お知らせ

掲載をご希望の方は
こちらの
掲載依頼フォーム
から
お願いします。

やろまいか 第16回みんなの平和祭

と き 7月30日11:00~17:00、7月31日10:00~16:00

ところ 安城市文化センター

内 容 悲惨な戦争を繰り返さないため、平和の大切さを訴えます。原爆パネルや地元にあった航空基地の写真、世界の子どもたちの笑顔の写真などを展示します。また、31日13:30より戦場カメラマン石川文洋さんの講演を行います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
講演のみ500円、展示は無料。

主 催 やろまいか みんなの平和祭実行委員会

後 援 安城市 安城市教育委員会

協 力 安城地区労働組合協議会 ナガサキピースミュージアム

問合せ 090-3588-0764

〜「お試し」以上の危険性がある〜
憲法に緊急事態条項は必要なのか?

と き 7月31日(日)14:00~16:45

ところ 国分寺労政会館・第三会議室
(JR中央線・国分寺駅南口徒歩5分)

出演者 講師:講師:清水 雅彦(しみず まさひこ)さん(日本体育大学教授・憲法学)

内 容 「戦争法」(安保法制)の強行成立から明文改憲へ向かう安倍政権の動きが強まっています。災害対策などのために「緊急事態条項」を憲法に盛り込む案が取沙汰されています。
今回の講演会で自民党改憲案・緊急事態条項の問題点を学んで、こうした改憲案を実現させない活動に役立てていきたいと思います。

参加費
入場料
600円。予約不要。

主 催 アジェンダ・プロジェクト東京

問合せ 090-4413-5048

辺野古新基地建設断念を求める
全国交流集会

と き 7月31日(日)10:00~18:00

ところ 連合会館(分科会2、3、4)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目2−11
全電通会館ホール(分科会1、全体会)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目6

内 容 |分科会| 10:00~12:00(開場 9:30)
|全体会| 13:30~18:00(開場13:00)
講 演 
●辺野古と地方自治 
 白藤博行(専修大学教授)
●辺野古をめぐる米国の動向 
 高野 孟(ジャーナリスト) 
●沖縄からの訴え 
 山城博治(沖縄平和運動センター議長) 
●公有水面埋立承認の誤り
 桜井国俊(沖縄大学名誉教授)  
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費:800円
(分科会、全体会のみ500円)

主 催 「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会

問合せ 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック:090-3910-4140/沖縄意見広告運動:03-6382-6537/ピースボート:03-3363-7561

講演会『私とマンガ家たちの八月十五日』

と き 7月31日(日)13:30~

ところ ピースあいち 1F 交流のひろば
〒465-0091 愛知県名古屋市名東区よもぎ台2丁目820

出演者 漫画家 森田拳次 さん
「(財)日本漫画事務局八月十五日の会」代表理事

内 容 大人 500円 / 小中高生 200円
(別に入館料は要ります)
詳しくはコチラ

問合せ 要 予約 TEL 052-602-4222

NEW
鎌ケ谷ピース・カフェ「私が見つけた民主主義の場所」

と き 7月31日(日)13:30〜

ところ きらり鎌ケ谷市民会館3F・集会室(新京成・初富駅下車5分)
〒273-0101 千葉県鎌ケ谷市富岡1丁目1−3

出演者 体験報告者:
(1)「小西ひろゆき勝手連」メンバー
(2)「ふみネェ(浅野ふみ子)推し隊」メンバー
(3)神奈川県「あさか由香勝手連」に関わった方
(4)SEALDsメンバー(調整中)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(飲み物付き、高校生以下無料)

NEW
漆黒のブラック企業「アリさんマークの引越社」の真実! in 大阪

と き 7月31日(日)12:00開場/13:00〜16:00

ところ ロフト プラスワン ウエスト

出演者 西村有(仮名) アリさんマークの引越社・現役正社員
阿部潔 関西学院大学社会学部教授
イダヒロユキ ユニオンぼちぼち/DV加害者プログラムNOVO
大椿裕子 大阪教育合同労働組合執行委員長
清水直子 プレカリアートユニオン執行委員長
渡辺輝人 弁護士
土屋トカチ 映画監督

内 容 漆黒のブラック企業「アリさんマークの引越社」は、どんな会社なのか。
就労条件の改善を求めてブラック企業とたたかう現役社員・西村有さん(仮名)が登壇し、リアルな実態を伝える。
西村さんが主人公のドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」パイロット版も関西初上映する。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
前売¥1,000 / 当日¥1,200(共に飲食代別)
※要1オーダー500円以上

問合せ tsuchiya.tokachi☆gmail.com(☆を@にご変更ください)
045-228-7996(映像グループ ローポジション気付)

補 足 チケット予約 前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約
イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002187839P0030001
※ご入場はイープラス→店頭電話予約→当日の順となります。
電話→06-6211-5592(16時〜24時)

【8/1】Climate Justice Now―気候変動とたたかうアジアの人々の声

と き 8月1日(月)13:00~16:30(開場 12:30)

ところ 日比谷図書文化館 コンベンションホール B1階(東京都千代田区日比谷公園1-4)

出演者 小野寺ゆうり(FoE Japan)、稲場雅紀(動く→動かす)、明日香寿川(東北大学)、アサド・ラーマン(FoE インターナショナル)他

内 容 FoE Japanでは8月1日に国際シンポジウム「Climate Justice Now―気候変動とたたかうアジアの人々の声」を開催します!!
気候変動による影響は、特に途上国で顕著にあらわれ、人々の生活が奪われるなど、取り返しのつかない被害が現実となっています。本シンポジウムは、アジア各国から多数のゲストを迎え、その声を直接聞くことのできる貴重な機会です。是非、ご参加下さい。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円(FoEサポーター、協力団体会員は500円、学生無料)

主 催 FoE Japan

後 援 いちよし証券、パタゴニア日本支社

協 力 350.org Japan、気候ネットワーク、APLA、東アジア環境情報発伝所、アジア太平洋資料センター、足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ、環境エネルギー政策研究所、ピースボート、A SEED JAPAN、動く→動かす、アーユス仏教国際協力ネットワーク、太陽光発電所ネットワーク、オックスファムジャパン、CAN-Japan

問合せ FoE Japan 担当:吉田 (energy@foejapan.org)
tel:03-6909-5983

補 足 申し込み方法:詳細URLにある申し込みフォームからお願い致します。

佐藤学さん講演会「市民運動はどう政治を動かしたか、そしてこれからどうする」

と き 8月2日(火)14:00(開会)~16:00
13時:30より、衆議院第2議員会館入口で通行証をお渡しします。

ところ 衆議院第2議員会館・多目的ホール(140名)

出演者 佐藤学さん(安全保障関連法案に反対する学者の会」発起人、学習院大学教授)

内 容 参議院選挙の結果は、改憲勢力が衆参両院で2/3を超える議席となり、秋の国会では「憲法改正」議論を始めると自民党は言っています。しかし反面、今回選挙では、市民が主権者として連帯して野党統一を促してきた成果もあります。これから「戦争する国」への道をどう阻止するのかを、共に考えます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
資料代500円

主 催 9条フェスタ市民ネット

問合せ TEL:03-3442-2333、FAX:03-3442-2381

府中市平和都市宣言30周年記念事業 平和展~「沖縄戦とひめゆり学徒」~

と き 7月27日(水)~8月2日(火)
9:00~22:00(2日は15:00まで)

ところ 府中グリーンプラザ 分館ギャラリー
〒183-0055 東京都府中市府中町1−1−1

内 容 今年度は、府中市平和都市宣言30周年の節目の年であり、市では周年を記念した事業を実施しております。今回は平和を再確認する機会としまして、平和展を開催します。沖縄で住民を巻き込んで繰り広げられた地上戦、「沖縄戦とひめゆり学徒」のパネル展示を行いますので、みなさま是非ご来場ください。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場
自由(無料)

主 催 府中市文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課

2016脱原発1日セミナー
「いのちを育み、暮らし続けられる社会をめざして」

と き 8月5日(金)9:45~16:30(開場 9:15)

ところ 婦選会館
(東京都渋谷区代々木2-21-11 TEL 03-3370-0238)

出演者 小出裕章さん(元京都大学原子炉実験所助教)=基調講演
澤井正子さん(原子力資料情報室スタッフ)
古川好子さん(原発避難者)
へびいし郁子さん(郡山市議)

その他交渉中

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
12,000円(現職議員以外は6,000円)

主 催 公益財団法人 市川房枝記念会女性と政治センター

電話03-3370-0238FAX 03-5388-4633
E-mail:fitikawa.moushikomi@fork.ocn.ne.jp
URL:www.ichikawa-fusae.or.jp

補 足 対 象:自治体議員及びその支援者、テーマに関心のある人(主に女性)

定 員:約40名(受付先着順)

お申込み:参加希望者は8/1(月)までに①参加費のお払込み、②裏面申込書などでお申し込み下さい。

今こそ平和を見つめて「ヒロシマ」

と き 8月5日(金)
15:30~17:00
19:00~20:30
開場時間 各回、開催時間30分前

ところ 座・高円寺2
東京都杉並区高円寺北2丁目1番2号

出演者 朗読:Swimmy(女性アナウンサー8名)
演奏:ヴァイオリン(曽我かおり)、ピアノ(東恵以子) 

内 容 核なき平和な世界の実現を祈り、女性アナウンサーのグループが、あの日、原爆投下の第一報を東京に知らせた記者や被爆した女性たちの証言を映像・音楽と共に朗読します。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
大人3,000円、学生2,000円、中学生以下1,000円

主 催 共催 杉並区

問合せ スイミー事務局 電話:090-7189-6567

補 足 各回248名(申込順)
Eメールまたはファクスで、催し名(今こそ平和を見つめて「ヒロシマ」、希望時間、郵便番号・住所、氏名(フリガナ)、年齢、電話番号」を書いて、スイミー事務局(Eメール:ask@swimmy.co.jp、ファクス:03-6750-4444)へ申し込んでください。

NEW
映画上映とトーク「奴隷のように生きるのはやめる!」

と き 8月5日(金)19時~

ところ 新宿ラバンデリア

出演者 小倉利丸 平井玄ほか

内 容  ギリシアでは、戦後の内戦、独裁、右派あるいは中道左派の政権の歴史とは別に、常に、民衆による自立的なコミュニティを創造する動きが移民・難民の運動と呼応して展開されてきた。「奴隷のように生きるのはやめる!」は、反緊縮、反政府運動のなかで、叫ばれるようになった合言葉。コミュニティでの自立運動を、当事者たちの言葉で再現している。この映画を通じて、日本でどうする!?を議論する場にしたい。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1ドリンクオーダー お金のある人、感動した人は 投げ銭よろしく

主 催 小倉利丸

問合せ 070-5553-5495(小倉)

補 足  緊縮策押しつけで深刻な債務危機に直⾯したギリシャ。失業と貧困のどん底に投げ込まれ⼈びとは、既成の経済システムを⾒限り、資本主義を捨て、自⽴的⽣活を模索し始めた。極右ファシストの襲撃、⺠営化の嵐、マスメディアが扇動する消費主義と闘いながら、権⼒と縁を切る新しい⾰命のかたちを描いた映画。

演習場の中心で平和を叫ぶ
第52回 矢臼別平和盆おどり

と き 8月6日(土)18:00~
前夜祭8月5日(金)18:00~

ところ 北海道別海町・矢臼別平和碑広場

内 容 演習場のどまん中から「戦争しない国づくりを!」の声をあげましょう。<雨天決行>
※前夜祭では、映像と朗読「矢臼別の50年」。焼肉交流・おどりもあります
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費:1000円
定収入のある方から頂きます。
分担金納入団体の方は不要。

主 催 矢臼別平和盆踊り総実行委員会
事務局 北海道野付郡別海町別海131-121
吉野宣和 方
tel;0153-75-2769

補 足 カンパをお寄せください。
郵便振替02740-8-9127
矢臼別平和委員会

中高生のための憲法カフェ「憲法って何だ?」

と き 8月6日(土)13:30~15:30

ところ 四日市市文化会館第1会議室
〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目5−3

出演者 講師/芦葉 甫(あしば はじめ)弁護士
【講師プロフィール】四日市市リベラ法律事務所、明日の自由を守る若手弁護士の会、秘密保護法対策弁護団、国会前見守り弁護団に参加。岩波ブックレット『秘密保護法対策マニュアル』著者の一人。

内 容 弁護士のお話&フリートーク。立憲主義って? 憲法ってどうしてあるの? 何でも聞いてみよう、話してみよう!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
中学生、高校生、18歳以下の方は参加費無料。定員20名。引率者、保護者の方の参加も受け付けますが、協力金500円を当日会場にて申し受けます。定員になり次第締め切り。

主 催 秘密保護法を考える四日市の会

http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi mail:no-yokkaichi@outlook.jp 事務局 090-2925-0138 

8・6ヒロシマ平和の夕べ 2016

と き 8月6日 15:00~17:30

ところ 本願寺広島別院
広島県広島市中区寺町1-19

内 容 ■平和講演
那須正幹(児童文学作家・広島被爆者)
ヒロシマの継承と連帯を考える
■コーディネーター
河野美代子(産婦人科医・広島被爆二世)
■リレートーク
池田精子(広島県被爆者団体協議会副理事長)
森松明季子(原発賠償関西訴訟原告団代表)
中村 周六-福島を訪ねて(浄土真宗僧侶)
■ピアノ演奏
古川悦子
詳しくはコチラ

府中市平和都市宣言30周年記念のつどい

と き 8月6日(土)12:00(正午)開場、12:30開演

ところ 府中グリーンプラザ けやきホール
〒183-0055 東京都府中市府中町1−1−1

内 容 今年度は、府中市平和都市宣言30周年の節目の年であり、市では周年を記念した事業を実施しております。
今回は30周年記念のつどいとして、朗読と映画会を開催いたします。これをきっかけに、平和について考えてみませんか?
みなさまお誘いあわせのうえ、ご来場ください。

【内容】
戦争体験談の朗読
出演:朗読グループ八重の会
小中学生の「平和ポスター作品」表彰式
映画『母べえ』上映
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場:無料・先着470名(当日直接会場へ)

主 催 府中市文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課

NEW
神田香織・講談「はだしのゲン」

と き 8月6日(土)10:20〜

ところ 野方区民ホール
(〒165-0027 東京都中野区野方5-3-1)

出演者 神田香織

内 容 戦後71年・8月6日、ゲンがよみがえる
詳しくはコチラ

参加費
入場料
全席自由(整理番号付日時指定券):2,700円(税込)

問合せ オフィス10
03(6304)8545
office10.jyu@gmai.com

補 足 ※5歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。

NEW
講演会 「呆れ果てても諦めない〜福島は沖縄から学ぼう〜」

と き 8月6日(土)14:00〜(開場13:00)

ところ 麹町教会 ヨセフホール
(〒102-0083 東京都千代田区麹町6-5-1)

出演者 神田香織さん(講談師)
福島県いわき市出身。1980年2代目神田山陽門下となる。1989年真打に昇進。ジャズ講談や一人芝居の要素を取り入れた独自の講談を次々発表。

内 容 日本カトリック平和旬間2016
8月6日(土)〜15日(月)
平和を実現する人々は幸い─フクシマ・オキナワ─
◉委員会企画◉

15:40より東京カテドラル聖マリア大聖堂(〒112-0014 東京都文京区関口3−16−15)まで平和巡礼ウォーク
18:00より平和祈願ミサ ─戦争の犠牲になったすべての方々の追悼─
詳しくはコチラ

補 足 ・手話通訳あり 
・教会内の駐車不可

NEW
演劇研修所第10期生 朗読劇「ひめゆり」

と き 8月4日(木) 19:00 小劇場
8月5日(金) 14:00/19:00 小劇場
8月6日(土) 19:00 小劇場

ところ 新国立劇場小劇場
(〒151-0071 東京都渋谷区本町1丁目1番1号)

出演者 [劇作・脚本]瀬戸口郁
[演出]西川信廣
[出演]新国立劇場演劇研修所第10期生/他

内 容 演劇研修所では、ほぼ毎年夏に朗読劇「少年口伝隊一九四五」(井上ひさし作)を上演してきました。今年は1945年太平洋戦争末期の沖縄戦における「ひめゆり学徒隊」をテーマに朗読劇「ひめゆり」を新作でお贈りします。構成・演出には西川信廣演劇研修所副所長が当たり、10期生が新たな思いを紡いでいきます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
A席2,160円、B席1,620円(税込)
学生券:上記チケット料金の半額

問合せ 新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999

NEW
8.6第2陣提訴報告・学習会「広島原爆と低線量被曝の危険」

と き 8月6日(土)19:10〜21:10

ところ 広島市まちづくり市民交流プラザ
北棟6Fマルチメディアスタジオ
(〒730-0036 広島県広島市中区袋町6-36)

内 容 学習会の話題
①広島原爆の被害の源泉に学ぶ:岡本珠代(原告)
②現在の放射線被曝モデルの基礎を成すLSS:西本喜治(原告)
③低線量内部被曝過小評価の歴史:大歳努(原告)
詳しくはコチラ

主 催 伊方原発運転差止広島裁判
「ふるさと広島を守りたい」ヒロシマの被爆者と広島市民が、伊方原発からの放射能被曝を拒否し、広島地方裁判所に提訴しました

「人らしく生きよう 国労冬物語」「フツーの仕事がしたい」労働映画百選選出記念上映&トークイベント

と き 8月7日(日)14:00開場 14:30開演 

ところ 場所 Café★Lavandería
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F TEL03-3341-4845
新宿駅東口から徒歩15分、新宿3丁目駅C8より2分

出演者 松原明 佐々木有美 土屋トカチ

内 容 百年を超え千三百数十本を数える日本の労働映画より、NPO働く文化ネットが選定した「労働映画百選」への上記2作品の入選を記念し上映会を行います。「人らしく生きよう 国労冬物語」が描く国鉄民営化と組合潰しこそ「フツーの仕事がしたい」が映す現代のブラックな状況の原点でした。
受身のままに押し流されることを拒否し戦い抜いた彼らが手にしたもの、手放さなかったもの、奪い返したものとは?
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場は無料ですが、1ドリンク注文をお願いします。また、投げ銭をお願いします。

主 催 レイバー映画を観る会

問合せ ylaur803@aol.com

補 足 プログラム
1.呼びかけ人(遠藤)の挨拶
2.『人らしく生きよう-国労冬物語』(2001年 100分)上映
3,ビデオプレス(松原さん、佐々木さん)のトークとディスカッション(20分くらい)
 ~休憩~
4,『フツーの仕事がしたい』(2008年 70分)上映
5,土屋トカチさんのトークとディスカッション(20分くらい)
 ~休憩~
6.全体での歓談(トークの延長戦?)

NEW
第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展

と き 8月3日(水)〜8月8日(月)11:00〜19:00
※最終日 17:00まで

ところ みなとみらいギャラリー 他
(神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンモール内2F)

内 容 戦争を体験していない世代(第三世代)が、"ヒロシマ"を継いでいく方法を考える企画展です。企画展タイトル名の「 」には、情報を受け取るだけでなく、自ら意志を持って過去の出来事を学び、聞き、考えて、自分なりの答えを入れてほしいという思いをこめています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料
※一部の企画はご予約優先/有料となります。

主 催 ヒロシマ「 」継ぐ展 実行委員会

月刊「マスコミ市民」主催/辛淑玉さん講演会
「ムシの目で見る日本社会」

と き 8月10日(水) 18:30~20:30

ところ 千駄ヶ谷区民会館
渋谷区神宮前1-1-10(原宿駅 竹下口 下車 徒歩6分)

出演者 辛淑玉さん

内 容 辛淑玉さんに「日本の社会って何なのか」を大いに語っていただきます。

参加費
入場料
資料代 500円

主 催 NPO法人 マスコミ市民フォーラム

問合せ TEL:03-6909-1273
メール:masukomi-shimin@nifty.com

その他 ご参加いただける方は、メールかFAXにてご連絡いただけましたら幸いです。
メール: masukomi-shimin@nifty.com
TEL:03-6909-1273
FAX:03-6909-1283

NEW
8・11のりこえ祭り3年目も本気(マジ)!

と き 8月11日(木・祝) 13:10〜

ところ 在日本韓国YMCA アジア青少年センター スペースYホール(地下)
(101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-5)

出演者 パネラー:雨宮処凛(作家)、石野雅之(差別反対東京アクション)、香山リカ(精神科医)、中沢けい(小説家)、野間易通(C.R.A.C.)、安田浩一(ジャーナリスト)
コーディネーター:辛淑玉

内 容 ◆のりこえねっと2016年度 経過報告・会計報告・予算案質疑
◆シンポジウム
「法律はできた!そして私たちは何をするのか」
◆演劇公演・きむきがんひとり芝居「在日バイタルチェック」
出演:きむきがん
スタッフ:こんきじゃ、ファンユヂャ
詳しくはコチラ

主 催 のりこえねっと
ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク-の最新情報や、活動紹介を更新していきます。

問合せ MAIL: goods@norikoenet.org
FAX: 03-55155-0383
→お問合せフォーム

ともに「資本論」を学びましょう!
福山「資本論」を読む会

と き 8月14日(日) 9:30~11:30

ところ 福山市市民参画センター2階 セミナールーム
(JR福山駅から徒歩6分)

内 容 読む会では、マルクス「資本論」を読み合わせ、疑問点を出し合いながら、みんなで検討します。8月は第1巻第1篇第2章「交換過程」を読んでいく予定です。初めての方も最初の第1章からの説明もありますので安心してご参加ください。ぜひ一緒に学びましょう。

参加費
入場料
150円(資料・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 携帯:090-9993-9744 伊藤
Eメール:white47k@mx1.kcv.ne.jp

NEW
のざわゆきお 風刺漫画展

と き 8月18日(木)〜9月3日(土) 12:00〜18:00 (日曜休)

ところ 札幌アリアンス・フランセーズギャラリー
(札幌市中央区南2条西5丁目10-2 南2西5ビル2F)

内 容 米軍を題材にした風刺画10点の展示
例(集団的自衛権、日米共同訓練、沖縄、イラク戦争など)

参加費
入場料
無料

主 催 のざわゆきお

問合せ tel/fax 011-738-5506

補 足 語学教室の廊下スペースでの展示なので、静かに鑑賞願います。
最終日は、17:00終了です。

映画上映・亀井文夫監督「流血の記録・砂川」

と き 8月12日(金)~19日(金)まで(月曜休館)
第1回:10:30、第2回:12:30、第3回:14:00、第4回:15:30

ところ 府中市美術館講座室


〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)

内 容 砂川闘争を記録した戦後社会派ドキュメンタリーを代表する作品(1957年、56分)
詳しくはコチラ

問合せ 府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp

補 足 参加方法:当日直接会場へ
注記:当初告知していた毎時30分からの上映時刻が変更になりました。

NEW
天皇の元首化と緊急事態条項批判ードイツナチズムの検証をとおして

と き 8月20日(土)13:00~17:00

ところ 北海道クリスチャンセンター 5階 チャペル(札幌市北区北7条西6丁目)

出演者 池田浩士さん(京大名誉教授)

内 容 安倍政権は野党を巻き込んで、「緊急事態条項」新設から部分的憲法改悪に手を付けようとしています。第1次大戦後の民主主義を強調したヴァイマル憲法下で、どのようにしてヒトラーのナチズム支配ができたのかを、天皇元首化と緊急事態条項との関連で検証します。討論にご参加ください。

参加費
入場料
千円

主 催 憲法改悪に反対する講演実行委員会

問合せ tel/fax 011-375-9711

平和をねがう中央区民の戦争展

と き 8月27日(土)~28日(日)
1日目は13:00~20:30,2日目は10:00~16:00

ところ 月島社会教育会館4階ホール(地下鉄有楽町線・大江戸線 月島駅10番出口10分)
〒104-0052 東京都中央区月島4丁目1-1

内 容 講演会
27日18:30~20:30「日本国憲法が危ない」
   講師=川上詩朗弁護士(日弁連憲法問題対策本部事務局長)
28日13:00~15:00
   講師=宮城栄作さん(沖縄タイムス東京支社報道部長)
特別展示「一日本兵が撮った日中戦争 村瀬守保写真展」など
  

参加費
入場料
無料

主 催 平和をねがう中央区民の戦争展実行委員会

問合せ 090-4077-2282福田 k-fukuda135@r7.dion.ne.jp

補 足 講演及び展示で、憲法と沖縄の基地問題について来場者と考えたいと思います。18歳選挙権が実施されるため、中高校生の来場に期待し、わかりやすい内容に心掛けるつもりです。

『日本鬼子 日中15年戦争 元皇軍兵士の告白』上映会&監督トークライブ

と き 8月28日(日)14:00~(第1回上映)18:30~(第2回上映)

ところ 武蔵野プレイス4階フォーラム(JR中央線・西武多摩川線武蔵境駅南口徒歩1分)

出演者 監督 松井稔さん

内 容 『日本鬼子 日中15年戦争 元皇軍兵士の告白』 〜あなたは、本当の戦争を知っていますか?  何をされたかではなく、何をしたか~
日中15年戦争で、中国大陸にいた元日本軍兵士14名が戦地での残虐な加害行為を淡々と語る衝撃的なドキュメンタリー。

第一回上映 14時 (開場13時20分)
第二回上映 18時30分(開場16時40分ごろ・第一回上映終了後)

幕間(17時~18時)に松井稔監督のトークライブ
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場料:一般1000円(前売800円)
中・高校生500円(前売・当日とも)

主 催 「日本鬼子」武蔵野上映実行委員会・むさしの科学と戦争研究会

問合せ 080-3157-1858(鳥居)

補 足 前売券をご希望の際は、どうぞ問い合わせ先へご連絡ください。

NEW
ともに「資本論」を学びましょう!
福山「資本論」を読む会

と き 8月28日(日)13:00~16:00

ところ 福山市市民参画センター2階セミナールーム
(福山駅から徒歩6分)

内 容 読む会では、マルクス「資本論」の邦訳テキストを読み合わせ、みんなで一緒に検討しながら進めていきます。8月は、第一巻第一編第二章「交換過程」を読んでいく予定です。初めての方も最初からの説明もありますので安心してご参加ください。ぜひ一緒に学びましょう。

参加費
入場料
150円(資料代・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 携帯:090-9993-9744 伊藤
メール:white47k@mx1.kcv.ne.jp

NEW
現在戦争画展

と き 8月5日(金)〜8月28日(日)
13:00〜20:00 ※休廊 : 水曜、木曜

Opening Party : 8月5日(金)18:00〜20:00

ところ TAV GALLERY
(東京都杉並区阿佐谷北1-31-2/ TEL: 03-3330-6881)

出演者 出展 : 会田誠、亜鶴、エザキリカ、遠藤一郎、岡村芳樹、金藤みなみ、桜井貴、佐古奈津美、笹山直規、じゃぽにか、白藤さえ子、谷原菜摘子、TYM344、戸泉恵徳、中島晴矢、中山いくみ、根本敬、ハタユキコ、林千歩、藤城嘘、布施琳太郎、牧田恵実、李晶玉
キュレーター : 笹山直規

内 容 美術家、笹山直規がキュレーターを務め、総勢23名の現代アーティストが参加する企画展「現在戦争画展」を、8月5日 (金) から8月28日 (日) まで開催します。
また、会期中、毎週土曜日の夕方から4組のグループに分かれてアーティスト・トークを開催予定です。各々の出品作品についての解説を中心としたフリートークにも、是非ご来場ください。
詳しくはコチラ

『市民がたどる調布の女性史』を知っていますか?
身近な歴史を知って、いまを考え、未来に目を向けよう

と き 8月30日(火)13:30~16:00

ところ 調布市文化会館たづくり8階映像シアター

出演者 田中優子さん(法政大学総長・江戸文化研究者)

内 容 市民が中心となって編纂し、調布市男女共同参画センターの企画により昨年9月に刊行された『凛として 市民がたどる調布の女性史』。これを記念した、田中優子さんによる講演会「身近な歴史を知って、いまを考え、未来に目を向けよう」。後半は、聞き書きに協力された市民の方を交えての車座トークも予定しています。

参加費
入場料
入場無料(定員100名・当日先着順)

主 催 『市民がたどる調布の女性誌』を読む会

後 援 調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター
国立大学法人電気通信大学社会連携センター

問合せ 050-3703-5670(林)

特別企画 『私の八月十五日展』マンガ家・戦争体験者 〜あの日の記憶

と き 7月19日(火)~8月31日(水)

ところ ピースあいち 3F 展示室
〒465-0091 愛知県名古屋市名東区よもぎ台2丁目820

内 容 【主な展示作家名】赤塚不二夫、井上のぼる、永六輔、海老名香葉子、黒柳徹子、早乙女元、サトウサンペイ、里中満智子、 高倉健、ちばてつや、松本零士、水木しげる、山田洋次、多田ヒロシ、やなせたかし、森田拳次
詳しくはコチラ

参加費
入場料
◇大人500円 ◇小中高生200円
※入館料 (大人 300円/小中高生 100円) を含みます。

NEW
「日本と原発4年後」上映会

と き 9月3日(土)①10:00〜12:20 ②13:30〜15:50

ところ 保土ケ谷公会堂(横浜市保土ケ谷区星川1-2-1)
※相鉄線星川駅北口徒歩3分

出演者 1回目と2回目の間に河合弘之監督のお話があります。
(12:30〜13:10)

内 容 この映画は弁護士が作ったドキュメンタリー映画で、原発の仕組み、歴史、それを支える日本の社会構造、否定する人・推し進める人、そして避難生活を送る人たちを描きながら、原発の実情を解き明かしています。被災者の現状が見えにくくなり、自然災害やテロの脅威もあるなか、原発再稼働の動きが進んでいます。
私たちは命と暮らしを守るために、もう一度原発を考えてみませんか。

参加費
入場料
前売り800円 当日900円 中高生500円

主 催 認定NPO法人 WE21ジャパン・ほどがや
認定NPO法人 WE21ジャパン・旭

問合せ WEショップほどがや・星川店 045-334-5140

現地探訪会「砂川闘争の現場を歩く」

と き 9月4日(日)13:00~16:00

ところ 立川市砂川学習館ほか
〒190-0031 立川市砂川町1-52-7 電話042-535-5959
JR「立川」駅北口バスターミナル1からバス(瑞穂営業所、三ツ藤住宅、イオンモール、武蔵村山市民会館、箱根ヶ崎駅行)で「砂川四番」下車すぐ。または多摩モノレール「砂川七番」駅から五日市街道を西に徒歩約20分

出演者 星紀市(砂川を記録する会)・武居利史(府中市美術館学芸員)

内 容 府中市美術館常設展特集「燃える東京・多摩 画家・新海覚雄の軌跡」関連企画。画家も参加した砂川闘争の現場を歩き、体験者の方の話などを聞く
詳しくはコチラ

問合せ 府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp

補 足 8月25日(木曜日)まで(当日消印有効)に、往復はがき(1人1枚)に住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、返信用あて名を記入して、当館「砂川」係へ/FAXまたは電子メール可/
注:当初現地集合と告知していましたが、事前申込みをしていただくことにしました。

「コンサートと講演のつどい」

と き 9月11日(日)13:00~16:30

ところ ウェスタ川越・大ホール
(埼玉県川越市新宿町1-17-17)

出演者 ①コンサート;松本克巳(Vn) 隈倉麦(Fl) 相馬泉美(Pf)
②講演;アーサー・ビナード

内 容 第一部 コンサート「三つの薔薇によせて」
 曲目;坂本弁護士一家追悼曲「愛と哀しみのソナタ」他
 出演;松本克巳(Vn) 隈倉麦(Fl) 相馬泉美(Pf)
第二部 講演「この国のこれからを本気で考えましょう」
       -アメリカの51番目の州になりますか?-
 講師;アーサー・ビナード(詩人)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
999円(中高生 500円)

主 催 「九条の会」かわごえ連絡会

後 援 川越市・川越市教育委員会

協 力 埼玉県西部地域の20の「九条の会」

問合せ 川越「九条の会」事務局 090-6542-3952(勝俣)
ブログ;https://kawagoe9jyounokai.wordpress.com/

常設展特集「燃える東京・多摩 画家・新海覚雄の軌跡」

と き 7月16日(土)~9月11日(日)
休館日:月曜日、7月19日(火)
10:00~17:00(入場16:30まで)

ところ 府中市美術館常設展示室
〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地

出演者 7月23日(土曜日)、8月7日(日曜日)、9月10日(土曜日)午後2時から武居利史(学芸員)ギャラリートーク
8月28日(日曜日)午後2時から鳥羽耕史(早稲田大学文学学術院教授)講演会
8月27日(土曜日)午後2時から狩野愛(アートアクティヴィズム研究)トーク

内 容 東京・多摩地域で社会運動と結びついて熱く展開された美術の歴史を発掘する企画として、新海覚雄(しんかい かくお)(1904-68)の画業を紹介します。戦後社会派を代表する画家として、東京・多摩の平和・労働運動に足跡を残した新海覚雄の知られざる軌跡を、油彩・水彩・素描・版画・ポスターなど約70点でたどります。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
一般200円(150円)、高校・大学生100円(80円)、小・中学生50円(30円)
( )内は20名以上の団体料金

主 催 府中市美術館

小出裕章さん講演会 原発の真実と未来への価値観「100年後の人々へ」社)日本アンチエイジングフード協会2周年記念講演

と き 9月17日(土) 開場13:15 開演14:00~

ところ 東京ウィメンズプラザ ホール
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目3−67

出演者 講師紹介:小出裕章(こいで ひろあき)さん
1949年、東京生まれ。元京都大学原子炉実験所助教。

内 容 「原発なんて関係ない。」、そう思っているあなたにこそ聞いていただきたい講演です。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場料;大人3,000円 高校生1,000円 中学生以下無料

主 催 社)日本アンチエイジングフード協会

補 足 ※キャンセルポリシー 一度ご購入いただいたチケットは払い戻しできませんのでご注意ください。
※託児室の設備はございません。

木村草太講演会

と き 10月22日(土)18:00開場 18:30開演〜20:30

ところ 神奈川県民センターホール

出演者 木村草太(首都大学東京大学院社会科学研究科法学政治学専攻・都市教養学部法学系教授)

内 容 日本国憲法

主 催 木村草太講演会実行委員会

協 力 9条の会 戸塚区協議会

マガ9のメルマガ
メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓

マガ9のブログパーツ
マガ9ブログパーツ

「マガジン9」の更新項目がまるわかり!ぜひ、あなたのブログにも設置してください。

マガ9のコンテンツ

  • – 特別企画 –
  • 「希望のエリア」のあきらめない人々
  • 2012年憲法どうなる?どうする?
  • 2016年 参院選挙を考える
  • B級記者どん・わんたろうが「ちょっと吠えてみました」
  • イェダりんの“リベルテ”を探して!
  • おしどりマコ&ケンの「脱ってみる?」
  • カエルの公式
  • こちら編集部
  • この人に聞きたい
  • つながって考えよう
  • ニッポンの社長インタビュー
  • ひとみの紐育(ニューヨーク)日記
  • ぼくらのリアル☆ピース
  • マガ9スポーツコラム
  • マガ9タイムス
  • マガ9レビュー
  • マガ9備忘録
  • マガ9学校 参加者募集
  • マガ9学校やりました。
  • マガ9対談
  • みんなのこえ
  • わたしたちの日韓
  • 三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記
  • 下北半島プロジェクト
  • 世界から見た今のニッポン
  • 中島岳志の「希望は、商店街!」
  • 伊勢崎賢治の平和構築ゼミ
  • 伊藤塾・明日の法律家講座レポート
  • 伊藤真のけんぽう手習い塾
  • 原発のある地域から
  • 原発震災後の半難民生活
  • 女性が動けば変わる!
  • 女性と政治と社会のリアルな関係
  • 小石勝朗「法浪記」
  • 川口創弁護士の憲法はこう使え!
  • 憲法24条を考える
  • 映画作家・想田和弘の観察する日々
  • 時々お散歩日記
  • 木内みどりの「発熱中!」
  • 松本哉ののびのび大作戦
  • 柴田鉄治のメディア時評
  • 森永卓郎の戦争と平和講座
  • 沖縄・ゆんたくるー便り
  • 注目!安保法制違憲訴訟
  • 渡部建具店の日々
  • 癒しの島・沖縄の深層
  • 立憲政治の道しるべ
  • 被災地とつながる
  • 鈴木邦男の愛国問答
  • 集団的自衛権を考える
  • 雨宮処凛がゆく!
  • 風塵だより