展開します。多くの課題を残す日中関係について考える機会となることを願い開催いたします。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
大人400円(350円)、中・高生300円(250円)、小学生200円(150円)

主 催 立命館大学国際平和ミュージアム

後 援 京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都市内博物館施設連絡協議会、KBS京都、朝日新聞社、京都新聞、毎日新聞社、読売新聞社

ともに「資本論」を学びましょう!
福山「資本論」を読む会

と き 12月11日(日) 9時30分~11時30分

ところ 福山市市民参画センター2階 セミナールーム
  (JA福山駅から徒歩6分)

内 容 私たちの社会での生産単位はそれぞれ独立した私的な企業や個人ごとに切り離されいる。しかし、この活動を指揮するような特別の組織も個人も存在していないが、こうしたバラバラの無政府的な生産の寄せ集めにより社会的な生産が行われている。その秘密をマルクスは『資本論』の第1篇「商品と貨幣」で明らかにしている。今回の学習箇所はこの部分です。ぜひご参加を!

参加費
入場料
150円(資料・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 携帯:090-9993-9744 伊藤
メール:white47k@mx1.kcv.ne.jp

沖縄・高江ヘリパッド年内完成を止めよう! 2016 ZENKO 冬集会 in 横浜

と き 12月11日(日)10:00~17:00

ところ 加瀬貸し会議室鶴見駅前ホール
(神奈川県横浜市鶴見区豊岡町3番28号 第二竹内ビル4F、最寄駅:JR京浜東北線「鶴見」駅西口より徒歩1分、京急線「京急鶴見」駅より徒歩7分)

出演者 高江住民の会 講演 儀保昇さん(ヘリパッドいらない住民の会)、他

内 容 全国で展開してきました。憲法を破壊し、沖縄にこれ以上の基地の押しつける安倍政治を許すことはできません。原発再稼働、雇用破壊、貧困と社会保障までも切り捨てる安倍政治を市民と野党共闘の力で終わらせましょう。 全交12月横浜集会は、午後から課題ごとの4分科会で今後の方針討議を行います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加協力券:500円

問合せ 平和と民主主義をめざす全国交歓会
〒120-0024 東京都足立区千住関屋町8-8 パラマウント2F
関東事務局・西岡 090-3970-8772

NEW
壷井 明展  東京報告 at KEN vol.5    

と き 12月10日(土)~11日(日)展示2日間のみ 13:00~18:00

ところ KEN 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-8-3 B102
tel: 03-3795-1776 (当日のみ)

出演者 壷井明トーク 12月10日(土)、11日(日)両日 14:00~16:00 入場料1000 円

内 容 3.11 東日本大震災にともなう原発事故勃発後、福島現地に足しげく通い現地の言葉を収集、原発作業員、子を持つ母親などさまざまな立場の住民からの証言を基に『連作祭壇画 無主物』を制作し続ける画家、壷井明。このたびKENでは、2013 年の展示から数えて通算五度目となる壷井明の二日間に限った企画展を行います。
詳しくはコチラ

NEW
「心~ククル~UAやんばるLIVE」上映&トーク

と き 12月11日(日) 13:30~

ところ cafeどんぐりの木
千葉県千葉市美浜区高洲1-16-46
・京葉線稲毛海岸駅から徒歩8分

出演者 野川未央トーク「沖縄・高江のいま~生命をまもり平和をつくるために」
プロフィール:1982年東京生まれ。NPO法人APLAのスタッフとして、東ティモール事業を主に担当し、コーヒー産地の村の人たちと議論を重ねながら、持続可能な農業や環境保全活動を続けている。

近年は、仕事の休みを利用して、沖縄の辺野古や高江に通っている。

内 容 ◎映画「心~ククル~UAやんばるLIVE」  2009年/キム・スンヨン監督
この作品ではUAのライブを中心に、ヘリパッド問題の現状、やんばるで暮らす人々の暮らし、座り込み阻止行動に参加する有志たちの想いを集めました。やんばるの森に響くUAの歌声と語る言葉に心を揺さぶられます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円(中学生以下無料)
**やんばるから届いた手焙煎のコーヒーつき**

主 催 よりみちカフェ

NEW
辺野古 高江連帯 オカヤドカリの会 国立上映会vol.3三上智恵監督作品「標的の村」

と き 12月11日(日)18:00~21:30

ところ くにたち北市民プラザ
東京都国立市北3-1-1 9号棟1階
TEL 042-574-3038

内 容 オカヤドカリの会では上映会と共に、沖縄と寄り添う意志を持つミュージシャンのライブもカップリングでお届けして来ました。
今回は、大熊ワタル みわぞう 桜井芳樹 3人の「ジンタラムータ」(チラシ右端のタイムテーブルには「シカラムータ」とありますが、「ジンタラムータ」の出演です)まあともかくこの御三方、 楽しくも激しい演奏をしてくれると思います。
お楽しみに♡
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費(カンパ)1300円

NEW
新宿アルタ前街頭トーク「このまま暮らせる?どこに行くのか日本!」

と き 12月11日(日)12:00〜15:00

ところ 東京都新宿区 新宿駅東口アルタ前

出演者 民進党:三雲崇正新宿区議、共産党:吉良佳子参議院議員、社民党:榊原登志子調布市議、自由党:調整中、小川敏夫民進党参議院会長、満田夏花FOE  JAPAN理事、山田正彦元農水大臣、奈須りえ大田区議、野本耕作、森田龍

内 容 第1部 政党挨拶 12時~12時40分

第2部 テーマ別トーク 12時40分~15時
共謀罪、集団的自衛権、原発、TPP、自民党改憲草案、沖縄
※パフォーマンスや唄もあります。
詳しくはコチラ

主 催 新宿アルタ前街頭トーク実行委員会

NEW
BKSKトークセッション「みんなで考える民主主義のかたち」

と き 12月11日(日)18:00~20:00(開場:17:30)

ところ TOiGO WEST 3階 第5学習室
〒380-0834 長野県長野市大字鶴賀問御所町1200

出演者 伊藤千尋さん(元朝日新聞特派員)

内 容 最近の政治はどこかヘンな気がする。よくわからないうちに強引に決められているような。本当にみんなのための政治になっているのだろうか。それに、路上で声を上げる人が増えたような。「民主主義ってなんだ!」
そんな "今" の政治と私たちのかかわり方について、世界の民主主義の現場を取材してこられた伊藤千尋さんとともに考えてみたいと思います。一緒に語り合ってみませんか。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費:500円

主 催 @bokushuke0725
この国の未来を決めるのは、他でもなく主権者である国民です。もちろん10代、20代、30代の私たちも。 「どうせ日本の政治は変わらない」そう思っていた人にも、気づいて欲しい。 「社会は変わるし変えられる」ってこと。

国際人権NGO ヒューマンライツ・ナウ 世界人権デーイベント
ヘイト・スピーチ規制の到達点と課題~事件報告を中心に~

と き 12月12日(月)18:30~20:30(受付開始18:15)

ところ エル・おおさか南館 7階734号室(540-0031 大阪府大阪市中央区北浜東3-14)

内 容 本年1月に大阪市ヘイト・スピーチ対処条例が成立し、さらに、本年5月に「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消推進法」(いわゆるヘイト・スピーチ解消法)という法律が成立しました。この間に、ヘイト・スピーチにまつわる様々な事件の裁判例も集積されました。イベントでは、事件報告を中心に、ヘイト・スピーチ規制の到達点と課題を振り返ってみます。詳細は、リンク先をご覧下さい。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費:500円(資料代を含む)参加を希望される方は、お名前、ご所属(任意)を明記の上、メールで下記HRN関西グループ宛にお申し込み下さい。

主 催 認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)関西グループ

問合せ 認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)関西グループ
hrn-kansai@hrn.or.jp ※当日午前中まで連絡可

◆英会話サロン 英語で話そう!身近な人権問題◆

と き 全8回 第1回11月17日(木)~第8回12月13日 
毎週火・木曜日の15:00-16:30

ところ ヒューマンライツ・ナウ事務局
東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F

出演者 講師:日英バイリンガルのダニエル・ファーガソン先生(火曜日)、メリッサ・ホン先生(木曜日)

内 容 楽しく英語に親しみながら、人権についても理解を深めることを目的としています。「英語を話したい!」「人権ってなんだろう?」「午後の時間を有意義に過ごしたい」という方におススメの講座です。

少人数のクラスなので、先生との会話もじっくり時間を取れます。授業の進行方法・内容等、詳細についてはウェブでご覧下さい。

どなたでもご参加可能です。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
・4回券 12,000円(一回あたり3,000円)
・8回券 20,000円(一回あたり2,500円)
※回毎の参加申込みは受け付けておりません。
※キャンセルポリシー
お申込み後、11月16日(水)までにキャンセルをお申し出頂く場合、キャンセル料は掛かりません。

主 催 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

問合せ ヒューマンライツ・ナウ事務局 担当:米沢(まいさわ)
メール:info@hrn.or.jp 電話:03-3835-2110

◆英語で学ぼう!世界の人権問題◆ 秋期セミナー

と き 第1回10月26日(水)19:30~21:00
第2回11月2日(水)19:30~21:00
第3回11月9日(水)19:30~21:00
第4回11月16日(水)19:30~21:00
第5回11月24日(木)19:30~21:00
第6回11月30日(水)19:30~21:00
第7回12月8日(木)19:30~21:00
第8回12月14日(水)19:30~21:00

ところ ヒューマンライツ・ナウ事務局 ビル 8階会議室 110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル8F

内 容 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、大好評だった春期、夏期のセミナーに続き、秋期にも「英語で学ぼう!世界の人権問題」を開催します。
本企画では、英語の能力を伸ばすだけでなく、英語で書かれた国際人権問題に関する資料を教材に、世界で起きている人権侵害の現実とその課題について学び、解決策を考え話し合うことを目的にしています。英語だけでなく、国際人権法などの知識も身につく内容となっております。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
各回受講の場合:3,500円

・回数券 4回分 11,000円(3,000円お得)
・回数券 8回分 23,000円(5,000円お得)

※前日以降のキャンセルの場合、キャンセルフィー1,500円が発生します。

主 催 認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ

問合せ ヒューマンライツ・ナウ事務局
メール:info@hrn.or.jp 電話:03-3835-2110

第20回 写真家達によるチャリティー写真展
~世界の子ども達を支えよう、つながろう。~

と き 12月9日(金)~15日(木)

ところ 富士フイルムフォトサロン スペース2
住所:東京都港区赤坂9丁目7番地3号

内 容 20回目を迎える、フォトボランティア・ジャパン基金主催によるチャリティー写真展が今年も開催されます。会場でプロ写真家(参加写真家150名)の作品を即売し、売上金をNGO,NPO等に寄付をする社会貢献活動で、今年の写真の売上(1点10,000円・25cm角の額入り)は、JVC(日本国際ボランティアセンター)と、国際協力NGOジョイセフに寄付されます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 フォトボランティア・ジャパン基金

補 足 ■ギャラリートーク
・12月9日(金)15:00~
「アフガニスタン村人奮闘記-地域保健は今」
JVC(日本国際ボランティアセンター)アフガニスタン事業担当加藤真希
・12月11日(日)14:00~
「震災から5年9ヶ月、気仙沼を忘れない」
JVC(日本国際ボランティアセンター)気仙沼事業担当横山和夫

NEW
南京大虐殺79カ年 東京証言集会

と き 12月15日(木)18:30~

ところ 韓国YMCA 9階国際ホール
東京都千代田区猿楽町(さるがくちょう)2-5-5
JR水道橋駅下車5分

内 容 幸存者証言ビデオ(侯占清さん、石秀英さん)
講演「世界記憶遺産と南京大虐殺ー中国の平和への取り組み」
朱成山さん(侵華日軍南京大虐殺遭遇同胞記念館前館長)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円(高校生以下無料)

主 催 12月南京証言集会実行委員会

問合せ ノーモア南京の会(FAX 03-3889-9499)

NEW
緊急上映会「やんばるの森・高江でいま起きていること」

と き 12月15日(木)19:00~20:30

ところ 農文協・農業書センター
101-0051 東京都 千代田区 神田神保町2-15-2 第1冨士ビル3階

内 容 ドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」(謝名元慶福監督 65分)
座り込み参加者からの報告
詳しくはコチラ

立憲デモクラシーの会 立憲デモクラシー講座(第二期/第3回)

と き 12月16日(金)18:40〜(開場:18:20)

ところ 立教大学池袋キャンパス8号館2階8202教室

出演者 五野井郁夫(高千穂大学教授・政治学)

内 容 「立憲主義、民主主義、政治参加」
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場無料。先着順。どなたでもご受講になれます。

主 催 立憲デモクラシーの会

協 力 立教大学大学院文学研究科比較文明学専攻

補 足 会場・時間の変更、講師交代等があることがございます。最新の情報はホームページやツイッターでご確認ください。

NEW
12月16日企画 「戦争ができる法と社会の作り方」

と き 12月16日(金)18:30~20:30(18:00開場)

ところ 日比谷図書文化館大ホール

出演者 金平茂紀/海渡雄一/梓澤和幸

内 容 ●講演:報道の自由の現在と緊急事態宣言条項
    金平茂紀さん(ジャーナリスト)
●講演:治安維持法・隣組・特高がつくる密告社会
    海渡雄一さん(弁護士)
●パネルディスカッション:戦争できる社会を食い止める!
    金平茂紀さん・海渡雄一さん・梓澤和幸さん(弁護士)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 日隅一雄・情報流通促進基金

後 援 共催:NPJ/ファシズムと言論研究会

問合せ 東京共同法律事務所 03-3341-3111

補 足 当日は、あわせて日隅一雄・情報流通促進賞の候補作品募集を行います。

『さとにきたらええやん』映画上映+こどもの里理事長荘保共子さん講演会

と き 12月17日(土)18:40~21:30

ところ 大阪府豊中市立ローズ文化ホール

内 容 私たちは、大阪府豊中市庄内で子ども食堂を運営しています。日雇い労働者の街・釜ヶ崎で38年間続いている「こどもの里」を描いたこのドキュメンタリー映画とその館長である荘保共子さんの講演を通じて、地域の皆さんと子どもの居場所や貧困について一緒に考える機会にしたいと、企画しました。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
前売→大人1000円 18歳未満500円 小学生無料
当日→大人1200円 18歳未満600円

主 催 NPO法人ZUTTO (ズット)

後 援 豊中市
豊中市教育委員会

協 力 豊中市社会福祉協議会

問合せ 06-6842-7129
guten.zutto@gmail.com

補 足 この映画は今年度文化庁映画賞最優秀賞を受賞しました。
バリーフリー版(日本語字幕付き)、講演は手話通訳つきです。
一時保育もあります。(1歳以上小3まで)一人300円

RAGE AGAINST FASCISM

と き 12月17日(土)開場17:30 開始18:00

ところ 新大久保EARTHDOM
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目32−3

内 容 今年は「多文化共生」そのキーワードを旗頭に、胸ヤケするレベル(笑)のコンテンツ、出演者たちでやらせてもらいます笑
我々RAFスタッフが得意なハードコア・パンクから、HIP-HOP、弾き語り、津軽三味線とプンムノムリからアイヌ民謡。そしてドラッグ・クイーンのショウまで。
今年も我々の大切な街、新大久保で会って、そして路上でも会いましょう。 #FCKNZS
詳しくはコチラ

参加費
入場料
予約2,000円 当日2,500円

今回、若い人達のために、高校生以下の方からは、チャージはいただきません。
18:00までの入場の方は、前売り料金です。

年末困りごと相談会

と き 12月17日(土)10:00~15:00

ところ 会場:府中公園(東京都府中市府中町2丁目26番地)

※京王線府中駅北口徒歩8分。公園南側の石畳テントです。

内 容 相談会:生活・労働・健康・法律困り事

※相談すべてむりょう
※法律相談は、弁護士さんが無料で相談します!一人で悩まず、相談を!
正午:炊き出し(めにゅう:牛どん・カレー・野菜汁)
詳しくはコチラ

主 催 「府中緊急派遣村」「フレンドリー」

後 援 「くにたち派遣村」「狛江派遣村」「多摩・多摩川com.」「カトリック府中教会」「福島支援マッサージグループ」「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」

問合せ 府中緊急派遣村 「府中みんなの村」〒183-0061府中市緑町2-15-8 梶ハイツ101
・メール fuchuhakenmura@gmail.com 
・FAX 042-365-3733(24時間OK)
○はけんむら090-3085-7557(松野)
○フレンドリー090-6034-6950(重田)

映画「イラク チグリスに浮かぶ平和」上映会

と き 12月17日(土)
①10:30~12:20 ②14:00~15:50

ところ せんだいメディアテーク スタジオシアター(7階)(会場定員180人)
(宮城県仙台市青葉区春日町2-1 電話022-713-3171地下鉄南北線勾当台公園駅下車「公園2」出口から徒歩6分)

内 容 大量破壊兵器保有を口実に、2003年3月から始まったイラク戦争。10万人以上のイラク人が命を奪われた。2011年に米軍はイラクから撤退したが、いまなお混乱は続いている。開戦前夜、空爆、米軍による制圧と占領、宗派抗争、爆弾テロなどを取材し続けてきたジャーナリスト綿井健陽が、彼らの人生の「その後」を追い、戦乱の10年を描き出している。
日本も支持した戦争は何をもたらしたのか?を問う。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 宮城県ユニセフ協会

問合せ 電話(022-218-5358) 
ファックス(022-218-3663)
メール sn.municef_miyagi@todock.jp

レイバーフェスタ2016~文化でとめよう!アベ暴走

と き 12月17日(土)10:30~17:15(開場10:00)

ところ 田町交通ビル6階ホール(JR田町駅「芝浦口」徒歩3分)
東京都港区芝浦3-2-22(会場定員180人)
(宮城県仙台市青葉区春日町2-1 電話022-713-3171地下鉄南北線勾当台公園駅下車「公園2」出口から徒歩6分)

内 容 ★ドキュメンタリー映画『選挙が生まれる~長野と群馬の挑戦』2016年/湯本雅典/71分/初公開
★ドキュメンタリー映画『オキュパイ・シャンティ~インドカレー店物語』2016年/ビデオプレス/40分/初公開
★川柳 : スライド上映
★講談『人を喰う魚・豊洲移転騒動の巻』(高橋織丸/20分/初演)
★音楽「脱原発テント・カスチュー」
★3分ビデオ一挙公開
詳しくはコチラ

参加費
入場料
一般当日1700円
前売・予約1500円
失業者・障害者(一律)1000円
学生・20歳以下 無料

主 催 レイバーフェスタ2016実行委員会

問合せ レイバーネット日本
TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578
メール予約 

憲法カフェ「憲法24条」改悪の危機!?

と き 12月17日(土)13:30~15:30
終了後は毎年恒例!「交流会&同窓会」16:00~20:00

ところ ドーンセンター4F 中会議室
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1丁目3番49号

出演者 橋本智子弁護士(あおば法律事務所)
得意とする分野は、DV、モラル・ハラスメント、虐待・夫婦・親子の問題、働く場におけるハラスメント全般。明日の自由を守る若手弁護士の会所属。著書に『モラル・ハラスメント~こころのDVを乗り越える』(橋本俊和・橋本智子著/緑風出版/2014年)

内 容 「憲法カフェ」を開催します。今さら聞けない憲法のキホンから、24条のこと、話題の緊急事態条項のことまで。いったいどうつながり、どういう意味を持つのか。橋本弁護士に分かりやすく話してもらいます。気楽に参加できるカフェスタイルです。例会終了後、もっと語りたいという人のために参加者同士の交流会を開催します。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
一般/800円(お茶・お菓子代含む) 
日本女性学研究会会員/無料
交流会&同窓会参加費 飲食費として1500円程度
申込方法:メール(当日参加も可)

主 催 日本女性学研究会
メール wssjuketuke2014@gmail.com
問合せ(小川) mao8151t@yahoo.co.jp

NEW
憲法を変えると何が変わる?
  ~若手弁護士劇団の劇&トーク

と き 12月17日(土)14:00~16:30

ところ あしや市民活動センター(リードあしや)
芦屋市公光町5-8(阪神芦屋駅北3分)

出演者 明日の自由を守る若手弁護士の会 兵庫支部(あすわかひょうご)

内 容 全国的にも珍しいあすわか劇団による「憲法が昏睡(ねむ)るまで」と題する緊急事態条項をテーマとした劇。第四作目となる最新作です。劇とトーク(質疑)を通して緊急事態条項について考えます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(学生無料)

主 催 芦屋「九条の会」

協 力 芦屋市立あしや市民活動センター

問合せ 090-7118-2312(片岡)

ドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」上映と監督によるトーク

と き 12月18日(日)13:45~16:30

ところ ルミエール府中 第1・2会議室(京王線府中駅北口7分)

出演者 リラン・バクレー監督

内 容 一人のアメリカ人が米軍への”オモイヤリヨサン”の疑問に挑む!!
上映後リラン・バクレー監督によるトークあり。

参加費
入場料
1000円(前売800円)

主 催 「ザ・思いやり」上映府中実行委員会

問合せ 岩村昭夫 090-1468-6830

沖縄に基地はいらない! 戦争・憲法改悪許さない! 冬のZENKO集会&デモ in 大阪

と き 12月18日(日) 13:30~集会 16:50~デモ出発(会場前)

ところ 大阪/福島区民センターホール
(地下鉄千日前線「野田阪神駅」下車、7番出口上がる/阪神電車「野田駅」下車、改札左手を出る。西へ200m/JR/環状線「野田駅」下車、徒歩8分・東西線「海老江駅」下車、徒歩5分)

出演者 「ヘリパッドいらない住民の会」から清水暁さんが参加決定!

内 容 安倍政権の暴力・差別に非暴力で抗議の座り込みを続ける沖縄の人たち、工事差し止め裁判に立ち上がった高江に住む人たちと手を結び、「安倍はヤメロ、憲法改悪を許さない」声を広げましょう!「松井知事の差別発言容認の撤回、大阪府警機動隊の撤退」の声を強めましょう!署名のご協力と集会への参加をお願いします。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加協力券:500円

主 催 ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)
〒536-0016 大阪市城東区蒲生1丁目6-21LAGセンター3F

問合せ 090-8162-3004(川島)
E-mail:zenkoweb[@]gmail.com

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』札幌上映会

と き 12月18日(日)昼の部13:00~/夜の部18:00~

ところ 札幌市教育文化会館 4階 講堂
(北海道札幌市中央区北1条西13丁目) 
電話:011-271-5821

内 容 本作で三上智恵監督(『標的の村』「海にすわる~辺野古600日の闘い~」)が描くのは激しい対立だけではない。基地と折り合って生きざるをえなかった地域の人々の思いと来し方。苦難の歴史のなかでも大切に育まれた豊かな文化や暮らし。厳しい闘争の最中でも絶えることのない歌とユーモア。いくさに翻弄され続けた70年に終止符を打ちたいという沖縄の切なる願いを今、世界に問う。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
プレイガイドでお求めいただけます。
(前売り)1000円  
(当日券)1200円
(中・高校生)500円 
(小学生以下)無料

問合せ NPO地球環境プロジェクト ウィズアース
〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西14丁目
Tel:090-4876-5397
E-mail: project.withearth@gmail.com

NEW
沖縄高江より住民の会の清水暁さん来たる!沖縄に基地はいらない! 戦争・憲法改悪許さない! 冬のZENKO集会&デモ

と き 12月18日(日)集会13:30〜、デモ16:50〜

ところ 大阪/福島区民センター ホール
(地下鉄千日前線「野田阪神駅」下車、7番出口上がる/阪神電車「野田駅」下車、改札左手を出る。西へ200m/JR/環状線「野田駅」下車、徒歩8分・東西線「海老江駅」下車、徒歩5分)

出演者 「ヘリパッドいらない」住民の会
清水 暁さん

内 容 ▷沖縄・高江「オスプレイパッド建設阻止の闘い」報告
  清水 暁さん(「ヘリパッドいらない」住民の会)
▷南スーダン情勢報告
▷野党共闘で選挙に勝利しよう! 市民派の議員による連帯挨拶
▷「沖縄・改憲阻止緊急署名」全国集計の結果発表
▷あらゆる闘いを結んで安倍を打倒しよう!
  ユニオン、反原発、教育、介護・福祉などの闘い
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加協力券 500円

主 催 ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)

問合せ 090-8162-3004(川島)
E-mail:zenkoweb[@]gmail.com

補 足 沖縄で大弾圧が行われています。沖縄高江でオスプレイパッドの建設が強行され、12/22にもまやかしの北部訓練場の「返還式典」が行われる緊迫した情勢の中で、「ヘリパッドいらない」住民の会より清水暁さんが大阪に来ます。
―高江の現実に耳を傾けてください。
―清水さんの話を聞いてください。
沖縄と連帯してオスプレイパッド建設阻止の闘いを大阪でも大きく広げていましょう。

NEW
デモクラシーCafe 12月のテーマ「そのソース(情報源)、ほんとうなの?」

と き 12 月18 日(日)13:30 〜 16:00

ところ 喫茶 にじのまど 042-395-8841
(東京都東村山市 西武新宿線久米川駅北口から徒歩5分)

内 容 ほとんどのマスコミはトランプ大統領を予想できなかったし、TPP に加盟したら遺伝子組み換え作物の表示が禁止されるということは報道してくれないし……とにかく大事なことは隠されてしまう。騙されないように、賢くなりたい!
どうしたら本当の情報が手に入るのか、信用できるソースはどれなのか?みんなの体験・知恵を持ち寄って、ほしい情報の見分け方を
話し合いましょう!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
*参加費300 円。
*手作りお菓子つき。飲物は各自オーダー。
*要予約:定員20 名ですので、前日まで予約を必ずお願いします。
*保育付:プラス300 円(保育の予約は12/12 までにお願いします。当日の追加は対応できません)

主 催 デモクラシーCafe@東村山

問合せ http://blog.livedoor.jp/pieru80-democracafe_higashimurayama/

補 足 講師をたてずに、参加者でテーマを設定し話し合うルールを決めて、いろんな年代や職業の人たちとコーヒーを飲みながら、楽しく、深く、話し合います。
デモクラシーCafe へのご来店、心よりお待ちしています。
初めての方はブログも見て下さい!

公益通報(内部告発)を社会に活かすために~公益通報者保護法改正に向けて~

と き 12月21日(水) 18:15~20:00(開場予定18:00)

ところ 弁護士会館17階1701会議室
(東京都千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

内 容 公益通報者保護法の施行から10年が経過しましたが、保護の対象や要件が厳しく、活用されてきたとはいえません。この間に、大手企業の不適切会計や燃費偽装などの不祥事が継続していたことや、豊洲市場の汚染土壌対策をめぐる問題等が次々と明らかになっています。今、改めて、内部からの公益通報の重要性、通報者が安心して通報できる制度への法改正が求められています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費無料

主 催 日本弁護士連合会

問合せ 日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL 03-3580-9910
FAX 03-3580-2896

補 足 どなたでも参加いただけます。
事前申込不要・先着順 【定員120名】
※席数に限りがありますので、満席の場合はご入場できないことがあります。

「DVD中嶋哲演さん講演」上映会

と き 12月21日(水)午後6時半から

ところ 足立区北千住の生涯学習センター研修室3

参加費
入場料
300円

主 催 原発と足立を考える会

問合せ 090-7829-9924(平坂)

ヴラダン・コチ&アンサンブル・サビーナ コンサート

と き 12月22日(木)
昼の部 開演13:30(開場13:00)
夜の部 開演19:30(開場19:00)

ところ 東灘区民センター うはらホール (兵庫県神戸市東灘区住吉東町5丁目1-16)

出演者 「良心の囚人」だった世界的チェリスト ヴラダン・コチが魂の音楽を奏でます。
ヴラダン・コチさんは、旧チェコスロバキアのプラハ室内管弦楽団の首席チェリストだった1988年に“人に銃を向けたくない”と兵役を拒否して収監されました。アムネスティ・インターナショナルが「良心の囚人」として支え、その後の民主化で解放されました。

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
前売り:各公演2500円(当日500円増) ※就学前のお子さまはご入場できません。

主 催 イタリア生活文化交流協会「アンサンブル・サビーナ」事務局
TEL:06-6844-8787 FAX:06-6844-8788 
〒560-0032大阪府豊中市蛍池東町2-1-3
Email:hotaru@sabina-net.jp

補 足 チケットお取り扱い

■イタリア生活文化交流協会 06-6844-8787
■東灘区民センター 078-822-8333

市民社会フォーラム第193回学習会
言論と公益を脅かすニセ科学問題

と き 12月23日(祝・金)14:00~16:40

ところ 文京区勤労福祉会館 区民会議室(定員60人)

出演者 講演(60分):松崎いたるがどうして訴えられるにいたるのか?―ホタル生態環境館問題の闇
松崎いたる・板橋区議会議員
話題提供①(20分)放射能が消えるとはどういうことかー裁判資料を科学者の眼で読み解く
小波秀雄・京都女子大学名誉教授
話題提供②(20分)ニセ科学はなぜ市民道徳と社会的道義に反するのか?
左巻健男・法政大学教授
話題提供③(20分)ニセ科学の手口と対策
天羽優子・山形大学准教授
討 論(30分)  

内 容 ニセ科学を批判することで生じかねない不利益を防ぐためにどのような心構えが必要なのか、被害にあった当事者とニセ科学問題に詳しい研究者をお招きしてお話しいただきます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費 1,000円

問合せ お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.comまで。

第5回ブラック企業大賞2016授賞式

と き 12月23日(金・祝)14:00~16:30 

ところ 韓国YMCA9F国際ホールにて
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2丁目5−5

内 容 毎年秋に開催してきたブラック企業大賞ですが、本年は開催時期のお知らせが遅くなりまして申し訳ありませんでした。下記のとおり、今年のノミネート、授賞式など決定いたしましたので、お知らせいたします。ウェブ投票や授賞式などぜひご参加ください。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費:500円

補 足 ●ノミネート企業発表:2016年12月1日(木)
  ※厚生労働省記者会見場にて発表後、ウェブサイトにも掲載します。

●ウェブ投票実施時期:12月1日(木)16:00~12月22日(木)17:00

戦時中の教育の誤りを繰り返すな! 「君が代」強制を止めよう!
12/23学習交流の集い

と き 12月23日(金)18:30~

ところ エルおおさか南館72
〒540-0031 大阪府大阪市 中央区北浜東3−14

出演者 黒田伊彦さん(元府立学校教員)
「私の体験した戦中教育と戦後の転換」

内 容 知っていますか?教師が子どもたちを戦場に送った歴史を。
今その歴史が繰り返されようとしています。
あなたが子どもたちを戦場に送らないために何ができるか?ともに考えませんか?
詳しくはコチラ

主 催 Democracy for Teachers and Children
~「君が代」処分撤回!松田さんとともに~

問合せ email:dtac@aol.co.jp
tel:090-1914-0158

こんな時代があった 報道写真「昭和8年」

と き 10月1日(土)~12月25日(日)10:00~17:00(入館は16:30まで)

ところ 〒231-8311 神奈川県横浜市中区日本大通11 日本新聞博物館

出演者 石黒敬章さん(古写真収集家)トークショー
10月22日(土)、12月3日(土)
14時~15時30分(受付:13時30分から)

安田菜津紀さん(フォトジャーナリスト)トークショー
11月26日(土)
14時~15時30分(受付:13時30分から)

内 容 昭和8(1933)年は、日本が満州事変に対する批判を受けて国際連盟を脱退、ドイツではヒトラー率いるナチスが政権を握るなど、戦争への曲がり角の年といわれています。
一方で科学技術は大きな進歩を遂げ、人々は生活を楽しみ、未来に希望を託す気分が広がっていました。
本企画展では、古写真収集家の石黒敬章氏が所蔵する写真を中心に、共同通信社のアーカイブ写真を交えて、当時の世情を振り返ります。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入館料
一般400円 大学生300円 高校生200円
中学生以下無料

主 催 一般社団法人共同通信社、ニュースパーク(日本新聞博物館)

後 援 神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、株式会社電通

協 力 石黒敬章氏(古写真収集家)

補 足 休館日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は次の平日)、12月29日~1月4日

ともに「資本論」を学びましょう!
福山「資本論」を読む会

と き 12月25日(日) 13:00~16:00

ところ 福山市市民参画センター2階 セミナールーム(JR福山駅から徒歩6分)

内 容 「資本論」第1篇でのマルクスの問題意識は、私的所有の基礎の上に行われている個々バラバラな無政府的生産からいかにして総体としての社会的生産(社会的な分業の体制)が成り立っているのかということです。現在の資本主義社会はどんなシステムで動いているのか興味がある方は、ぜひ参加してください。

参加費
入場料
150円(資料・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 携帯:090-9993-9744 伊藤
Eメール:white47k@mx1.kcv.ne.jp

補 足 マルクス「資本論」邦訳テキストはどこの出版社のものでもかまいません。

連続講座「今は戦争体制?日本の現状を問う」第3回
武器輸出ビジネスの最前線から見えること

と き 12月25日(日)13:30~16:30

ところ うぃるあいち セミナールーム1・2
〒461-0016 愛知県名古屋市東区上竪杉町1
(地下鉄「市役所」駅2番出口より東へ徒歩約10分)

出演者 望月衣塑子さん (東京新聞記者)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
800円

主 催 不戦へのネットワーク/戦争をさせない1000人委員会あいち

「生きるための熱」―スポーツにかける入所者たち―

と き 10月1日(土)~12月27日(火)
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、国民の祝日の翌日、年末年始、館内整理日

ところ 国立ハンセン病資料館企画展示室
〒189-0002 東京都東村山市青葉町4丁目1−13

内 容 本展を通して、入所者がスポーツに向けた、いわば”生きるための熱”を感じていただければ幸いです。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入館無料

「ISから逃れた子どもたち」@新宿BERG

と き 12月1日(木)~31日(土)

ところ 新宿BERG
〒160-0022 東京都新宿区新宿3−38−1 ルミネエスト新宿 B1F(新宿駅東口改札出て15秒)

内 容 今回の絵画・写真展のテーマは「ISから逃れた子どもたち」です。とても恐ろしく厳しい状況を描いた絵だけでなく、素敵な花の絵もあります。戦争の中で生きていく子どもたちの絵と、現地の写真をご覧ください。
絵画・写真展と同時に、冬季限定キャンペーンとして取り組んでいる「チョコ募金」もベルクさんの店頭に置かせていただきます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
※お店での展示なので、ご入店の際はオーダーをお願い致します。

主 催 JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

補 足 ※「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている 冬季限定の募金キャンペーンです。一口500円の募金をしてくださった方へチョコレートを一缶プレゼント。

『24条変えさせないキャンペーン』第2回集会
「不穏なトランプ効果――加速化する改憲と24条の危機」

と き 1月6日(金)18:30-20:30(開場18:15~)

ところ 渋谷男女平等・ダイバーシティセンター・アイリス会議室1-3(渋谷区桜丘町23番21号渋谷区文化総合センター大和田8階)
地図|http://www.shibu-cul.jp/access.html

出演者 18:30 開会挨拶 24条変えさせないキャンペーン実行委員会
18:40 「明文改憲が目指すもの―緊急事態条項、24条、9条をめぐって」清末愛砂(室蘭工業大学)
19:10 「トランプ後のアメリカと日本―リプロの危機と24条」山口智美(モンタナ州立大学)
19:40 指定発言
19:55 質疑応答・ディスカッション
20:30 終了

内 容 2016年11月米国の大統領選での、ドナルド・トランプ氏の勝利により、世界は大きく揺れ始めました。今後、日本が受ける影響は、かなり深刻なものになりかねないと私たちは懸念します。軍事化、軍備化への口実が出揃い、ヘイトや差別の横行が増える中で、個人の尊厳をうたう日本国憲法はどうなる? 現場の情報や危機感を共有し、24条と9条、緊急事態条項等の改憲の動きをトータルに考える場としてイベントを開催します。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円 定員80名 (ウェブなどより事前に申し込みされた方を優先します)

主 催 24条変えさせないキャンペーン実行委員会

問合せ 24条キャンペーン実行委員会
E-mail:article24campaign@gmail.com

池田浩士さん講演会「ファシズムと死刑」

と き 1月7日(土)14:00~16:30(開場13:30)

ところ ドーンセンター 5階 特別会議室
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1丁目3番49号

出演者 講演者:池田浩士さん
1940年生まれ。ファシズム文化研究、京都大学名誉教授
主な著書:『死刑の「昭和」史』(1992年、インパクト出版会)、『死刑文学を読む』(2005年、共著、インパクト出版会)、『ヴァイマル憲法とヒトラー』(2015年、岩波書店)、『戦争に負けないための二〇章』(2016年、共和国)

内 容 池田浩士さん(京都大学名誉教授)をお招きし、ファシズム的な国家社会における国家の殺人について考える講演会を開催します。

多くの方のご参加をお待ちしております。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,000円 ※申し込み不要(先着順)

主 催 公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本
TEL : 06-6227-8991(アムネスティ日本 大阪事務所)

今日の反核反戦展 2016

と き 1月14日(土)まで開催中 9:00~17:00(月曜休館)

ところ 原爆の図 丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市大字下唐子1401

内 容 本年も、「反核 反戦 反差別」を合言葉に、参加者の皆様とともに展覧会を作り上げ、
自由、平等、平和を宣言したいとかんがえます。

平面作品(絵画・版画・イラストレーション・漫画・写真など)
立体作品(インスタレーション・彫刻)
パフォーマンス(11月19日のみ、オープニングパーティーにて上演)
詳しくはコチラ

主 催 原爆の図丸木美術館、今日の反核反戦展2016実行委員会

補 足 ●同時開催展
富山妙子展『終りの始まり 始まりの終り』
2Fギャラリーにて同時開催
★12月3日(土) 13時より
富山妙子展イベント ―絵と音楽と詩が出会って時代を解く―
何も信じられない時代に何を語る?」

●2017年1月14日(土・最終日) 12時30分より『今日の反核反戦展2016』の出展作家が自作について語ります。パフォーマンス、弾き語りなども予定しています。

福山働くもののセミナーにご参加を!
テーマ 長時間労働と若者の死を考える
    ―搾取労働と差別労働の一掃こそ急務!―

と き 1月15日(日) 午後1時から4時

ところ 福山市市民参画センター 2階 セミナールーム
(TEL 084-923-9005/福山駅6分)

出演者  

内 容  電通の度重なる社員の過労死は、恐ろしい長時間労働の実態を明らかにしました。電通資本は、これまでの是正勧告も意に介さず労働者をとことん搾り上げてきたのです。しかも、電通問題は氷山の一角でしかありません。資本主義の下、日本はまさに、残業列島、長時間列島、搾取列島そのものです。搾取労働、差別労働に代わる労働者が真に望む労働とはどのようなものか?一緒に考えてみようではありませんか。ご参加をお待ちします。

参加費
入場料
100円(資料とお茶代)

主 催 労働者の問題を考える会

問合せ 090-9993-9744(伊藤)

補 足 ●労働者の問題を考える会はまちづくりサポートセンターの登録団体です。労働者の問題や社会の様々な問題を学びあっています。

自主上映会「犬と猫と人間と2」~「殺処分ゼロ」のためにも~

と き 1月28日(土)
開場18:30 開会18:45(上映時間104分)終了21:00

ところ 浦和コミュニティセンター・多目的ホール(10階)
〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11−1

内 容 「殺処分ゼロ」のためにも~埼玉県内の動物福祉団体が集まり上映会をひらきます。ペット、動物たちと人間との関係について、考えてみませんか
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円
(中・高生、および障がいある方 700円 子ども 500円)

主 催 NPO法人アニマルサポートメイト
(TEL080-5686-2248 FAX048-824-2248)

補 足 参加規模 300人

「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016

と き 11月19日(日)9:00~

ところ 皇居周辺

内 容 今年で第7回となる 「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016を、11月19日(土)に皇居周辺で開催します。
今年は、大人だけでなく子どもたちにも世界の子どもたちの状況や人権を考えてもらうため、中高生によるスピーチの披露や子どもの人権が学べるアトラクションコーナーを設けます。

【開催概要】
場所:皇居周辺
集合場所:日比谷公園 健康広場
種目:5kmウォーク、5kmラン、10kmラン
詳しくはコチラ

参加費
入場料
《ウォーク、ラン》
大人:5,000円 学生:2,500円
小学生:1,000円(保護者同伴)未就学児:無料
《リレー》(4人1組)
大人4名:16,000円 学生4名:8,000円

主 催 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

問合せ 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
Tel 03-3835-2110  Fax 03-3834-1025  Mail info@hrn.or.jp

担当 宍倉

マガ9のメルマガ
メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓

マガ9のブログパーツ
マガ9ブログパーツ

「マガジン9」の更新項目がまるわかり!ぜひ、あなたのブログにも設置してください。

マガ9のコンテンツ

  • – 特別企画 –
  • 「希望のエリア」のあきらめない人々
  • 2012年憲法どうなる?どうする?
  • 2016年 参院選挙を考える
  • B級記者どん・わんたろうが「ちょっと吠えてみました」
  • イェダりんの“リベルテ”を探して!
  • おしどりマコ&ケンの「脱ってみる?」
  • カエルの公式
  • こちら編集部
  • この人に聞きたい
  • つながって考えよう
  • ニッポンの社長インタビュー
  • ひとみの紐育(ニューヨーク)日記
  • ぼくらのリアル☆ピース
  • マガ9スポーツコラム
  • マガ9タイムス
  • マガ9レビュー
  • マガ9備忘録
  • マガ9学校 参加者募集
  • マガ9学校やりました。
  • マガ9対談
  • みんなのこえ
  • わたしたちの日韓
  • 三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記
  • 下北半島プロジェクト
  • 世界から見た今のニッポン
  • 中島岳志の「希望は、商店街!」
  • 伊勢崎賢治の平和構築ゼミ
  • 伊藤塾・明日の法律家講座レポート
  • 伊藤真のけんぽう手習い塾
  • 原発のある地域から
  • 原発震災後の半難民生活
  • 女性が動けば変わる!
  • 女性と政治と社会のリアルな関係
  • 小石勝朗「法浪記」
  • 川口創弁護士の憲法はこう使え!
  • 憲法24条を考える
  • 映画作家・想田和弘の観察する日々
  • 時々お散歩日記
  • 木内みどりの「発熱中!」
  • 松本哉ののびのび大作戦
  • 柴田鉄治のメディア時評
  • 森永卓郎の戦争と平和講座
  • 沖縄・ゆんたくるー便り
  • 沖縄タイムス・新沖縄通信 別冊
  • 注目!安保法制違憲訴訟
  • 渡部建具店の日々
  • 癒しの島・沖縄の深層
  • 立憲政治の道しるべ
  • 被災地とつながる
  • 鈴木邦男の愛国問答
  • 集団的自衛権を考える
  • 雨宮処凛がゆく!
  • 風塵だより