お知らせ

掲載をご希望の方は
こちらの
掲載依頼フォーム
から
お願いします。

PINK SHIRT DAY 2017 朗読&ライブ in 蒲田
【NO BULLY WORLD 〜差別の壁を取り外そう〜】

と き 2月19日(日)
17:00 開場/17:30 開演 (20:30終了予定・途中15分休憩あり)

ところ 蒲田教会 礼拝堂(東京都大田区蒲田1-22-14 / JR蒲田駅東口、京急蒲田駅西口から徒歩5分・蒲田小学校正門前)

出演者 成宮アイコ(朗読詩人/ポエトリースクリーム)
葛原りょう/髙坂明良(詩人/歌人/俳人)
タダフジカ(Vo/Gt)
TASKE(朗読詩人/お笑い芸人/音楽家)
青山祐己(ピアノ弾き語り)

内 容 本イベントでは、いじめに限らず、ひきこもり・障がい者差別をテーマとした朗読ライブを行います。ピンクシャツデーの理念に共感した出演アーティストは、「NHKバリバラ」「福祉ネットワーク」「こわれ者の祭典」「カウンター達の朗読会」など各所で活躍する面々!お楽しみに!!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1500円(当日のみ)
※収益金は、ピンクシャツデーの趣旨の下、福祉団体等に寄付いたします。
※このイベントは有志の実行委員会によって運営されています。日本基督教団蒲田教会の主催ではありません。教会にお問合せなさらないようお願いします。

主 催 ピンクシャツデー2017in浦田実行委員会

後 援 イクトゥス・プロジェクト

補 足 ◼︎ピンクシャツデーとは:2007年にカナダの学生2人から始まり、2010年時点で欧米を中心に75カ国が参加している世界的「いじめ反対運動」。日本では北海道から福岡まで全国13か所様々な活動が催されています。

デモクラシーCafe 2月のテーマ「だれが決めたの、その『ふつう』?子育て世代のほんとうの気持ち」

と き 2月19日(日)13:30 〜16:00

ところ 東村山中央公民館 第1和室
(東村山市 西武新宿線 東村山駅東口から徒歩3分)

出演者 わたしたち自身が、デモクラシーを身につけていくために、講師をたてずに、テーマを設定し、話し合うルールを決めて、コーヒーを飲みながら、いろんな年代や職業の人たちと楽しく、深く、対話していきます。

内 容 人と比べることないってわかっていても、ついつい考えてしまう「ふつう」のものさし。周りと違うとなんだか居場所がなくなったような不安なきもちになって、つい子どもに「ふつうにしなさい!」って 言っちゃったり、「ちゃんとした親にならないと」って焦ったり……そんな瞬間、ありませんか?
心の奥の方で私たちをしばっているかもしれない「ふつう」のこと、みんなで探ってみたいと思います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
300円 定員30名 お菓子付き 飲み物は持参
(保育付・保育料は1人あたり300 円)

主 催 デモクラシーCafe@東村山

問合せ democracafe2016@gmail.com

補 足 保育付は2/12 まで、一般は前日までにご連絡ください。

パネル展 日本の知られざる難民・入管問題

と き 2月13日(月)〜 2月19日(日)
9:00-20:30 ※ 最終日は18:00まで

ところ 日本教育会館一ツ橋ホール 1階ロビー

内 容 世界では難民受け入れをめぐる議論が活発になっています。
日本もまた、ずっとまえから難民条約を結び、そして実際に多くの難民がやってきています。ところが、こうした人々にたいして政府は「不法滞在者」「にせ難民」などのレッテルを貼り、排除をつづけています。そのような閉鎖的な入国管理政策の実態は、市民にはほとんど知られていません。
詳しくはコチラ

主 催 SYI (収容者友人有志一同)
---
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

大阪の福祉医療、いまこそ拡充を!2・19府民大集会

と き 2月19日(日)午前10時〜12時(9:40開場)

ところ 阿倍野区民センター 大ホール
大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-118 
地下鉄谷町線「阿倍野」駅 ⑥号出口から南へ100m

内 容 記念講演
「カジノより福祉に!住民投票から始まった市民共闘のこれから」
関西学院大学教授 冨田宏治氏
その他内容 リレートーク
詳しくはコチラ

主 催 大阪府保険医協会

ビジョン21連続講座第13回
共謀罪が通るとどうなるの? テロ対策っていうけれど、私にも関係があるってどういうこと?

と き 2月19日(日)午後3時15分開場、3時30分開始 

ところ ユニコムプラザさがみはら セミナールーム2

出演者 山下幸夫さん(弁護士、日弁連共謀罪法案対策本部事務局長)

内 容 ふたたび国会上程が迫っている共謀罪法案。 そもそも共謀罪とは一体なにか、法案が通るとどうなってしまうのか。 多くの問題点を含む本法案について、山下幸夫弁護士ともに学びます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

問合せ ビジョン21事務局 090-9245-7542

第2回反ヘイトスピーチ基礎講座@銀座

と き 2月19日(日)午後2時〜午後5時

ところ 銀座教文館9階 ウエイライトホール
(〒104-0061 東京都中央区銀座4−5−1)

内 容 第1部:「差別扇動行為とは何か」渡辺雅之(大東文化大学准教授)
第2部:「食べよう!笑おう!手をつなごう! 胃袋から考える、多様性と共生と」

中沢けい(法政大学教授・小説家) x 平松洋子(エッセイスト)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円 (学生無料)

主 催 銀座No!Hate小店
https://twitter.com/ginza797ls
取扱商品:差別扇動を止める行動全般。所在地:銀座の路地裏、時々屋上。ビアホールのこともあり。営業時間:のんびり。不定休。

2.19朝鮮学校高校無償化全国統一行動in広島集会

と き 2月19日(日) 14:00~15:30

ところ 広島朝鮮学園4F多目的ホール(広島県広島市東区山根町37-50)

内 容 ※集会終了後、午後4時から街頭活動を行います。
「広島朝鮮学校無償化裁判」にご支援お願いします!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 広島県平和運動センター
〒733-0013
広島県広島市西区横川新町7-22
自治労会館1階
TEL:082-503-5855
FAX:082-294-4555

NEW
老朽原発にレッドカードを 名古屋が危ない2.19集会

と き 2月19日(日)12:30

ところ イーブルなごや
〒460-0015 愛知県 名古屋市中区大井町7の25

内 容 名古屋が危ない 老朽原発にレッドカードを‼︎

今回は、担当している弁護士のトークセッション、川口真由美さんのコンサートを行います。そして、中嶌哲演さんの講演会を開きます。
老朽原発廃炉を目指してのスペシャルトーク!川口さんの演奏も楽しみです‼︎中嶌さんは福井からお見えになります‼︎
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円

主 催 老朽原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会

補 足 なお、午前中は市民の会の総会を行います。
詳細は此方まで御連絡ください。
people | Toold 40 Takahama 高浜原発1,2号機差止行政訴訟
http://toold-40-takahama.com/people/

なお、FBアカウントをお持ちの方は、市民の会のFBページまで御連絡を下さっても大丈夫です。

NEW
「みんなで変える 一緒に変える」 

と き 2月19日(日)14:00~

ところ 小樽市民センター3F研修室 (小樽市色内2-13-5)

出演者 川上麻里江 (弁護士)

内 容 民主主義の扉を開ける北海道4区の集会
川上弁護士講演 質疑応答 意見交換など

参加費
入場料
資料代500円

主 催 小樽・後志地域行動(L.A.O.S )九条の会おたるネット
ママの会in小樽

問合せ 岡田 090-9433-0882

補 足 託児所あり(無料・事前にご利用の連絡要)
パン・コーヒーなどの物販あります。

私たちは『秘密』の壁にどう向き合うか~秘密保護法と共謀罪がある日本社会を考える~

と き 2月20日(月)18:00~20:00(開場:17:40~)

ところ 弁護士会館2階講堂クレオA
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1丁目1−3

出演者 ゲスト:
高田 昌幸氏(高知新聞記者)
石井 暁氏(共同通信編集委員)
コーディネーター:
清水 勉氏(東京弁護士会秘密保護法対策本部委員)

内 容 特定秘密保護法による「特定秘密」の壁と、共謀罪(複数の人が話をしただけで犯罪になるおそれがある)の成立によって、取材の自由が今以上に侵害され、私たち国民の主権者としての地位と権限が形骸化していくおそれが極めて大きい。
今回のシンポジウムでは、調査報道の現場でご活躍されている高田昌幸氏、石井暁氏を講師として招き、秘密保護法と共謀罪の危険性を考えたい。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 東京弁護士会

問合せ 人権課 TEL:03-3581-2205

エイドワーカー高遠菜穂子 イラク モスル緊急支援報告会―エイドワーカーがモスル解放地区で見た「対IS戦争」―

と き 2月20日(月)19:00〜21:00 (開場18:30)

ところ 専修大学 神田キャンパス 1号館 地下1階 14教室

出演者 高遠菜穂子

内 容 イラク、日本、世界が抱える問題に、私たちはどう向き合っていくべきか?
今回、ヒューマンライツ・ナウでは、モスル市内への緊急支援から
帰国したエイドワーカー高遠菜穂子氏を迎えて、人道支援状況や
「対テロ(IS)作戦」の実態についての報告会を開催いたします。

ぜひ、皆さまのご参加をお待ちしております!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円(予約不要)

主 催 認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ

3・1ビキニデー記念映画会

と き 2月21日(火)

ところ エルプラザ 2F 環境研修室1
〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西3丁目

内 容 ①14:30~ 「第五福竜丸」(1958年/新藤兼人監督)
②17:00~ 「わしも死の海におった」(南海放送製作)
③18:30~ 「第五福竜丸」(1958年/新藤兼人監督)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
300円

2・21緊急学習会

と き 2月21日(火)18:45~20:45

ところ 日野市勤労・青年会館 ホール(JR豊田駅北口からすぐ)   http://www.kousha.jp/_kinrou/facilities/index.html

出演者 学習会講師:福本道夫さん(第9次横田基地公害訴訟団 団長)

内 容 昨年12月13日MV-22オスプレイが沖縄県名護市安部の海岸に墜落しました。1月28日、今度は中東イエメンで墜落。欠陥機であることを事故が証明しているようなものです。今年後半には横田基地にCV-22オスプレイが配備されようとしています。オスプレイの危険性を映像・写真を含めて、学習します。
是非ご参加ください。

参加費
入場料
300円(資料代含む)

主 催 よびかけ:日野・市民自治の町をめざす会

問合せ 070-6965-1435(有賀)

NEW
シブヤ・ダイバーシティ会議2017

と き 2017年2月22日(水) 18:00 開場 18:30開演

ところ シダックスカルチャーホールA(8階)
〒150-0041 東京都渋谷区神南1−12−13 渋谷シダックスビレッジ

出演者 キーノートスピーチ
長谷部 健 – 渋谷区長

シンポジウム
香山リカ – 精神科医・立教大学教授
師岡康子 – 弁護士・外国人人権法連絡会運営委員
五野井郁夫 – 政治学者・高千穂大学教授
永田龍太郎 – 渋谷区男女平等・ダイバーシティ推進担当課長

内 容 渋谷区のダイバーシティ条例(渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例)をもっと良いものにするためのシンポジウムです。
詳しくはコチラ

主 催 渋谷・新ダイバーシティ条例推進協議会

問合せ info@shibuya-diversity.net

補 足 [寄付のお願い]

渋谷・新ダイバーシティ条例推進協議会は市民のボランティアで運営されています。活動の趣旨にご賛同いただける方は、寄付金のご協力をお願いいたします。

振込先:ゆうちょ銀行 〇一八支店 普通 8938133/振替 10120-89381331渋谷 新ダイバーシティ条例推進協議会

NEW
国立元市長への個人賠償確定を考える
景観保護が営業妨害なのか

と き 2月23日(木)18:45〜20:50

ところ 明治大学研究棟2階・第9会議室
(東京都千代田区神田駿河台1-1)

出演者 上原公子さん(元国立市長)

内 容 2月定例会は、上原さんをお招きして、この間の訴訟の経緯、判決がもたらす住民自治と首長の政策への影響について報告していただきます。地味な事案だとして、東京新聞以外の実質的な報道はありませんでしたが、小池東京都知事が退任後、豊洲への築地市場移転を遅らせ東京都に損害を負わせたので個人で賠償せよという決定が下ったと考えていただければ問題を...
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1500円/明治大学生・教職員無料
※要予約・定員50名

第6回 死刑映画週間「生きるという権利」

と き 2月18日(土)〜2月24日(金)

ところ ユーロスペース
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1−5

出演者 福島泰樹、福島みずほ、うじきつよし、安田好弘、樹木希林、安田菜津紀、朴慶南

内 容 •『袴田巖 夢の間の世の中』(金聖雄 2016)
•『白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々』(マルク・ローテムント 2005)
•『M』(フリッツ・ラング 1931)
•『壁あつき部屋』(小林正樹 1956)
•『首』(森谷司郎 1968)
•『死刑弁護人』(齋藤潤一 2012)
•『独裁者と小さな孫』(モフセン・マフマルバフ 2014)
•『7番房の奇跡』(イ・ファンギョン 2013)
詳しくはコチラ

参加費
入場料
前売鑑賞券:5回券 4,500円/3回券 2,800円/1回券 1,000円

補 足 各作品の上映時間は日により異なります。チラシよりご確認ください。

■在日韓人歴史資料館第15回企画展■
趙根在が撮ったハンセン病の同胞たち

と き 2月25日まで開催
10:00~18:00(入館は17:30まで)

ところ 在日韓人歴史資料館 企画展示室
〒106-0047 東京都港区南麻布1丁目7−32

内 容 1960年代~80年代にかけて全国のハンセン病療養所10ヶ所に通い、入所者を撮り続けた趙根在(チョウ・グンジェ)氏。
今回の企画展では趙根在の2万点にも及ぶ写真の中から、二重三重の差別の中に置かれていたハンセン病の同胞たちの知られざる姿を紹介します。
詳しくはコチラ

協 力 国立ハンセン病資料館

補 足 休館日:日曜・月曜日・年末年始(12月28日~1月4日)

原発事故から6年の今こそ見たい、日本壊滅の危機を描く「太陽の蓋」上映会

と き 2月25日(土)開場13:30 上映14:00~(上映時間130分)

ところ 埼玉県所沢市小手指公民館分館ホール(所沢市小手指町4-22-2)

内 容 日本壊滅の可能性のあった福島原発事故発生直後の5日間を描く。その時、官邸・メディア・住民はそれぞれどう動いたのか?戦後最大の危機を俯瞰する映画。再稼働が強行され、核燃サイクルが復活されようとしている今こそ見ておきたい映画だ!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
料金 予約500円 当日800円 予約は電話またはメールで。
☎中山04-2948-6055・宇野090-8175-0116 Emeil:ckum414b@ba3.so-net.ne.jp

主 催 福島原発裁判を支える会・所沢、さよなら原発in所沢 共催

問合せ 村上 090-1814-4616

袴田巖さんの再審無罪を求める2・25全国集会 ~警察と検察の職務犯罪こそが冤罪袴田事件の本質だ!~

と き 2月25日(土) 14:00〜16:30(開場13:30)

ところ 文京区民センター 3階 3-A会議室
東京都文京区本郷4-15-14
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

内 容 弁護団報告:西嶋勝彦弁護士(弁護団長)
• 記念講演:市川 寛弁護士(元検事)〝なぜ検察は「引き返す勇気」を持てないのか〟
• リレートーク:各界から
• 特別発言:坂本敏夫さん(元刑務官)「獄中の袴田巖さん」
• 巖さんの最近の映像上映
• 巖さん(予定)、ひで子さんの訴え
• 集会アピール採択
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(事前申し込みは不要です)

主 催 袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会

問合せ アムネスティ・インターナショナル日本 TEL:03-3518-6777(若林)
日本国民救援会 TEL:03-5842-5842(瑞慶覧 ずけらん)

NEW
朝鮮学校をとりまく差別問題を考えよう〜子どもたちの笑顔をまもりたい〜

と き 2月25日(土)13:30受付 14:00開始 16:00閉会

ところ なみきスクエア(東市民センター)視聴覚室(千早駅西側)
〒813-0044 福岡県福岡市東区千早4丁目21−45

出演者 金尚均さん(龍谷大学法科大学院教授)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 福岡県朝鮮学校を支援する会、朝鮮学校を支える会、福岡地区朝鮮学校を支援する会

補 足 引き続き「高校無償化全国統一行動県民集会」が同会場で開催されます。こちらにもご参加ください。

NEW
関西マスコミ文化情報労組会議(関西MIC)主催学習会
「共謀罪~警察が私たちの心に踏み込んでくる」

と き 2月25日(土)午後1時半~5時頃

ところ エルおおさか(大阪府立労働センター・大阪市中央区、京阪・大阪市営地下鉄谷町線の天満橋から徒歩約5分)

出演者 原田宏二さん…北海道警でノンキャリアとしては最高ランクの方面本部長(警視長)を務めた。定年退職後、道警時代に裏金作りに関係していたことを告白。これを機に警察の民主化に向けた活動を続ける。著書に「警察捜査の正体」(講談社現代新書)などがある。

内 容 ◯弁護士による解説
「共謀罪・何が問題か~安倍政権の狙い」
◯レクチャー
「警察捜査の正体と共謀罪」
講師・原田宏二さん(元北海道警幹部)
◯質疑・討論
詳しくはコチラ

参加費
入場料
一般800円(MIC参加組合の組合員は無料)

問合せ 関西マスコミ文化情報労組会議(関西MIC)事務局
TEL:06-6316-7490 
FAX:06-6314-3660
メール:shimbun-kinki@nifty.com

補 足 定員:50名

NEW
台湾における婚姻平等化に向けた法改正の動きについて−−その歴史と到達点、展望−−

と き 2月25日(土)14:00~17:00

ところ 明治大学駿河台校舎アカデミーコモン2階 会議室A4
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1丁目1

出演者 ■スピーカー:許 秀雯 氏(弁護士、台湾同性伴侶権益推動聯盟理事長、元立法院委員選挙候補者)
■司会:橋本 恭子 氏(一橋大学社会言語学研究科特別研究員)
■通訳:鈴木 賢 氏(明治大学法学部教授)

内 容 台湾では同性カップルにも法律上の婚姻を認めるための民法改正案が国会に上程され、現在審議中です。今年の4月か5月にも第2読会へと送られる見込みです。アジアで初めての婚姻平等化の実現に向けて、活動してきた当事者NGOの主宰者であり、2013年には3つの家族の多様化実現のための民法改正草案を起草した許秀雯氏(弁護士)を招いて、台湾における同性婚法運動について語っていただきます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 明治大学現代中国研究所

問合せ china@meiji.ac.jp

NEW
緊急学習会 憲法改正 国民投票の問題点

と き 2月25日(土) 14:00~17:00

ところ セシオン杉並
〒166-0011 東京都杉並区梅里1丁目22−32

出演者 パネリストは、現在「国民投票の総て」という本を執筆しつつ、日本の国民投票制度の問題点を指摘されている、ジャーナリストの今井一氏。
護憲派の立場から、元参議院議員の大河原まさこさん、杉並生活者ネットワークの都議会議員、小松久子さん。
そして季刊「社会運動」の編集長・白井和宏さんが進行を務めます。

内 容 ・果たして、国民投票が実施される可能性はどの程度あるのか?
・国民投票制度の問題点は何か?
・国民投票が実施される場合、私たち市民はどのように対応すべきなのか?考えたいと思います。
詳しくはコチラ

主 催 杉並・生活者ネットワーク
リベラル市民政治研究所
市民セクター政策機構

問合せ [杉並・生活者ネットワーク] 
FAX03-5377-1070
e-mail suginami@seikatsusha.net

申し込みは「杉並・生活者ネットワーク」で受け会場の定員は80名ですので、ぜひお早めにお申し込み下さい。

NEW
映画「第九条」自主上映会(宮本正樹監督・脚本)

と き 2月25日(土)14:30~16:00

ところ 京王線府中駅の隣、府中グリーンプラザ けやきホール

出演者 南圭介ほか 若手男女俳優12人

内 容 この映画は、日本国憲法の代名詞のような「第九条」について、立場も考え方も違う20代の男女12人が自由に議論を交わすという異色作。この映画のいいところは、78分という短い時間に議論がかみ合って、とにかくわかり易いことです。「憲法に無関心な人や若い人たちに見てもらえれば、そして関心を持つきっかけになったらいいな」という願いを込めて上映会を企画しました。

参加費
入場料
入場料前売り 1500円

主 催 チームけやき

問合せ 080-8897-9165 (大場)ネット(http://ptix.co/2i3YbQC)でも予約できます。

NPO法人ピースデポ 第18回総会 記念講演会
核兵器禁止条約と核の傘――北東アジアで考える

と き 2月26日(日)16:00〜18:30 (開場15:30)

ところ 明治学院大学 白金キャンパス本館4F(北ウィング)1455教室

出演者 石坂 浩一さん(立教大学准教授)
田巻一彦(ピースデポ代表)

内 容 国連総会決議に基づく「核兵器禁止条約」交渉が、3月に始まります。新しい歴史のページが開かれる今こそ、北東アジアの 現実の中から出発して、核兵器に頼らない地域と世界の平和と 安全への構想を膨らます時です。この構想の実現のためには 日本と韓国が米国の核の傘から抜け出してゆくことが必要です。そのための一歩をどのように踏み出すのか、2つの講演をもとに考えたいと思います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
一般1,000円(ピースデポ会員500円)
※事前申し込み不要。どなたでも参加できます。

主 催 NPO法人ピースデポ

後 援 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

問合せ NPO法人ピースデポ事務局 
Tel:045-563-5101 Fax:045-563-9907 
E-mail: office[@]peacedepot.org 
http://www.peacedepot.org/
https://www.facebook.com/peacedepot.org/

ともに「資本論」を学びましょう!
福山「資本論」を読む会

と き 2月26日(日)13:00~16:00

ところ 福山市市民参画センター2階 セミナールーム
  (JR福山駅から徒歩6分)

内 容 2月の「資本論」学習会では、貨幣の成立を必然化させた「交換過程」を終えて、商品流通における貨幣の諸機能を分析している「第三章 貨幣または商品流通」に入ります。『資本論』が初めての方も、最初からの説明もありますので安心してご参加ください。ぜひ、一緒にに学びましょう!

参加費
入場料
150円(資料・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 携帯:090-9993-9744 伊藤
メール:white47k@mx1.kcv.ne.jp

ドキュメンタリー映画「ハトは泣いている―時代の肖像ー」上映会

と き 2月26日(日) 13:00開場、13:30~16:30

ところ NPO法人スペースナナ
(横浜市青葉区あざみ野1-21-11)
http://spacenana.com/access.html

内 容 2014年に起きた「表現の自由」を問う二つの事件(都立美術館事件、九条俳句事件)を追ったドキュメンタリ―映画です。
今、表現の自由が押しつぶされようとしています。
私たちの未来を一緒に考えましょう。ご来場お待ちしています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
一般1000円、高校生・大学生500円、中学生以下無料

主 催 ハトは泣いている上映会実行委員会

協 力 NPO法人スペースナナ
http://spacenana.com/

問合せ NPO法人スペースナナ 電話:045-482-6717
e-mail event@spacenana.com

補 足 定員:30名
※定員を超えましたらお断りする場合がございます。
上映終了後、小グループでの歓談を予定しています。
会場へのアクセス
東急田園都市線、横浜市営地下鉄
「あざみ野」駅・西口より徒歩6分

その他 ただ今、映画館での上映の予定はございませんので、この機会にご覧ください。

「いのちの森 高江」上映会

と き 2月26日(日)11時、13時、15時(3回上映)

ところ 大田区民センター(JR蒲田駅徒歩12分)
〒144-0054 東京都大田区新蒲田一丁目18番23号

内 容 この映画は、ヘリパッド工事よって「長い時間をかけて作りあげられた自然が一瞬で壊されてしまう」様子を描いています。「人間の愚行は人間が止めなければ」と訴えます。

参加費
入場料
500円

主 催 ZENKO南部

後 援 ジュゴン保護キャンペーンセンター

問合せ 090-2737-3069

NEW
トウキョウドキュメンタリーフォト2017

と き 2月21日(火)~2月26日(日)
12:00~19:00 ※会期無休・入場無料

ところ キチジョウジギャラリー
〒181-0001 東京都三鷹市井の頭3丁目32−16
gallery re:tail
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町3丁目12−9 潤マンション103
gallery CLOSET
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-9 ,2F

出演者 ●出展作家
・安達康介・神永悦史・川畑嘉文・高木佑介・髙木忠智・鶴崎燃・冨永晋・丸山耕・森井勇介・山内浩・吉田亮人

内 容 吉祥寺の3つのギャラリーで2月21日から、ドキュメンタリーを撮影している写真家11人による「トウキョウドキュメンタリーフォト2017」が開催される。
「新天地・ウガンダで生きる南スーダン難民」「ペルーの手織り職人」「ラオスで不発弾とともに生きる人たち」など、全ての写真家が継続的に同じ地を訪れ、現地の人々の暮らしを収めた写真を展示する。
詳しくはコチラ

NEW
連続講座【第7回 憲法カフェ】「テロリスト、犯罪者ではないから大丈夫? ~『共謀罪』法案を考える~」

と き 2月26日(日)17:00~19:40

ところ green CAFE 
東京都板橋区常盤台4-5-23
(上板橋第三中学校 正門前)
※最寄駅※ 東武東上線 上板橋駅 徒歩 約8分 

出演者 伊藤 朝日太郎 弁護士
明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)弁護士
キーストーン法律事務所(豊島区池袋)

内 容 ◆「『共謀罪」は 怖い」って聞くけど、どうして? 私たちと関係あるの? 内心の自由ってなに? どんな関係があるの? 
今だからこそ、お話 聞いてみませんか?
詳しくはコチラ

参加費
入場料
資料代50円 + カフェ&軽食代950円  合計1000円

問合せ 問合せ・参加申し込み:
板橋・生活者ネットワークまでご連絡ください。
TEL 03-5920-6875 FAX 03-6912-3411
isnet@green.ocn.ne.jp          
東京都板橋区常盤台4-6-2

補 足 ※お席に限り(20人)がありますので、必ずお申し込みをお願いいたします。
※もしもご希望の方が定員よりも多くなった場合は、板橋区内の方を優先とさせていただきます。
※会場は段差があります。ご了解ください。

NEW
戦略ボードゲーム「チャトランガ」
東京第2回入門編&ひなまつり大会

と き 2月26日(日)13:00〜17:00

ところ スマイルなかの 3階会議室
東京都中野区中野5−68−7

内 容 チャトランガって?
「創ろう友だちを!国境のない平和な地球を!」
様々な障害を乗り越えて相手の司令部を取る、「戦略と運」のボードゲーム 。
ルールは簡単だけど奥深い!はじめての方でも子どもから大人まで、夢中になって遊べます。
そして、対戦後は相手と友だちになってしまう不思議なゲームです。

※当イベントの収益は、バングラデシュの子どもたちの教育支援にさせていただきます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
中学生以下100円、高校生300円、一般500円

主 催 NPOアースキャラバン東京事務局

問合せ NPOアースキャラバン東京事務局
TEL:03-3385-7558
Mail:info-tokyo@earthcaravan.jp

補 足 定員:20名(どなたでも参加できます)
お申込み:Facebokイベントページ (チャトランガで検索!)
  または下記電話・メールにて
NPOアースキャラバン東京事務局
TEL:03-3385-7558
Mail:info-tokyo@earthcaravan.jp
チャトランガHP http://earthcaravan.sakura.ne.jp/chatranga/index.html

NEW
映画「標的の村」上映会

と き 2月26日(日)①10:30~ ②14:00

ところ 小樽市生涯学習プラザレピオ ふれあいホール 
(小樽市富岡1-5-1) 

内 容 三上智恵監督「標的の村」上映会
詳しくはコチラ

参加費
入場料
一般 前売:1000円/当日:1200円 
高校生以下 前売:800円/当日:1000円

主 催 小樽後志地域行動(LAOS)

問合せ 岡田 090-9433-0882
小樽猫の事務所 0134-22-1354

補 足 スクリーンに叩きつける、伝えきれない沖縄。
全国ニュースから黙殺されたドキュメント。
87回キネマ旬報ベストテン 文化映画第一位 そのほか数々の受賞記録映画

NEW
チャリティ “あなたの痛み取ります”
「タオ療法体験 Day」

と き 2月26日(日)13:00〜17:00

ところ スマイルなかの 3階会議室
東京都中野区中野5−68−7

内 容 ◎タオ療法って?
 ・経絡やツボに触れて、気の滞りを解消する手技療法です。あなたの健康を根本から回復します。
 ・世界8カ国で実践されています。
  http://taoshiatsu.com
◎健康相談やタオ療法を学びたい方のための、Q&Aコーナーもあります。
◎チャリティはNPOアースキャラバンを通じて、バングラデシュの子どもたちの教育支援につかわせていただきます。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
今回はチャリティでの施療体験のため、施療時間はお一人約30分となります。500円以上のご支援をお願いいたします。

主 催 NPOアースキャラバン 東京事務局

問合せ 電話:03−3385−7558
メール:info-tokyo@earthcaravan.jp

補 足 ◎会場の出入りは自由です。ご都合の良い時間にお越しください。
◎事前にご予約いただくと、スムーズに受けていただけます。

DAYS原発災害対策を考えるシンポジウム -次の原発事故が起こった時 私たちは何ができるのか 自分とまわりの人を守る方法

と き 2月27日(月))19時〜21:30(開場18時半)

ところ 野方区民ホール
東京都中野区野方5-3-1☎ 03-3310-3861(西武新宿線「野方」駅から徒歩3分)

出演者 中村勝美(元陸上自衛隊研究本部特殊武器研究室長)、上岡直見 (環境経済研究所長《技術士事務所》)、 田中三彦(国会事故調査委員会委員)、七沢 潔( NHK放送文化研究所上級研究員)、   広河隆一 ( DAYS被災児童支援募金・原発災害対策フォーラム世話人)

内 容 福島原発事故からまもなく6年。自衛隊の原発事故救援の課題 、避難について、国会事故調の提言は、何が生かされ、何が生かされなかったか、次の原発事故でメディアは役割を果たせるのか など、次の原発事故が起こった時 私たちは何ができるのか、自分やまわりの人を守るためにはどうすればいいのかを考えるシンポジウム。

参加費
入場料
1000円

主 催 原発災害対策フォーラム、DAYS被災児童支援募金 

後 援 DAYS JAPAN

問合せ shienbokin@daysjapan.net

NEW
「3.11を忘れない ~被災地の課題を考える~」

と き 3月3日(金)19:00~21:00(開場18:30)

ところ 文京区男女平等センター 研修室A

出演者 安田菜津紀氏、草野祐子氏、富塚 悠吏君、吉田悌一郎氏

内 容 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、震災直後より今日に至るまで被災地での法律相談活動を継続し、被災者の皆様の声に身近に接してきました。震災から6年の節目に改めて、イベントを企画しました。この企画では、3.11を風化させないという想いを込めて、震災後、被災地で様々な活動をされている方々や実際に現地で被災した方をお呼びして、様々な視点から被災地の現状や課題について話し合います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加申込フォームよりアクセスし、必要事項記入の上、お申込みください。

上記からお申込みができない場合は、HRN事務局(info@hrn.or.jp)宛に、
件名を「3/3開催「3.11を考える」参加希望」として、お名前、ご連絡先を明記の上、
お申し込みください。

※当日参加も可能ですが、人数確認の為できるだけ事前のお申込みにご協力いただけますと助かります。

主 催 認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)

問合せ 電話:03-3835-2110 Fax:03-3834-1025
info@hrn.or.jp

映画「第九条」上映会

と き 3月4日(土)14:00~16:30

ところ 上宮川文化センター(芦屋市上宮川町10-5)

内 容 憲法成立の歴史から米ソ冷戦、基地問題、核など多角的に九条の存在に切り込んだ昨夏公開の映画。12人の若手俳優が熱い議論を交わし、観た人に「あなたならどう考える」と問いかけています。
上映後、感想等を話し合う意見交換会を行います。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
500円(学生以下無料)

主 催 芦屋「九条の会」

問合せ 090-7118-2312(片岡)

NEW
子どもたちにしのびよる戦争の足音 〜中学生・高校生と自衛隊〜

と き 3月4日(土)午後7時〜8時45分(6時半開場)

ところ 練馬区勤労福祉会館2階大会議室
(西武池袋線大泉学園駅南口徒歩3分)

出演者 坂本茂さん(練馬平和委員会)

内 容 練馬自衛隊基地ウオッチャーの坂本さんに学校に近づく自衛隊や、練馬の駐屯地内部の様子についてお話していただきます。

参加費
入場料
500円

主 催 平和を育てる大泉9条の会

問合せ 町田03−3923−0915

本庄9条の会、第8回 戦争を語りつぐ会

と き 3月5日(日)13:00~16:00

ところ はにぽんプラザ一階多目的ホール(本庄駅北5分)
本庄市銀座1-1-1 TEL: 0495-22-0828

出演者 沖松信夫さん

内 容 元特攻隊員が語る出撃前夜
講師:沖松信夫氏(元特攻隊長)
 講師:プローヒール
1925年生 広島県呉市生まれ
陸軍士官学校卒 陸軍航空士官学校操縦課程修了 元特攻隊長
東大卒 元高校教師 熊谷市在住 92才

参加費
入場料
無料

主 催 本庄9条の会

後 援 本庄市・本庄市教育委員会

問合せ 0495-24-1739(田中)

補 足 本庄駅北口で下りて西に徒歩、5分です。
車で来られる方は、注射場が狭いため乗り合いでお越しください。

3・7 憲法行脚の会

と き 3月7日(火)
開会18:30〜(開場18:00) 閉会20:30

ところ 在日本韓国YMCAスペースワイホール
東京都千代田区猿楽町2-5-5 電話:03-3233-0611
JR中央線(各駅停車)水道橋駅 (東口から徒歩約5分)

出演者 ○ピーコと信のニッポン・チェック ピーコ&佐高信
○出発の歌  小室等&小室ゆい
○憲法クン  松元ヒロ
○自民党改憲草案を嗤う 小林節vs.佐高信
司会・雨宮処凛

内 容 私たちの武器は怒りと笑い。
寄席はそれが横溢している。
多彩なゲストを迎えて、大いに“安倍一族”を嗤ってやろう。
乞う、御期待!
詳しくはコチラ

参加費
入場料
2000円

問合せ 憲法行脚の会 http://www.kenpou.info
〒113-0033 東京都文京区本郷3-13-3 三富ビル
ペンの事務所気付
TEL03-5804-3210 FAX03-3818-9312

NEW
フクシマから6周年 3・7メモリアル講演会
「福島から伝えたいこと
 ―被災地からの報告―」

と き 3月7日(火)18:30〜20:30

ところ かでる2・7 2階
(北海道札幌市中央区北2条西7丁目)

出演者 山本富士夫さん(元教諭)

内 容
詳しくはコチラ

参加費
入場料
300円

主 催 原発問題全道連絡会、国民大運動北海道実行委員会
(連絡先 道労連内 011-815-8181)

3・8国際女性デー 全道集会

と き 3月8日(水) (開場17:50)18:20〜

ところ かでる2・7 ホール
(北海道札幌市中央区北2条西7丁目)

出演者 記念講演   島 洋子さん(琉球新報社)
「いのち輝く平和な沖縄・日本を
~女性記者が見る基地・沖縄~」

内 容 国際女性デーは、1908年アメリカの女性労働者がパンと参政権を求めて立ち上がり、デモ行進などをしたのがはじまりです。3月8日は、世界の女性たちが「パンと権利と平和」を求めて一斉に立ち上がる日です。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円(学生500円)

NEW
第27回憲法問題連続学習講座「共謀罪とは何か」

と き 3月9日(木)18:00開場、18:30~20:30

ところ 中野区立産業振興センター3階大会議室

出演者 山下幸夫さん(弁護士)日弁連共謀罪対策本部事務局長

内 容 過去三度、廃案になった「共謀罪」をオリンピックにかこつけて強行しようとしています。市民運動、民主的運動までが処罰の対象となる可能性がある「テロ等帽子準備罪」について学習します。

参加費
入場料
800円(学生無料)

主 催 九条の会・中野

問合せ 03‐6454‐0993 NPO法人みんなの広場(小澤)

原発とエネルギーを学ぶ朝の教室  ~Morning study of Silent Spring~
第80回 「ヘイトクライムを越える」最首悟さん(和光大学名誉教授/いのち論)

と き 3月11日(土)9:00〜10:30

ところ クレヨンハウス東京店B1 レストラン「広場」
〒107-0061 東京都港区北青山3丁目8−15 都営青山北町アパート15号棟

出演者 講師/最首悟さん(和光大学名誉教授/いのち論)
司会/落合恵子(クレヨンハウス主宰)

内 容 お待たせしました! 一度延期になりました最首悟さんの回をあらためて開催します。米国の大統領選をはじめ世界的にも差別、排外主義が表面化する昨今。日本でも、相模原市の障がい者施設での殺傷事件などは記憶に新しいところ。差別や偏見、憎悪犯罪(ヘイトクライム)が起きる背景と、それを越えていく方法を、3月11日、じっくり考えましょう
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1,000円(税込)

問合せ ・申込/お電話またはメールでご予約ください。
・電話/03-3406-6465
(ミズ・クレヨンハウス 11:00~19:00)
email/josei@crayonhouse.co.jp

NEW
第6回 江古田映画祭―3・11 福島を忘れない―

と き 2月25日(土)〜3月12日(日)

ところ 2月25日(土)のみ
会場 武蔵大学 1号館地下1002シアター教室
(〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1)

2月26日(日)~3月12日(日)        
会場 ギャラリー古藤
(〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16)

内 容 おかげさまで6回目を迎えました。今回も私たちは、福島原発事故をひきつづき考えるために、今年のメインテーマも「3・11福島を忘れない」としました。 監督等のトークと企画展示とともに,歌や詩を朗読するイベントデーを設けました。また、武蔵大学生や相馬高校生による作品も揃えました。どうぞお越しください。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
映画1本(組)につき(「奪われた村」と「福島 浜通りの学校」は2本セット)
[大人] 予約 1,000円 当日 1,200円
(「赤宇木」「武蔵大学永田ゼミ制作作品」「記念イベント<福島に思いを寄せて>」は各500円)
[大学生・ハンデのある方]800円(「赤宇木」は無料)高校生以下無料
チケット3枚つづり 2,700円
トークがある場合も上記料金に含まれます。

補 足 電話 03(3948)5328 ホームページは「ギャラリー古藤」で検索

江古田映画祭facebookページ https://www.facebook.com/ekodaeigasai

NEW
ともに「資本論」を学びましょう!
福山「資本論」を読む会

と き 3月12日(日)9:30~11:30

ところ 福山市市民参画センター2階 セミナールーム
(福山駅から徒歩6分)

内 容 読む会では、難解だと言われる「資本論」本編に入る前に、初学者向けにガイダンスを行っています。3回目は、「資本論」が対象にする資本主義経済はギリシャ・ローマの古代経済やヨーロッパ中世経済とどういう点でどのように異なっているのかを検討することによって、私たちの社会を歴史的な視点で見ていきます。

参加費
入場料
250円(資料・お茶代)

主 催 福山労働者学習講座

問合せ 携帯:090-9993-9744 伊藤
メール:white47k@mx1.kcv.ne.jp

NEW
東京衆議院25小選挙区、市民と野党が大集合!

と き 3月13日(月)17:00~19:00(入館証配布開始16:30)

ところ 衆議院第一議員会館大会議室

出演者 1.各党代表
  長妻昭、衆院議員・民進党東京都連会長代行
  小池晃、参院議員・日本共産党書記局長
  社民党、自由党(要請中)
2.市民連合代表
  広渡清吾、東京大学名誉教授・元日本学術会議議長
3.衆院選小選挙区予定候補、多数

内 容 私たちは、平和とくらしを守るために、野党共闘による衆議院選での勝利を目指します。
私たち「つなぐ会@東京」は、東京の25小選挙区すべてで、市民と野党が政策協議を進め、野党統一候補を実現していくことを目指しています。
この集会は、そのための出発点となる大切な集会です。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
参加費無料

主 催 市民と野党をつなぐ会@東京

協 力 みんなで未来を選ぶ@文京台東中央(略称 ぶたちゅう)
戦争法廃止オール大田実行委員会
市民連合 めぐろ・せたがや(めぐせた)、
選挙で変える!渋谷・中野市民連合(しぶなか市民連合)、
自由と平和のために行動する議員と市民の会@杉並、
練馬・みんなで選挙(ねりせん)、
TeNネットワーク、
チェンジ国政!板橋の会、等

問合せ ren_tunagu2@yahoo.co.jp

科研費・災害復興のための哲学構築シンポジウム
「あのときの、あれからの福島」

と き 3月18日(土)13:00~

ところ 東京大学文学部法文二号館一番大教室
〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3−1

出演者 1.相川祐里奈・『避難弱者』の著者
コメンテータ 桜井勝延・南相馬市長
2.安東量子・「福島エートス」の主催者
コメンテータ 早野龍五・東京大学理学部教授
3.眞並恭介・『牛と土』の著者
コメンテータ 一ノ瀬正樹・東京大学文学部教授
4.後藤あや・福島県立医科大学教授
コメンテータ 高村昇・長崎大学原爆後障害医療研究所教授

内 容 近年最大の災害である東日本大震災そして福島第一原発事故について、もう一度振り返り、現在進行形の被害や誤解の解決、そして将来に向けての教訓を得ること、に関して、現地からの声も含めて、学術的かつ実効的な形で、方向性を模索してまいりたいと思っています。以下の要領です。タイトルなどまだ未定のものにつきましては、確定次第更新していきます。
詳しくはコチラ

主 催 東京大学哲学研究室

問合せ オーガナイザー:一ノ瀬 正樹
東京大学大学院人文社会系研究科・哲学研究室
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
Tel & Fax: +81-3-5841-3739
E-mail: doxa@ l.u-tokyo.ac.jp

「食卓の肖像」福岡上映会

と き 3月18日(土)
①14:00受付 14:30~16:13
映画出演者によるトーク 16:30~17:30
②18:00受付 18:30~20:13

ところ ふくふくプラザ5F 視聴覚室
福岡県福岡市中央区荒戸3-3-39

内 容 戦後最大級の食品公害「カネミ油症事件」。“食の遭難者”たちを心暖かく見つめた傑作ドキュメンタリー。公式ホームページはこちら
監督 金子サトシ/上映時間 103分
詳しくはコチラ

参加費
入場料
料金
大人:1000円 高校生~20歳代 500円
中学生以下 無料

主 催 「食卓の肖像」福岡上映会実行委員会

後 援 日本の科学者読書会

協 力 terra cafe kenpou

問合せ nephyongel@gmail.com

〈10代向け〉「知って考えよう!子どもの権利条約」

と き 3月19日(日)14:00〜16:00

ところ アムネスティ・インターナショナル日本 東京事務所
(東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル7階)

内 容 現在、過酷な生活をおくっているシリアの子どもたちを、子どもの権利条約の観点から考えてみませんか?子どもの権利条約は、子どもの基本的人権を国際的に保障する条約で、日本も1994年に参加しています。しかし、この条約についてよく理解している人は、まだ少ないと思います。子どもの権利条約により守られているあなたの権利について学んでみませんか?お茶とお菓子を用意してお待ちしています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
無料

主 催 アムネスティ日本 子どもネットワーク
email: children@amnesty.or.jp

平和教育登戸研究所資料館 第7回企画展「『『登戸』再発見 —建物と地域から追う登戸研究所—」

と き 2016年11月16日(水)〜2017年3月25日(土)
開館時間 10:00〜16:00
休 館 日 日曜〜火曜,2016年12月25日〜2017年1月10日,1月14日,3月18日
※その他,天候等の状況により,閉館する場合があります。

ところ 明治大学平和教育登戸研究所資料館
〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
明治大学生田キャンパス内

内 容 2016年度の企画展は、生田キャンパスと周辺地域に注目し、登戸研究所の諸施設の変遷と
地域社会との関わりについて見つめ直します。

そもそもどうして生田なのに「登戸」研究所なのか、現在のキャンパスのどこにどのような施設があったのか、周辺にはどのような施設があったのか、今でも確認できる研究所の「痕跡」などについて明らかにします。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
入館料 無料

主 催 明治大学平和教育登戸研究所資料館

補 足 ◇■関連イベント■◇
●スタンプラリー「登戸研究所の史跡 探検!ラリー」

●元登戸研究所関係者による証言会
「登戸研究所で働いていた人に聞く登戸研究所の姿」
【日時】2017年3月11日(土)13:30~15:00 ※開場13:00

●企画展展示解説
【日時】2017年1月28日(土),2月25日(土)13:00~14:00

丸木位里・丸木俊「原爆の図」と
市民が描いた「原爆の絵」展

と き 2月14日(火) ~ 3月25日(土)

ところ 戦争と平和の資料館ピースあいち 3F 展示室
〒465-0091 愛知県名古屋市名東区よもぎ台2丁目820

内 容 丸木位里・丸木俊の「原爆の図・第一部幽霊と広島の市民が描いた「原爆の絵・ヒロシマを語り継ぐ」から26枚の絵の展示

参加費
入場料
*大人  700円   *小中高生  300円
(この金額は入館料を含んでいます)

補 足 関連イベント
◇丸木美術館・岡村幸宣学芸員によるギャラリートーク
*日時  2月18日(土) 13:30 ~ 14:30
◇映画「ひろしま」上映会<2回上映>
*日時  2月18日(土) 15:00 ~
*日時  2月19日(日) 14:00 ~
*参加費  この映画会は入館料とは別に500円が要ります。 
ー 映画「ひろしま」は1953年制作 <104分> ー  

税金カフェ【公正な税制を求める市民連絡会】

と き 3月28日(火)18:30〜20:40(開場17:30)

ところ キイトス茶房
新宿区箪笥町25野吾ビル2F
TEL 03-5206-6657
大江戸線「牛込神楽坂」A1出口徒歩1分
東西線「神楽坂」2番出口徒歩5分
http://kiitosryo.blog46.fc2.com/

出演者 ◆第1部「立憲主義と人権から考える公正な税制とは」
講 師:宇都宮 健児 氏
 弁護士。公正な税制を求める市民連絡会 共同代表
 著書に『自己責任論の嘘』『悪と闘う』他多数

◆第2部「公平な税金の集め方をみんなで考えてみよう」
講 師:内田 麻由子 氏
 税理士。内田麻由子会計事務所代表
 公正な税制を求める市民連絡会 税金カフェ担当

内 容 「税金ってなんだかムズカシそう・・・」「税金のことなんて知らなくてもいい?」
いえいえ、税金は、憲法と同じように、わたしたちの生活に密接にかかわっています。
税について考えることは、わたしたちの暮らしを考えることなのです。

「立憲主義と人権から考える公正な税制とは?」「公平な税金の集め方は?」
お茶を飲みながら、弁護士の宇都宮健児さん&税理士の内田麻由子さんと、楽しく税金について学び、語り合いましょう。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1500円(ワンドリンク付き。当日会場にて)

主 催 公正な税制を求める市民連絡会

問合せ お申込みはEメールにて、info@n-sk.org(内田)へ。

補 足 定員:30名(先着順)

第3回むさしの平和のための戦争展「写真が語る侵略戦争 村瀬守保写真展」

と き 3月31日(金)17:00〜4月3日(月)19:00

ところ 武蔵野プレイス(JR中央線・西武多摩川線武蔵境駅南口駅前)

内 容 村瀬守保は1937年7月に召集され、輜重兵として中国大陸を2年半にわたり転戦。カメラ2台を持ち、中隊全員を撮影することで、非公式の写真班として認められ、約3000枚の写真をのこしました。
それは、日本兵の日常を克明に記録し、戦争の実相をリアルに伝えるものでありました。一方、その中には南京事件の虐殺現場や「慰安所」など、否定できない侵略の事実も映し出されています。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
◯村瀬守保写真展
入場無料(展示解説資料は500円)

主 催 「むさしの平和のための戦争展」実行委員会・むさしの科学と戦争研究会

問合せ 080-3157-1858(鳥居)
nusashinosensouten@gmail.com

補 足 ◯「陸軍登戸研究所」上映会
楠山監督トークあり
4月1日(土)14:00〜19:30(受付開始13:30)
◯講演会
南京百人斬り訴訟の顛末
講師 穂積剛さん(弁護士)
4月2日(日)14:00〜16:30(受付開始13:30〜)

第1回 日本軍「慰安婦」博物館会議

と き 4月1日(土)13時半〜

ところ 在日本韓国YMCA・地下スペースYホール
(〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2丁目5−5)

内 容 日本では、2005年にアクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)が開館して11年が経ちました。しかし、安倍政権下で「慰安婦」に関する事実の否定や捏造が一層激しさを増すなかで、加害国日本の市民こそ、「慰安婦」の事実を学ぶ必要があると思います。そこで「慰安婦」などなかったことにしようとする風潮への批判も込めて、「第1回日本軍『慰安婦』博物館会議」を日本で開催します。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
1000円

主 催 第1回 日本軍「慰安婦」博物館会議実行委員会

問合せ アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)気付
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F

補 足 <賛同金>
団体:5000円  個人:1000円

<振込先>
郵便振替口座: 00110-2-579814  名称 女たちの戦争と平和人権基金
銀行口座: 三菱東京UFJ銀行渋谷支店 普通口座 3345859
特定非営利活動法人 女たちの戦争と平和人権基金

美しければ美しいほど The more beautiful it becomes

と き 2月7日(火)〜4月9日(日)
午前9時半〜午後4時半
休館日 毎週月曜日(祝日にあたる場合は翌平日)

ところ 原爆の図丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1401
TEL:0493-22-3266 FAX:0493-24-8371

出演者 会期中の関連企画
●シンポジウム「沖縄の情報は本当に伝えられていないのか」
3月26日(日) 15時より 予約不要・無料(要展覧会チケット)
登壇者
伊藤守(メディア研究/早稲田大学教授)
津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
毛利嘉孝(社会学/東京芸術大学教授)
モデレーター 木村奈緒(フリーライター)

内 容 参加作家 嘉手苅志朗、川田淳
協力 佐喜眞美術館、Barrack、木村奈緒、西尾祐馬
イベント共催 早稲田大学メディアシティズンシップ研究所
企画 居原田遥

1984年、丸木夫妻は《沖縄戦の図》を描きました。
それは絵画というメディアを通じて、沖縄戦の恐怖を今日まで伝える作品です。
それから30年あまりが過ぎた現在。
沖縄の、なにを見て、なにを聞き、どのように表現することができるのでしょうか。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
大人900円
中高生または18歳未満500円
小学生400円

補 足 会期中には他にもイベントを開催する予定です。
詳細は決まり次第、丸木美術館WEBサイトでお知らせします。

NEW
2017年第1回特別展「空襲被災者と戦後日本」

と き 2月25日(土)~4月9日(日)12:00~16:00

ところ 東京大空襲・戦災資料センター2階
〒136-0073 東京都江東区北砂1丁目5−4

出演者 会期中には会場で講演会も開催します。
■2月25日(土)14時:安野輝子さん(大阪空襲訴訟を伝える会)
「語り伝えたいこと―戦災傷害者の一人として」
■3月4日(土)14時:岩崎建彌さん(元全国戦災傷害者連絡会事務局長)
「戦災傷害者の歴史をつくった女(ひと)―杉山千佐子とその人生」

内 容 この展示では、全国戦災傷害者連絡会の故杉山千佐子氏の資料をはじめ、各地の空襲遺族団体や名古屋空襲訴訟に関係する資料などを展示しながら、これまであまり知られてこなかった空襲被災者の戦後の歩みをたどります。
詳しくはコチラ

参加費
入場料
協力費 一般300円 中・高校生200円 小学生以下無料

チェルノブイリ31年・福島6年救援キャンペーン 
今中 哲二 講演会 「放射能汚染の時代をどう生きるか、子どもたちをどう守るか」

と き 4月28日(金)開演19:00 (18:30開場)

ところ 練馬文化センター 小ホール
(〒176-0001 東京都練馬区練馬1-17-37)
西武池袋線・西武有楽町線・都営地下鉄大江戸線「練馬駅」北口徒歩1分

内 容 チェルノブイリ原発事故から31年、福島原発事故から6年。
この放射能汚染の時代をどう生きるのか、子どもたちをどう守っていくのか、一緒に考えてみませんか。

【講演】
今中哲二
京都大学原子炉実験所研究員。
チェルノブイリと福島の放射能汚染の実態について調査・研究を続け、原発の危険性を訴えている。

【報告】
黒部信一:「未来の福島こども基金」代表、小児科医
佐々木真理:「チェルノブイリ子ども基金」事務局長
詳しくはコチラ

参加費
入場料
予約1000円 当日1300円

主 催 チェルノブイリ子ども基金、未来の福島こども基金

問合せ チェルノブイリ子ども基金
Tel/fax 03-6767-8808 E-mail :cherno1986@jcom.zaq.ne.jp

補 足 予約受付は4/26(水)午後3時まで。定員になり次第お申し込みを締め切ります。

「奪われた野にも春は来るか~フクシマを考える」鄭周河写真展

と き 2月1日(水)〜4月30日(日)

ところ 高麗博物館

〒169-0072
東京都新宿区大久保1-12-1
 第二韓国広場ビル7階

TEL:03-5272-3510   
FAX:03-3207-0533 

内 容 原発事故から5年以上たった今も、 多くの人が避難生活を強いられ、 放射能汚染の問題も未だ解決されていません。 「野」には人影もなく、 それでも巡りくる四季の風景は美しい。 植民地朝鮮の土地を奪われた人々と、 放射能の汚染により、 豊かな日々が奪われてしまった福島の人々を重ね合わせ、 その怒り、 痛み、 苦しみを共有したいと思います。
詳しくはコチラ

補 足 <講演会>
◆鄭周河さん(写真家/韓国百済芸術大学教授)
フクシマの日常を撮るー『噛まれた舌の痛み』
2.18(土)14:00~16:30 
◆徐京植さん(作家/東京経済大学教授)
フクシマ以後の生とは?-『少数者の立場から』
4.8(土)14:00~16:30
※どちらの回も要予約 1000円(入場料含む)

「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016

と き 11月19日(日)9:00~

ところ 皇居周辺

内 容 今年で第7回となる 「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2016を、11月19日(土)に皇居周辺で開催します。
今年は、大人だけでなく子どもたちにも世界の子どもたちの状況や人権を考えてもらうため、中高生によるスピーチの披露や子どもの人権が学べるアトラクションコーナーを設けます。

【開催概要】
場所:皇居周辺
集合場所:日比谷公園 健康広場
種目:5kmウォーク、5kmラン、10kmラン
詳しくはコチラ

参加費
入場料
《ウォーク、ラン》
大人:5,000円 学生:2,500円
小学生:1,000円(保護者同伴)未就学児:無料
《リレー》(4人1組)
大人4名:16,000円 学生4名:8,000円

主 催 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

問合せ 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
Tel 03-3835-2110  Fax 03-3834-1025  Mail info@hrn.or.jp

担当 宍倉

マガ9のメルマガ
メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓

マガ9のブログパーツ
マガ9ブログパーツ

「マガジン9」の更新項目がまるわかり!ぜひ、あなたのブログにも設置してください。

マガ9のコンテンツ

  • – 特別企画 –
  • 「希望のエリア」のあきらめない人々
  • 2012年憲法どうなる?どうする?
  • 2016年 参院選挙を考える
  • B級記者どん・わんたろうが「ちょっと吠えてみました」
  • イェダりんの“リベルテ”を探して!
  • おしどりマコ&ケンの「脱ってみる?」
  • カエルの公式
  • こちら編集部
  • この人に聞きたい
  • つながって考えよう
  • ニッポンの社長インタビュー
  • ひとみの紐育(ニューヨーク)日記
  • ぼくらのリアル☆ピース
  • マガ9スポーツコラム
  • マガ9タイムス
  • マガ9レビュー
  • マガ9備忘録
  • マガ9学校 参加者募集
  • マガ9学校やりました。
  • マガ9対談
  • みんなのこえ
  • わたしたちの日韓
  • 三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記
  • 下北半島プロジェクト
  • 世界から見た今のニッポン
  • 中島岳志の「希望は、商店街!」
  • 伊勢崎賢治の平和構築ゼミ
  • 伊藤塾・明日の法律家講座レポート
  • 伊藤真のけんぽう手習い塾
  • 原発のある地域から
  • 原発震災後の半難民生活
  • 女性が動けば変わる!
  • 女性と政治と社会のリアルな関係
  • 小石勝朗「法浪記」
  • 川口創弁護士の憲法はこう使え!
  • 憲法24条を考える
  • 映画作家・想田和弘の観察する日々
  • 時々お散歩日記
  • 木内みどりの「発熱中!」
  • 松本哉ののびのび大作戦
  • 柴田鉄治のメディア時評
  • 森永卓郎の戦争と平和講座
  • 沖縄・ゆんたくるー便り
  • 沖縄タイムス・新沖縄通信 別冊
  • 注目!安保法制違憲訴訟
  • 渡部建具店の日々
  • 癒しの島・沖縄の深層
  • 立憲政治の道しるべ
  • 被災地とつながる
  • 鈴木邦男の愛国問答
  • 集団的自衛権を考える
  • 雨宮処凛がゆく!
  • 風塵だより