・2005年3月1日に「マガジン9条」として発足。

(「マガジン9条」の発起人は石坂啓(漫画家)、上原公子(前国立市市長)、小山内美江子(脚本家)、香山リカ(精神科医)、姜尚中(東京大学教授)、きむらゆういち(絵本作家)、小林カツ代(料理研究家)、小室等(ミュージシャン)、斎藤駿(カタログハウス相談役)、佐高信(評論家)椎名誠(作家)、ピーコ(服飾評論家)、毛利子来(小児科医)、森永卓郎(経済アナリスト)、吉岡忍(ノンフィクション作家)、渡辺一枝(作家)、渡辺えり(劇作家/演出家/女優))

当初は、自民党を中心とした憲法改正の動きが活発にあり、9条や改憲の啓蒙運動を主旨とするウェブマガジンとして立ち上がりました。2006年にネット上で展開した「マガ9国民投票」は大きな反響を呼び、マスメディアにも取り上げられました。

・憲法9条から25条や99条の問題へ

その後、9条(平和憲法や安全保障)の問題だけでなく、25条(生存権)にかかわる、貧困問題や労働問題、また憲法99条にかかわる立憲主義についてなど、フィールドが広がっていきます。2009年衆院選挙では、全民主党候補者に対して、「憲法9条をどう考えるか?」というアンケートを実施しました。また出版社とのコラボにより、人気コラムが書籍化。これまでに10冊が出版されています。

読者アンケートの結果から「社会や憲法、時事問題への関心が高く、マスメディアの報道だけではあきたらず、さまざまな情報を集めて、自分なりの考えを形成する30代〜40代の男性」という読者層が浮かび上がってきました。

・2010年5月12日に「マガジン9」にサイトリニューアル

6年目を迎え、より使いやすく読みやすい「憲法と社会問題を考えるウェブマガジン」として、リニューアルしました。「マガジン9」の9は、憲法9条だけでなく、立憲主義の99条であり、刑法9条のことでもあります。

「マガジン9」が目指すものは、問題を抱える当事者や問題意識を持つ人たちが、専門家、研究者、運動家たちとのコミュニティを形成し、「社会変革へのパワー」となる世論を作り出すプラットホームとなることです。

←「マガジン9」トップページへ   このページのアタマへ↑

マガジン9

マガ9のコンテンツ