お知らせ

掲載をご希望の方は
こちらの
掲載依頼フォーム
から
お願いします。

NADiff Window Gallery vol.47 開発好明 「政治家の家ドキュメント」

と き 2月28日(火)〜3月26日(日)
月曜日定休 ※月曜が祝日の場合は翌日
2月28日(火)に限り営業時間15:00〜20:00

ところ NADiff A/P/A/R/T
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4

内 容 東京電力福島第一原発事故から一年後、原発から二十キロ圏のすぐ外に「政治家の家」という小屋型の立体アートを制作した芸術家の開発好明(よしあき)さん(50)=横浜市中区=が、事故から六年たつのを前に政治家の家を建て替えた。
東京都渋谷区恵比寿のアートショップ「ナディッフアパート」で、取り壊した古い政治家の家の木材や写真を展示・販売する
詳しくはコチラ

補 足 TALK EVENT
2017年3月11日[土] 14:00-16:00
「福島のことうちとそと」
出 演=川延安直(福島県立博物館 学芸員)、開発好明
会場:NADiff a/p/a/r/t 店内
定員:50名
入場:1,000円

パレスチナ・沖縄からあなたへ

と き 3月26日(日)14:00~(開場13:30)

ところ らくだ&TUBO
(世田谷区南烏山6-8-7 楽多ビル2F 03-5313-8151 京王線千歳烏山駅下車徒歩3分)

出演者 高橋美香さん(写真家)

内 容 写真家の高橋美香さんは20代の頃からパレスチナに通い、主に二つの地域の二つの家族を中心にその日常を撮影してきました。
また、高橋さんは沖縄にも通い、「チビチリガマ世代を結ぶ平和の像」の作者である彫刻家・金城実さんと親交を重ねています。
パレスチナと沖縄、この二つの場から、高橋さんに映像とお話で伝えてもらい、参加者の皆さんとともに今を考えたいと思います。

参加費
入場料
800円

主 催 今とこれからを考える一滴の会

問合せ 今とこれからを考える一滴の会 03-5313-1525またはhitosizukunokai@gmail.com

補 足 (高橋美香さんからのコメント)2000年よりパレスチナに足を運び続けています。居候として暮らしたのは、パレスチナの典型的な農村と難民キャンプ。ふたつの「家族」のもとで見えた暮らしのなかにある「占領」と抑圧の日常のお話をします。
ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/mikairvmest

中高生むけ春休み人権セミナー 人権×多様性×リアルな現実をどう生きるか?

と き 3月26日(日)14:00〜17:00(開場13:30)

ところ 玉川聖学院(自由が丘) 第5会議室

出演者 一般社団法人ReDEMOS代表理事 奥田 愛基氏、日本国際ボランティアセンター(JVC)
アフガニスタン事業担当 加藤 真希氏、ヒューマンライツ・ナウ事務局長/弁護士 伊藤 和子氏、

内 容 「人権」って一体何でしょう。自由に人生を選択することができる、私たちひとりひとりの生活にとって実はとても大切なものです。中高生むけに、春休みに人権についての特別セミナーを開くことになりました。学校の授業やニュースだけではわからない、私たちに身近な人権問題について楽しく学んでみませんか?
詳しくはコチラ

参加費
入場料
中高生500円 関係者・保護者1000円 大学生(中高生優先ですがご相談ください参加費1000円)

主 催 認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)

協 力 玉川聖学院

問合せ 03-3835-2110

ともに「資本論」を学びましょう!
福山「資本論」を読む会

と き 3月26日(日)13時~16時

ところ 福山市市民参画センター2階 セミナールーム
   (福山駅から徒歩6分)

内 容 今回から、第3章「貨幣または商品流通」に入ります。これまで、商品と商品生産(第1章)、および商品の交換過程(第2章)の分析をとおして、貨幣の成立とその根拠を明らかにしました。第3章では、商品流通とそこで貨幣がはたす積極的な諸機能が総合的に分析されます。

参加費
入場料
250円(資料・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 携帯:090-9993-9744 伊藤
メール:white47k@mx1.kcv.ne.jp

軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会
2017年お花見ウォーク「人骨発見現場を歩く」

と き 3月26日(日)12:50集合、13:00出発、17:00過ぎ頃終了予定

ところ JR高田馬場駅戸山口改札口集合

内 容 1989年に国立予防衛生研究所(現国立感染症研究所・軍医学校址)で発見された人骨の発見現場とその周辺の新宿の戦争遺跡を巡るフィールドワーク。
戸山ヶ原射撃場址、近衛騎兵連隊兵舎、陸軍戸山学校址、陸軍砲工学校址、臨時東京第一陸軍病院址等を巡り、最後に陸軍軍医学校址及び人骨発見現場を訪ねる。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会
問い合わせ先:080-3157-1858(鳥居)
E-mail:jinkotsu731@yahoo.co.jp

20世紀と女性の人生第1回
「戦争と20世紀の女性」

と き 3月26日(日)14:00~16:00

ところ スペースナナ
〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-21-11

出演者 国広陽子さん(女性学)
BBC制作のドキュメンタリーシリーズ「EXTRAORDINARY」の日本語字幕を監修

内 容 様々な分野で活躍した女性の軌跡を描く映像などをみながら、女性の生き方について話し合いましょう。第1回のテーマは「戦争と20世紀の女性」。映画「マイフェアレディ」で有名なハリウッド女優オードリー・ヘップバーンの人生をたどります。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,000円(お茶付き)
※会場費・機器レンタル費、印刷費、お茶代として1,000円をご負担ください。(DVD上映料無料)

主 催 女性のライフヒストリーを語る会

問合せ TEL:045-482-6717
Fax:045-482-6712
E-mail:info@spacenana.com

補 足 第2回目は5月21日、第3回目は6月18日です。第2回は、性差別が当たり前だった19世紀、イタリアで初めての女性医学博士号を取得し、子どもの自主性を重んじる『モンテッソーリ教育』を生み出したマリア・モンテッソーリ、第3回は、近代中国史に大きな影響を与えた宋家の三姉妹のうち、蒋介石と結婚し、近代中国の発展に尽力した宋美齢を取り上げます。

NEW
清水潔 沖縄講演会 知ろうとしないことは罪だ

と き 3月26日(日)15:15~17:00

ところ 沖縄県男女共同参画センター【てぃるる】
沖縄県沖縄県那覇市西3-11-1

出演者 清水潔氏
1958年東京都生まれ、日本テレビ報道局記者・解説委員
著書:『桶川ストーカー殺人事件:遺言』
『殺人犯はそこにいる:隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』
『騙されてたまるか 調査報道の裏側』
『「南京事件」を調査せよ』

青木俊氏
1958年横浜出身、作家
著書:『尖閣ゲーム』

内 容 ジャーナリズムの教科書と呼ばれた清水潔氏を招いて真実とは何かを語ります。
ジャーナリストを目指す人、本当の真実とは何か?を知りたい人。今の情報社会で何が嘘か何が本当か知りたい人は是非ともご参加ください。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 BS@もてもてラジ袋
080-6497-3848  

後 援 沖縄タイムス
琉球新報

補 足 定員:400名

NEW
3.11「太陽の蓋」上映&避難者のお話

と き 3月26日(日)12:50~17:00

ところ 阿佐谷地域区民センター 第4・5集会室

住所: 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-47-17

内 容 3・11、あの日官邸内では何が起きていたのか? 当時の閣僚たちが実名で演じます(出演:三田村邦彦・北村有起哉・袴田吉彦ほか)。取材などに基づくジャーナリスティック・ドラマ。また、2部では福島から避難した方のお話を聞きます。避難の現実は?
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費:500円

主 催 とーと会 ブルーヘブン

問合せ 東都生活協同組合 杉並センター 03-5384-7501

NEW
沖縄の この国の 現実から 今 汲み出す「もの」は・・・

と き 3月26日(日)12:00〜15:00

ところ 明星学園小・中学校 いちょうのホ-ル
(三鷹市井の頭5-7-7)

出演者 比嘉 靖 先生(名桜大学講師:名護市在住)

内 容 今、沖縄で、この国で、そして現実の世界で、あなたに、私に、世界の人々に、どんな事(何)が問われているのだろう。聞き合って、探り合って、語り合って…、あなたにとって、私にとって、集い合ったみんなにとって、足元(直近)から“幸せになる”術(理念と方途)はあるか、探ってみませんか。

参加費
入場料
無料(カンパ制)、事前申し込み不要

主 催 へいわのたねをさがす明星学園の会

問合せ myojo_heiwanotane@yahoo.co.jp

補 足 託児はございませんが、小さなお子様をお連れでも参加OKです。

集会「放射能汚染防止法」制定に向けて

と き 3月27日(月)13:00~15:30 
(12:30からロビーにて通行証を配布いたします)

ところ 衆議院第二議員会館第一会議室(定員80名)
〒100-0014東京都千代田区永田町2丁目1-2 
東京メトロ・永田町駅:1番出口徒歩3分 
国会議事堂前駅:1番出口徒歩3分

内 容 3・11のあと、環境基本法の除外規定はなくなり、放射性物質も環境基本法のもとにおかれるようになりましたが、具体的な規制手法は整備されず、「特別扱い」は続いています。このたび「放射能汚染防止法」制定を提言されている山本行雄弁護士をお招きし、院内集会を開催します。どなたでもご参加いただけます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 FoE Japan

問合せ FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
Tel:03-6909-5983
Fax:03-6909-5986
Email: finance@foejapan.org

補 足 申し込みはオンラインフォームまたは、ファックスかメール、お電話にて。件名を「3・27放射能汚染防止法集会参加」として、ご氏名、ご連絡先電話、ご連絡先E-mailをお知らせください。

第19回メディア情報リテラシー教育研究会
ヘイトスピーチ・ヘイトニュースとメディア情報リテラシー

と き 3月25日(土)14:00~17:00

ところ 法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー3F マルチメディアスタジオ
〒102-8160 東京都千代田区富士見2−17−1

内 容 第一部では神奈川新聞のデスクの神奈川新聞 デジタル編集部編集委員の石橋学氏と東京新聞の鈴木賀津彦氏からヘイトニュースについて述べてもらいます。また、コメンテーターの法政大学坂本旬教授は、メディア情報リテラシー教育の観点からヘイトスピーチ・ヘイトニュース問題について述べます。
第二部では、質疑応答、論議をしたいと思います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料 

主 催 一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
法政大学図書館司書課程

税金カフェ【公正な税制を求める市民連絡会】

と き 3月28日(火)18:30〜20:40(開場17:30)

ところ キイトス茶房
新宿区箪笥町25野吾ビル2F
TEL 03-5206-6657
大江戸線「牛込神楽坂」A1出口徒歩1分
東西線「神楽坂」2番出口徒歩5分
http://kiitosryo.blog46.fc2.com/

出演者 ◆第1部「立憲主義と人権から考える公正な税制とは」
講 師:宇都宮 健児 氏
 弁護士。公正な税制を求める市民連絡会 共同代表
 著書に『自己責任論の嘘』『悪と闘う』他多数

◆第2部「公平な税金の集め方をみんなで考えてみよう」
講 師:内田 麻由子 氏
 税理士。内田麻由子会計事務所代表
 公正な税制を求める市民連絡会 税金カフェ担当

内 容 「税金ってなんだかムズカシそう・・・」「税金のことなんて知らなくてもいい?」
いえいえ、税金は、憲法と同じように、わたしたちの生活に密接にかかわっています。
税について考えることは、わたしたちの暮らしを考えることなのです。

「立憲主義と人権から考える公正な税制とは?」「公平な税金の集め方は?」
お茶を飲みながら、弁護士の宇都宮健児さん&税理士の内田麻由子さんと、楽しく税金について学び、語り合いましょう。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1500円(ワンドリンク付き。当日会場にて)

主 催 公正な税制を求める市民連絡会

問合せ お申込みはEメールにて、info@n-sk.org(内田)へ。

補 足 定員:30名(先着順)

岸政彦×上間陽子 刊行記念トークイベント

と き 3月28日(火)19:30~

ところ ジュンク堂 池袋本店
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目15−5

出演者 岸政彦(きしまさひこ):1967年生まれ。社会学者
上間陽子(うえまようこ):1972年、沖縄県生まれ。琉球大学教育学部研究科教授

内 容 沖縄の夜の街に生きる女性たちへの聞き取りをまとめた『裸足で逃げる』。
著者の上間さんは、調査対象者の女性一人ひとりと丹念に時間を重ねることで、彼女たちの抱える貧困や暴力などの問題と向き合っていきます。
今回のイベントでは、社会学者で、熱烈な推薦のコメントをいただいた岸政彦さんをお招きして、ひとの語りを聴くことや沖縄での調査のことなど、お二人にお話しいただく予定です。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。

問合せ ジュンク堂書店池袋本店
TEL:03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5

補 足 ※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111)

NEW
天竜川上流が放射性廃棄物で汚される?!

と き 3月29日(水)18:00~20:00

ところ 浜松市福祉交流センター43会議室(静岡県浜松市中区成子町140-8)

内 容 1.宮田村に計画される処分場計画の概要:信州大学 茅野 恒秀氏
2.反対運動の経緯、状況:宮田の環境を守る会、放射能を含む廃棄物から子供たちと大久保の自然を守る住民の会
3.地方自治体への働きかけ:放射能拡散No!ネットワーク 
4.ディスカッション
詳しくはコチラ

参加費
入場料
300円

主 催 駒ケ根の環境を守る会、浜岡原発はいらない浜松の会、国際環境NGO FoE Japan 宮田の環境を守る会、放射能を含む廃棄物から子供たちと大久保の自然を守る住民の会

協 力 放射能拡散No!ネットワーク、さよなら浜岡原発・焼津市民の会

問合せ 駒ケ根の環境を守る会(担当:柳井)
E-mail: kmgnkankyo@gmail.com
Facebook: http://on.fb.me/1PwJsK1

補 足 定員40名
こちらのフォームからお申し込みください

NEW
監視社会を考える連続学習会 第4回
共通番号(マイナンバー)と個人番号カード

と き 3月29日(水)18:30〜21:00

ところ 文京区民センター 2-A会議室
(文京区本郷4-15-14/都営地下鉄「春日駅」または東京メトロ「後楽園駅」)

出演者 清水勉さん(弁護士)

内 容 監視社会化を考えるとき、共通番号(マイナンバー)と個人番号カードの問題は、秘密保護法・盗聴法の拡大・共謀罪に比べてその扱いが低いのはなぜでしょうか。今回の学習会では監視社会形成にとって番号とカードの果たす役割を考えていきます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 共催 共通番号いらないネット、盗聴法廃止ネットワーク、「秘密保護法」廃止へ!実行委員会

問合せ 電話 080-5052-0270(担当:宮崎)

補 足 ▼監視社会を考える連続学習会 今後の予定
第5回 2017年5月下旬 「改悪盗聴法廃止へ!」
第6回 2017年7月下旬 「東京オリンピックと市民監視強化」

第3回むさしの平和のための戦争展「写真が語る侵略戦争 村瀬守保写真展」

と き 3月31日(金)17:00〜4月3日(月)19:00

ところ 武蔵野プレイス(JR中央線・西武多摩川線武蔵境駅南口駅前)

内 容 村瀬守保は1937年7月に召集され、輜重兵として中国大陸を2年半にわたり転戦。カメラ2台を持ち、中隊全員を撮影することで、非公式の写真班として認められ、約3000枚の写真をのこしました。
それは、日本兵の日常を克明に記録し、戦争の実相をリアルに伝えるものでありました。一方、その中には南京事件の虐殺現場や「慰安所」など、否定できない侵略の事実も映し出されています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
◯村瀬守保写真展
入場無料(展示解説資料は500円)

主 催 「むさしの平和のための戦争展」実行委員会・むさしの科学と戦争研究会

問合せ 080-3157-1858(鳥居)
nusashinosensouten@gmail.com

補 足 ◯「陸軍登戸研究所」上映会
楠山監督トークあり
4月1日(土)14:00〜19:30(受付開始13:30)
◯講演会
南京百人斬り訴訟の顛末
講師 穂積剛さん(弁護士)
4月2日(日)14:00〜16:30(受付開始13:30〜)

NEW
院内集会&政府交渉
原子力防災・避難計画/安定ヨウ素剤の事前配布を求めて

と き 3月31日(金)院内集会 13:30~15:30/政府交渉 15:40~17:10(予定)

ところ 参議院議員会館B107
〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目1−1
(13:00から1階ロビーで入館証配布)

出演者 ゲスト:玉山ともよさん(篠山市原子力災害対策委員会 市民委員)、石地優さん(福井県若狭町 安全なふる里を大切にする会)、菅野みずえさん(浪江町から兵庫に避難)、鹿児島、鳥取、茨城、関西、東海等、各地から参加します

内 容 院内集会で各地の活動を交流し、政府交渉を行います。30キロ圏外で独自に事前配布を進めている篠山市の取り組み、事前配布を求める福井や鹿児島、鳥取、茨城、関西、東海等の活動を交流し、問題点を明らかにして政府交渉を行います。
再稼働反対と安定ヨウ素剤事前配布を求めていきましょう。
ぜひ、ご参加ください。
この企画は、福島みずほ参議院議員にお世話になっています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 川内原発30キロ圏住民ネットワーク/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/ふるさとを守る高浜・おおいの会/グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/避難計画を案ずる関西連絡会/FoE Japan/グリーンピース・ジャパン/福島老朽原発を考える会/原子力規制を監視する市民の会他(調整中)

問合せ 090-8116-7155阪上まで

第1回 日本軍「慰安婦」博物館会議

と き 4月1日(土)13時半〜

ところ 在日本韓国YMCA・地下スペースYホール
(〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2丁目5−5)

内 容 日本では、2005年にアクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)が開館して11年が経ちました。しかし、安倍政権下で「慰安婦」に関する事実の否定や捏造が一層激しさを増すなかで、加害国日本の市民こそ、「慰安婦」の事実を学ぶ必要があると思います。そこで「慰安婦」などなかったことにしようとする風潮への批判も込めて、「第1回日本軍『慰安婦』博物館会議」を日本で開催します。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円

主 催 第1回 日本軍「慰安婦」博物館会議実行委員会

問合せ アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)気付
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F

補 足 <賛同金>
団体:5000円  個人:1000円

<振込先>
郵便振替口座: 00110-2-579814  名称 女たちの戦争と平和人権基金
銀行口座: 三菱東京UFJ銀行渋谷支店 普通口座 3345859
特定非営利活動法人 女たちの戦争と平和人権基金

かながわロックの会 立ち上げ集会
(衆院選神奈川6区 横浜市保土ヶ谷区・旭区)

と き 4月1日(土)18:40開演(18:20開場)

ところ 横浜市保土ヶ谷区 岩間市民プラザ・4階ホール
〒240-0004 横浜市保土ケ谷区岩間町1-7-15 TEL 045-337-0011 ※相鉄線「天王町」駅下車 徒歩2分

出演者 小林 節 氏(慶応大学名誉教授・憲法学者・弁護士)

内 容 衆院選神奈川6区 横浜市保土ヶ谷区・旭区における、市民グループ「かながわロックの会」の立ち上げ報告集会です。
「市民と野党の協力で 新しい政治を創ろう!」をスローガンにあげ、市民と野党の統一候補を求めます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 かながわロックの会
Eメール:kanagawa.rokku@gmail.com
☎:090-2634-5976 (須藤)

問合せ Eメール: kanagawa.rokku@gmail.com
☎:090-2634-5976 (須藤)

NEW
「太陽の蓋」上映会と3・11避難者のお話会@大阪

と き 4月1日(土)11:30~受付開始/12:00~15:00頃上映とおはなし会

ところ ソルトバレー芦原橋
〒556-0025 大阪府大阪市浪速区浪速区浪速東1丁目2−3

内 容 「太陽の蓋」の上映会を大阪で開催します。
東日本大震災から6年たった今、震災のことも原発のことも忘れてはいけないし、まだ何も解決していないと思います。この映画を通じて改めてたくさんの人に真実と向き合ってほしいとおもっています。
上映後には東日本大震災避難者の会(Thanks&Dream)代表の森松明希子さんをゲストに迎え、お話会も予定しています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
料金:2000円

※この上映会はいのち紡ぐわたしたちのイベントの一環として開催致します。イベント自体の入場料として別途500円を頂戴しています。

補 足 ※誠に恐れ入りますが上映会へのお子様のご入場は御断りしています。しかし「いのち紡ぐわたしたち」イベント自体はお子様大歓迎です。お子様向けのイベントもご用意していますので、お連れ様にお子様をお預けの上、ご鑑賞くださいますようよろしくお願いします。

日本国憲法施行70周年連続講座「平頂山事件の時代と今の時代を比較して~戦前の教育と戦争」

と き 4月3日(月)18:30~20:30

ところ 中央区立月島区民館3階(有楽町線・大江戸線月島駅9番出口2分)

出演者 堀尾輝久さん(東京大学名誉教授・教育学者)

内 容 戦前、日本では「皇民教育』が徹底され、「お国のためなら命は惜しくない」と叩き込まれ、実際に多くの犠牲者を出しました。
奇しくも今、「教育勅語」を暗唱させる幼稚園が問題になっています。教育と戦争の結びつきについて、堀尾先生から興味深いお話がいただけると思います。

参加費
入場料
資料代500円(高校生以下無料)

主 催 撫順から未来を語る実行委員会

問合せ 090(4077)2282福田

NEW
NPO法人小平こども劇場
忘れない3.11鑑賞活動第4弾公演
高坂さとし一人語り 「いのり」

と き 4月4日(火)15:00~/19:00~(2回公演)

※開場は各回とも30分前から行います。

ところ ルネこだいら レセプションホール
〒187-0041 東京都小平市美園町1丁目8−5
西武新宿線小平駅南口から徒歩3分
※駐車場はございませんのでご来場の際は電車・バスをご利用ください。

出演者 高坂さとし アート企画陽だまり 俳優

劇団風の子で幼稚園・保育園・学校をはじめ全国各地を巡演。その後アート企画陽だまりを設立。3.11以降、復興支援の公演や活動を積極的に展開。

内 容 未曾有の東日本大震災から6年が経ちます。被害にあった子どもたちが避難した移住地でいじめや差別にあっています。私たちにできることは何か?作品に触れることで日常生活からふと立ち止まり被災地(者)を想い考え、行動する人が広がることを願い企画しました。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
大人1800円

学生1000円

子ども(6-17歳)800円

※5歳以下入場不可

主 催 NPO法人小平こども劇場

TEL&FAX 042-347-7211

子どもたちが子ども時代を豊かに過ごし自分らしく生きていけるように、芸術文化活動や自然体験活動、あそびや創造的活動を行い、文化豊かな環境づくりをすすめています。

補 足 申し込み方法:事務局までお電話またはFAXください。
申し込み締め切り:残席があれば当日可

「安保法制廃止・立憲主義回復をめざすオール川越・富士見・ふじみ野連絡会」のつどい~雨宮処凛講演会~

と き 4月8日(土)13:30~16:30

ところ ウェスタ川越・多目的ホールB・C・D

出演者 雨宮処凛

内 容 ・講演「格差は平和を脅かし、貧困は戦争を呼び起こす」(約90分)
・野党各党からの話

参加費
入場料
無料

主 催 安保法制廃止・立憲主義回復をめざすオール川越・富士見・ふじみ野連絡会(略称;オール7区連絡会)

問合せ 勝俣明夫(090-6542-3952)

美しければ美しいほど The more beautiful it becomes

と き 2月7日(火)〜4月9日(日)
午前9時半〜午後4時半
休館日 毎週月曜日(祝日にあたる場合は翌平日)

ところ 原爆の図丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1401
TEL:0493-22-3266 FAX:0493-24-8371

出演者 会期中の関連企画
●シンポジウム「沖縄の情報は本当に伝えられていないのか」
3月26日(日) 15時より 予約不要・無料(要展覧会チケット)
登壇者
伊藤守(メディア研究/早稲田大学教授)
津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
毛利嘉孝(社会学/東京芸術大学教授)
モデレーター 木村奈緒(フリーライター)

内 容 参加作家 嘉手苅志朗、川田淳
協力 佐喜眞美術館、Barrack、木村奈緒、西尾祐馬
イベント共催 早稲田大学メディアシティズンシップ研究所
企画 居原田遥

1984年、丸木夫妻は《沖縄戦の図》を描きました。
それは絵画というメディアを通じて、沖縄戦の恐怖を今日まで伝える作品です。
それから30年あまりが過ぎた現在。
沖縄の、なにを見て、なにを聞き、どのように表現することができるのでしょうか。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
大人900円
中高生または18歳未満500円
小学生400円

補 足 会期中には他にもイベントを開催する予定です。
詳細は決まり次第、丸木美術館WEBサイトでお知らせします。

2017年第1回特別展「空襲被災者と戦後日本」

と き 2月25日(土)~4月9日(日)12:00~16:00

ところ 東京大空襲・戦災資料センター2階
〒136-0073 東京都江東区北砂1丁目5−4

出演者 会期中には会場で講演会も開催します。
■2月25日(土)14時:安野輝子さん(大阪空襲訴訟を伝える会)
「語り伝えたいこと―戦災傷害者の一人として」
■3月4日(土)14時:岩崎建彌さん(元全国戦災傷害者連絡会事務局長)
「戦災傷害者の歴史をつくった女(ひと)―杉山千佐子とその人生」

内 容 この展示では、全国戦災傷害者連絡会の故杉山千佐子氏の資料をはじめ、各地の空襲遺族団体や名古屋空襲訴訟に関係する資料などを展示しながら、これまであまり知られてこなかった空襲被災者の戦後の歩みをたどります。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
協力費 一般300円 中・高校生200円 小学生以下無料

2017年度国分寺・市民憲法教室
第1回講座「日本国憲法・立憲主義の原点を考える」

と き 4月9日(日)13:30~16:00

ところ 国分寺・市民憲法教室(国分寺市)

出演者 青井美帆氏(学習院大学大学院法務研究科教授)

内 容 2017年5月3日に、憲法施行70年を迎えます。
24期となる「国分寺・市民憲法教室」の第1回は、青井美帆先生をお迎えし、「憲法とは何か」「日本国憲法・立憲主義の原点」について、お話しいただきます。

参加費
入場料
全6回 7000円、1回1500円、学生500円

主 催 国分寺・市民憲法教室

問合せ 参加申し込みは、氏名・住所・電話番号を明記の上、メールで事務局へ。kenpokyoshitsu@gmail.com

補 足 定員:30名(先着順)。
[2017年度2回目以降の講座] 第2回:5月7日(日)山田朗氏(明治大学教授)、第3回:6月4日(日)山内敏弘氏(一橋大学名誉教授)、第4回:9月3日(日)戸辺秀明氏(東京経済大学教授)、第5回:10月1日(日)神原元氏(弁護士)、第6回:11月12日(日)高橋清隆氏(恵泉女学園大学教授)

飽食した悪魔の戦後 731部隊と二木秀雄「政界ジープ」

と き 4月9日(日)14:00~17:00

ところ 中野区産業振興センター3階大会議室

出演者 加藤哲郎さん(一橋大学名誉教授)

内 容 731部隊のほぼ全員が鬼籍に入り、森村誠一『悪魔の飽食』の衝撃も忘れられようとしている時に、「飽食した悪魔たち」が、いかに敗戦をかいくぐり、侵略の歴史を隠蔽し、占領軍にデータを提供して戦犯訴追を逃れ免責され、戦後の社会に復権・復活してきたかを、学術的に検討するものである。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 NPO法人 731部隊・細菌戦資料センター

問合せ 一瀬法律事務所 TEL03-3501-5558

補 足 午後1時から、NPO法人731部隊・細菌戦資料センターの第6回総会を行います。

NEW
東京ろう映画祭

と き 4月7日(金)~9日(日)

ところ ユーロライブ(渋谷)
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1−5

内 容 多彩なゲストをお迎えしてのトークイベントを織り交ぜつつ、ろう者出演のドキュメンタリー映画やろう者監督による作品の上映、今まで日本語字幕がなかった邦画の字幕つき上映を1日3~4本、述べ10作品程の上映を予定しています。
また、本映画祭の関連企画として、「アルル国際写真フェスティバル」をはじめ、世界的にもきわめて高い評価を得ているろう者の写真家・井上孝治氏の作品を扱った写真展覧会も同時開催いたします。
詳しくはコチラ

主 催 東京ろう映画祭実行委員会事務局
FAX:045-530-3078 E-mail: office@tdf.tokyo

後 援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本・東京都聴覚障害者連盟

NEW
国民投票で間違わないために~憲法とわたしたちの自由~

と き 4月9日(日)14:00~17:00

ところ 浦和コミュニティセンター第10・11集会室
(埼玉県さいたま市南区別所7-20-1)「JR武蔵浦和駅西口」徒歩2分

出演者 明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)
弁護士 伊藤朝日太郎さん

キーストーン法律事務所(第二東京弁護士会所属)、滋賀県生まれ、同志社大学法学部卒業、早稲田大学大学院法務研究科卒業

内 容 もしも国民投票が行われるのなら、せめて今の憲法にどんなことが書き込まれているのか、それがどのように変えられようとしているのかを、私たちはきちんと知っておくべきです。
国民投票は人気投票じゃない! この道はどこに続いているのか。あなたと私の「自由」は大丈夫なのか?自分の目で確かめよう
詳しくはコチラ

参加費
入場料
資料代500円

主 催 アムネスティ・インターナショナル日本 浦和グループ

NEW
4/9 オール11区市民の会設立準備会&講演会
「市民と野党が政治を変える」

と き 4月9日(日)14:00~16:30

ところ 深谷市花園文化会館アドニス

出演者 高田健さん(総がかり行動実行委員会・共同代表)

内 容 野党共闘への呼びかけ

参加費
入場料
499円 高校生以下、障がい者無料

主 催 オール埼玉11区「市民の会」準備会

問合せ 秩父方面 090-4423-2490 内田
寄居方面 048―581 -5086 広
深谷方面 090-4154-4460 滝田
     090-9829-8558 小泉

辺野古の海の埋め立て工事再開を許さない!緊急学習会

と き 4月12日(水)18:30~21:00

ところ 中央区立人形町区民館1.2号洋室(日比谷線人形町駅A1番出口3分、半蔵門線水天宮前駅7番出口2分)

出演者 新垣毅さん(琉球新報東京支社報道部長)

内 容 日米首脳会談を受け、米軍・辺野古基地建設が本格化しようとしている。沖縄県民の反対の意思が明確なのに、なぜ「辺野古が唯一」と言って、安倍政権は建設に突き進もうとするのか。沖縄のマスコミの立場から、思いのたけを話してもらい、自分の問題として参加者に「辺野古」を考えていただきたい。

参加費
入場料
資料代500円(高校生以下無料)

主 催 戦争する国づくりストップ!中央区連絡会

問合せ 090(9141)1400長谷川 090(4077)2282福田

英語で学ぼう!世界の人権問題

と き 2月22日(水)~4月14日(水)19:30~21:00

ところ ヒューマンライツ・ナウ事務局(7階)または8階会議室

出演者 ケイド・モズリー先生
ダニエル・ファーガソン先生

内 容 ネイティブの講師を迎えて、授業はすべて英語で行われます。「英語で会話したり自分の意見をもっと言えるようになりたい」、「世界の人権問題について英語で学びたい」、「今のスキルを伸ばしたい、知識をもっとつけたい」、そんなあなたにぴったりの講座となっております。

詳細はHPをご覧下さい。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
各回受講の場合:3,500円

主 催 ヒューマンライツ・ナウ

問合せ info@hrn.or.jp

NEW
上映会「ここから」~ハンセン病と闘った詩人・谺雄二の生涯~

と き 4月14日(金)18:30開場/19:00開演

ところ 文京シビック 小ホール

(文京シビックセンター2F)
東京都文京区春日1‐16‐21
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

出演者 姜 信子(きょう のぶこ)
作家。谺雄二の最後の詩文集となった『死ぬふりだけでやめとけや』(みすず書房)を編集。

北原 誠(きたはら まこと)
ハンセン病に関する調査研究と情報や知識を普及啓発する拠点施設「重監房資料館」の主任学芸員。

大塚正之(おおつか まさゆき)
監督・演出家。ビデオ『柊の向う側ーハンセン病患者・回復者の歩み』(2007キネ旬文化映画部門受賞)。本上映作の演出・編集を担当。

内 容 上映作品:『谺雄二 ハンセン病とともに生きる~熊笹の尾根の生涯』
2017年 ドキュメンタリー作品43分(4月DVD発売予定)
20:00~20:45(予定)トーク 
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 岩波映像株式会社

後 援 文京区

問合せ 岩波映像株式会社 
〒112-0002 東京都文京区小石川 2-1-13-205 
Tel:03-5689-2601 
Fax:03-5689-2685
Email:iwanami@iw-eizo.co.jp

補 足 定員:300名
※満席などによりご入場をお断りする場合がございます。あらかじめご了承下さい。

NEW
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのためのFree English Cafe&情報交換会

と き 4月14日(金)13:00~17:30(途中入退場・可)

ところ SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 梅田お客様サービスプラザ
(大阪府大阪市北区芝田1丁目1番3号 阪急三番街 南館地下1F)
(避難者は「今」@5周年の展示会場と同じ場所です。三井住友銀行為替窓口を思い切ってくぐってみたらその奥に会場ありです)

内 容 3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまへ
Free English Cafe のご案内です。ご関心のある方々をご招待いたします。
英会話のスキルUPにご活用ください。

参加費
入場料
無料
コーヒー、お茶、お水のフリードリンク、セルフサービスです。

主 催 東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

問合せ sandori2014@gmail.com
サンドリ【英語で話し隊】係

講演 孤立する子どもに気づかない親達
~「聴く力」は子どもの自立心を育む~

と き 4月15日(土)13:30~15:30

ところ アピオあおもり

出演者 行政書士 鳴井勝敏

内 容 「子どもは受け入れて貰ったと感じることで、始めて優しい気持ちや生きる力が生まれる」。対話を通じて子どもに寄り添い、その際、「聴く」ことを重視、コミニケーションを子ども主体に構築する。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 鳴井勝敏行政書士事務所

問合せ 鳴井勝敏行政書士事務所 
TEL017-743-6169

補 足 混沌とした時代だからこそ、何があっても揺るがない普遍的な価値観を持ちたい。それが根っこにあれば、どんな時代になっても、ジタバタしないで生きていけるかも。親御さんの自信の醸成は,子ども達に良い影響を与え、日本の活力の源泉になると考えている。

標的の島 風かたか

と き 3月25日(土)〜 4月中旬 〜 未定
12:30/15:30/18:00

ところ ポレポレ東中野
〒164-0003 東京都中野区東中野4丁目4−1

出演者 3/25(土)~31(金)は12:30の回上映後に三上智恵監督によるトーク開催予定!

内 容 この砦が、最後の希望————
辺野古、高江、宮古、石垣————なぜ私たちは闘うのか?
壊れかけたこの国の、自由と平和をめぐる「最前線」。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
当日 : 
一般 1700円 / 大・専・シニア 1200円
高・中・障 1000円 / 小 700円
前売:
1300円(Pコード:467-144)

補 足 予告編
https://www.youtube.com/watch?v=3a1h48_dQhU
公式サイト
http://hyotekinoshima.com/

NEW
第4回 Future Dream Cup「存在するのはルールだけ!~他国籍、障がい者、高齢者、LGBT、ドロップアウトの人たち、みんなが楽しめる多様性ある野球大会~」

と き 4月1日(土)8:00~21:00
4月15日(土)8:00~21:00
※4月1日は身体障がい者野球メイントーナメント大会/4月15日は、硬式野球トーナメント大会を行います。

ところ 千葉県市原市ゼットエーボールパーク
(千葉県市原市岩崎 268)
会場では、誰でもトイレを設置し、「多様性」に関して理解を深めるためのパネルを球場一面に展示します。また、球場内外で、スタッフが障がいをもたれた方、高齢の方をサポートします。

出演者 出場チーム:
市川ドリームスター(千葉県市川市)
東京ブルーサンダース(東京都)
東京アンビシャス(東京都)
他全6チームによるトーナメント戦

内 容 すべての壁を取り払い、野球を始めた原点に立ち返り、「野球は楽しい」「野球が大好きだ」という気持ちを心から思えるように、国籍や障がい、年齢、性的指向や性自認、ドロップアウトに関わらず、誰もが「自分らしく」「ありのままに」楽しめるための野球大会を開催します。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 日本野球指導者協会

協 力 アムネスティ・インターナショナル日本、Roots Baseball Academy、東京スポーツ・レクリエーション専門学校、市原市少年野球協会、財団法人市原市地域振興財団

NEW
風景色―フクシマノート―小林惠写真展

と き 開催中~4月15日(土)9:00~17:00(環境情報センター開所時間内)

ところ 相模原市立環境情報センター1階ロビー、2階廊下
〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見1-3−41

内 容 座間市在住の写真家小林恵さんの写真展「風景色-フクシマノート」が相模原市中央区富士見の市立環境情報センターで開かれている。小林さんは、東京電力福島第一原発事故で被害を受けている地域の状況にファインダーを向けてきた。(東京新聞神奈川版3月19日)
詳しくはコチラ

主 催 相模原市立環境情報センター

協 力 小林惠さん(写真家)

NEW
シリア内戦取材・報道の現在/安田純平氏の拘束から2年

と き 4月15日(土)
午後6時15分開始(午後6時開場)~午後9時ごろ終了予定

ところ 文京区 区民センター・3-A会議室(3階)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円(予約不要、当日先着順にて受付)

主 催 危険地報道を考えるジャーナリストの会

協 力 共催:アジア文化会館(公益財団法人アジア学生文化協会)

問合せ 「危険地報道の会」事務局
kikenchihoudou@yahoo.co.jp

デモクラシーCafe4月はシネマ・カフェ!
「不思議なクニの憲法」上映&トークイン

と き 4月16日(日)開場13:45 開始14:00(*時間厳守)

ところ 東村山市中央公民館3F視聴覚室
(西武新宿線東村山駅東口徒歩5分)

内 容 3月4日、安倍総理は改めて「必ず憲法改正をしたい」と力強く話しました。どうして変えたいの? どう変わるの? 問題ないの? そもそも憲法って? と頭にハテナが浮かんだ方、ぜひ一緒に見て話し合いたい映画があります。それが、ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」。改憲か護憲かを主張するのではなく、さまざまな声を通して、「あなたはどう考える?」と問いかける作品です。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
800円
*要予約(4月15日まで)

主 催 デモクラシーCafe@東村山 

問合せ democracafe2016@gmail.com 
  

補 足 時間の都合により、上映は後編のみ(1時間20分)となりますが、前編(1時間10分)を12:30より同じ場所で流します(無料)。

福山『資本論』を読む会 「資本論入門講座」

と き 4月16日(日)9:30~11:30

ところ 福山市市民参画センター2階セミナールーム
(JR福山駅徒歩6分)

内 容 『資本論』第一巻の第一篇「商品と貨幣」の第一章「商品」の第一節「商品の二要素 使用価値と価値(価値実体、価値の大いさ)」を学習します。資本主義社会では社会の生産物・富は商品として現れます。そもそも商品とは?商品の分析を通して資本主義社会を考えます。

参加費
入場料
250円(資料・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 090-9993-9744伊藤

補 足 カール・マルクス著『資本論』(一)をご用意ください。文庫本であれば、岩波文庫(岩波書店)や国民文庫(大月書店)、他の出版社のものでも構いません。

NEW
改正労契法学習会

と き 4月17日(月)開会18:30、閉会20:30

ところ 横浜市健康福祉総合センター8階会議室
〒231-8482 神奈川県横浜市中区桜木町1-1

出演者 学習講師は、消防試験研究センター「非常勤職員雇い止め事件」を担当した井上啓弁護士です。

内 容 「無期雇用への転換ルール」は来年4月から生じますが、転換前に雇い止めの増大が懸念されます。さらには、現在の雇用契約書にこっそりと「次回は更新しません」「契約期間は来年3月で終了」と入ったりしていませんか。無期雇用転換させない手法です。改正・労働契約法を学んで「雇用の安定」を勝ちとりましょう。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 神奈川労連

NEW
「母 小林多喜二の母の物語」上映会

と き 4月19日(水)~21日(金)
14:30~16:30、18:30~20:30

ところ 4月19日(水)早良市民センター
〒814-0006 福岡県福岡市早良区百道2丁目2番1号
4月20日(木)中央市民センター
〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂2丁目5−8
4月21日(金)なみきスクエア(東市民センター)
〒813-0044 福岡県福岡市東区千早4丁目21−45

内 容 三浦綾子原作「母 小林多喜二の母の物語」の福岡市完成記念上映会を下記のとおり行います。現代版の治安維持法「共謀罪」に反対する運動の一環として、ぜひ、多くの方に観ていただきたい映画です。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
前売一般:1200円(当日1500円)
障がい者:1000円
中高生:800円(当日券のみ)
※製作協力券で入場できます。
※上映時間、チケットは3会場共通です。

NEW
女性のはたらきかたカフェ

と き 4月21日(金)18:30~

ところ 横浜市健康福祉総合センター8F会議室(最寄駅:桜木町、京急日ノ出町)
〒231-8482 神奈川県横浜市中区桜木町1-1

内 容 昨年好評だった「女性のはたらきかたカフェ」を今年も開催します。今の働き方おかしいな、女性が生き生きと働ける社会を一緒におしゃべりしましょう。
詳しくはコチラ

主 催 神奈川労連女性センター

原発とエネルギーを学ぶ朝の教室 第81回「おばちゃんが政治を変える!」

と き 4月22日(土)9:00~10:30

ところ クレヨンハウス東京店B1 レストラン「広場」
〒107-0061 東京都港区北青山3丁目8−15 都営青山北町アパート15号棟

出演者 講師/谷口真由美さん(大阪国際大学准教授、全日本おばちゃん党代表代行)
進行/落合恵子(クレヨンハウス主宰)

内 容 「オッサン政治にもの申す!」と立ち上がった「全日本おばちゃん党」。その代表代行を務める谷口真由美さんがご登場です! いまこそ権力の暴走を止めるべき「おばちゃん」の力とは? 憲法と政治、暮らしの関わりについても、お聞きしたいですね。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,000円(税込)

問合せ 申込/お電話またはメールでご予約ください。
電話/03-3406-6465
(ミズ・クレヨンハウス 11:00~19:00)
email/josei@crayonhouse.co.jp

NEW
検閲官 ―戦前の出版検閲を担った人々の仕事と横

と き 開催中:~4月22日(土)
※3月26日(日)は休館

ところ 千代田図書館9階 展示ウォール
〒102-8688 東京都千代田区九段南1−2−1 千代田区役所

内 容 戦前の日本では、中央官庁の一つであった内務省が出版物の検閲を行っており、全国で出版されたさまざまな書物が内務省に納本されていました。それらの書物を手に取って発売頒布の可否を決定していたのが、警保局図書課の検閲官たちです。今回の展示では、新発見の資料とこれまで断片的に存在していた情報をつなぎ合わせることで、検閲官の実像に迫ります。
詳しくはコチラ

主 催 千代田区立千代田図書館

協 力 浅岡邦雄氏、牧義之氏、村山龍氏、安野一之氏(千代田図書館「内務省委託本」研究会)、人首文庫、県立長野図書館

福山「資本論」を読む会
「資本論通常講座」

と き 4月23日(日)13:00~16:00

ところ 福山市市民参画センター2階セミナールーム
(JR福山駅徒歩6分)

内 容 今回は、第一巻第三章「貨幣または商品流通」の第一節「価値の尺度」の学習をします。第三章では貨幣についての基本的な機能について述べられています。その中で今回の第一節では、貨幣の第一の機能であり、その最も本質的な機能である価値尺度機能について考察していきます。貨幣の本質は、諸商品の価値を表現し、相互に比較可能なものとする価値尺度機能にこそあることを学んでいきます。

参加費
入場料
250円(資料・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 090-9993-9744(伊藤)

補 足 カール・マルクス著「資本論」(一)をご用意ください。文庫本であれば、岩波文庫(岩波書店)、国民文庫(大月書店)、ほかの出版社のものでも構いません。

NEW
アースデイ東京2017

と き 4月22日(土)10:00~19:00
4月23日(日)10:00~19:00
※雨天決行

ところ 代々木公園(イベント広場・ケヤキ並木)
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町2−1

内 容 今年17回目の開催を迎える「アースデイ東京」は、アースデイを祝して、毎年4月に代々木公園を中心として土日の2日間開催しています。2017年も、多様ないのちがつながり合い、ともに生きる持続可能な社会を創ることを目指して、様々な団体による企画や出展、ステージ、こだわりのフードエリアなどを展開します。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 【アースデイ東京事務局】 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂604
office@earthday-tokyo.org 
TEL: 03-6455-3702 
FAX: 03-6455-3703

NEW
愛する人を戦地に送るな! ~自衛官の父の心の叫び~

と き 4月23日(日)14:00~16:30(13:30開場)

ところ 練馬区勤労福祉会館集会室(西武池袋線大泉学園駅南口徒歩3分)

出演者 富山正樹さん

内 容 講演者の富山さんは、20代の現役自衛官の息子さんやその仲間が武器使用の海外派遣で危険にさらされることに居ても立ってもいられなくなり、ひとり福岡の繁華街天神でプラカードを掲げてスタンディングを始めた方です。安保法制違憲訴訟原告として国を訴えてもいます。自衛官家族の思いを共有しましょう。

参加費
入場料
会場費:500円

主 催 平和を育てる大泉9条の会

問合せ 町田03−3923−0915

今中 哲二 講演会
「放射能汚染の時代をどう生きるか、子どもたちをどう守るか」

と き 4月28日(金)開演19:00 (18:30開場)

ところ 練馬文化センター 小ホール
(〒176-0001 東京都練馬区練馬1-17-37)
西武池袋線・西武有楽町線・都営地下鉄大江戸線「練馬駅」北口徒歩1分

内 容 チェルノブイリ原発事故から31年、福島原発事故から6年。
この放射能汚染の時代をどう生きるのか、子どもたちをどう守っていくのか、一緒に考えてみませんか。

【講演】
今中哲二
京都大学原子炉実験所研究員。
チェルノブイリと福島の放射能汚染の実態について調査・研究を続け、原発の危険性を訴えている。

【報告】
黒部信一:「未来の福島こども基金」代表、小児科医
佐々木真理:「チェルノブイリ子ども基金」事務局長
詳しくはコチラ

参加費
入場料
予約1000円 当日1300円

主 催 チェルノブイリ子ども基金、未来の福島こども基金

問合せ チェルノブイリ子ども基金
Tel/fax 03-6767-8808 E-mail :cherno1986@jcom.zaq.ne.jp

補 足 予約受付は4/26(水)午後3時まで。定員になり次第お申し込みを締め切ります。

大阪のおばちゃんこと谷口真由美さんに聞きたい
「テロ等準備罪」共謀罪ってな~に?

と き 4月28日(金)18:30~

ところ ココネリホール
〒176-0001 東京都練馬区練馬1−17−1

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 戦争法NOねりま実行委員会

「奪われた野にも春は来るか~フクシマを考える」鄭周河写真展

と き 2月1日(水)〜4月30日(日)

ところ 高麗博物館

〒169-0072
東京都新宿区大久保1-12-1
 第二韓国広場ビル7階

TEL:03-5272-3510   
FAX:03-3207-0533 

内 容 原発事故から5年以上たった今も、 多くの人が避難生活を強いられ、 放射能汚染の問題も未だ解決されていません。 「野」には人影もなく、 それでも巡りくる四季の風景は美しい。 植民地朝鮮の土地を奪われた人々と、 放射能の汚染により、 豊かな日々が奪われてしまった福島の人々を重ね合わせ、 その怒り、 痛み、 苦しみを共有したいと思います。
詳しくはコチラ

補 足 <講演会>
◆鄭周河さん(写真家/韓国百済芸術大学教授)
フクシマの日常を撮るー『噛まれた舌の痛み』
2.18(土)14:00~16:30 
◆徐京植さん(作家/東京経済大学教授)
フクシマ以後の生とは?-『少数者の立場から』
4.8(土)14:00~16:30
※どちらの回も要予約 1000円(入場料含む)

斉藤美奈子さん講演会「憲法24条と家制度、婚外子差別」

と き 5月13日(土)
13:30~16:45 講演後デモ予定 その後懇親会

ところ 場所未定(3月中旬決定 東京23区内)

出演者 講師 斉藤 美奈子さん(文芸評論家)

内 容 憲法13条「個人の尊重」14条「法の下の平等」と共に、24条は「家族生活における個人の尊厳と両性の平等」を掲げていますが、自民党改憲草案では「家族は互いに助け合わなくてはならない」を追加し社会基礎を個人から家族へ戻そうとしています。その布石に今国会で「家庭教育支援法案」提出の予定です。斉藤美奈子さんは、講演では笑い満載の中で鋭く問題を抉られると思います。
詳しくはコチラ

主 催 なくそう戸籍と婚外子差別・交流会

その他 3月中旬に場所決定次第、追加連絡致します。その際追加記載をお願い致します。

「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016

と き 11月19日(日)9:00~

ところ 皇居周辺

内 容 今年で第7回となる 「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016を、11月19日(土)に皇居周辺で開催します。
今年は、大人だけでなく子どもたちにも世界の子どもたちの状況や人権を考えてもらうため、中高生によるスピーチの披露や子どもの人権が学べるアトラクションコーナーを設けます。

【開催概要】
場所:皇居周辺
集合場所:日比谷公園 健康広場
種目:5kmウォーク、5kmラン、10kmラン
詳しくはコチラ

参加費
入場料
《ウォーク、ラン》
大人:5,000円 学生:2,500円
小学生:1,000円(保護者同伴)未就学児:無料
《リレー》(4人1組)
大人4名:16,000円 学生4名:8,000円

主 催 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

問合せ 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
Tel 03-3835-2110  Fax 03-3834-1025  Mail info@hrn.or.jp

担当 宍倉

マガ9のメルマガ
メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓

マガ9のブログパーツ
マガ9ブログパーツ

「マガジン9」の更新項目がまるわかり!ぜひ、あなたのブログにも設置してください。

マガ9のコンテンツ

  • – 特別企画 –
  • 「希望のエリア」のあきらめない人々
  • 2012年憲法どうなる?どうする?
  • 2016年 参院選挙を考える
  • B級記者どん・わんたろうが「ちょっと吠えてみました」
  • イェダりんの“リベルテ”を探して!
  • おしどりマコ&ケンの「脱ってみる?」
  • カエルの公式
  • こちら編集部
  • この人に聞きたい
  • つながって考えよう
  • ニッポンの社長インタビュー
  • ひとみの紐育(ニューヨーク)日記
  • ぼくらのリアル☆ピース
  • マガ9スポーツコラム
  • マガ9タイムス
  • マガ9レビュー
  • マガ9備忘録
  • マガ9学校 参加者募集
  • マガ9学校やりました。
  • マガ9対談
  • みんなのこえ
  • わたしたちの日韓
  • 三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記
  • 下北半島プロジェクト
  • 世界から見た今のニッポン
  • 中島岳志の「希望は、商店街!」
  • 伊勢崎賢治の平和構築ゼミ
  • 伊藤塾・明日の法律家講座レポート
  • 伊藤真のけんぽう手習い塾
  • 原発のある地域から
  • 原発震災後の半難民生活
  • 女性が動けば変わる!
  • 女性と政治と社会のリアルな関係
  • 小石勝朗「法浪記」
  • 川口創弁護士の憲法はこう使え!
  • 憲法24条を考える
  • 映画作家・想田和弘の観察する日々
  • 時々お散歩日記
  • 木内みどりの「発熱中!」
  • 松本哉ののびのび大作戦
  • 柴田鉄治のメディア時評
  • 森永卓郎の戦争と平和講座
  • 沖縄・ゆんたくるー便り
  • 沖縄タイムス・新沖縄通信 別冊
  • 注目!安保法制違憲訴訟
  • 渡部建具店の日々
  • 癒しの島・沖縄の深層
  • 立憲政治の道しるべ
  • 被災地とつながる
  • 鈴木邦男の愛国問答
  • 集団的自衛権を考える
  • 雨宮処凛がゆく!
  • 風塵だより