• ご支援ください
  • |三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記
  • 女性が動けば変わる!
  • マガ9学校やりました
  • マガ9学校の動画
  • 日本全国イベント情報
  • 日本全国デモ情報
  • マガ9の動画
  • 国民安保法制懇
  • 脱ってみるデイリー
  • マガ9もつぶやいてます。
  • マガ9フェイスブックページ
  • YOUTUBE:マガ9チャンネル
  • マガ9UST
  • 伊藤塾・明日の法律家講座レポート
  • マガ9備忘録
  • こちら編集部
  • 「マガ9」話題の執筆陣
    • おしどりさん
    • 雨宮処凛さん
    • 伊勢崎賢治さん
    • 伊藤真さん
    • 森永卓郎さん
    • 鈴木邦男さん

    vol.482

    戦後最低の投票率と翼賛選挙の記憶

     先の衆議院選挙の投票率は52.66%と、戦後最低だった前回をさらに下回りました。

     この熱のなさは何なのか? 「解散・総選挙の大義がない」とか「争点がはっきりしない」といったことがその理由として挙げられたものの、どうもしっくりこない。「この空気に近いものをむかし感じたことがあるぞ」と思いを巡らせていたら、25年前の東ドイツでの地方選挙に行き当たりました。

     当時、留学生として同国に暮らしていた私は、「外国人でもこの国に6カ月以上在住している者であれば選挙権を有する」との制度に感心し、投票所に出かけました。地域の集会所のような建物では、横長のテーブルに選挙管理委員が2人座り、右側の人の前には投票用紙、左側の人の前には投票箱が置かれていました。

     当時の東ドイツは複数政党制とはいえ、ドイツ社会主義統一党が主導的立場に立つと憲法で定められており(事実上の一党独裁)、各政党からは議席と同じ数の候補者だけが出馬。しかも、議員として相応しくないと思ったら×をつける、白紙は信任を意味する、日本の最高裁の裁判官の信任投票のようなものでした。

     私は用紙を手に背後にある記載台に行ったものの、各候補者の政策や人となりをよく知らなかったので、キャビネで時間をつぶした後、結局、白紙で投票箱に入れました。そして、そのことを学生寮の友人に話すと、彼らは「それはまずいな」と言うのです。この国では投票する人は、たいてい投票用紙を受け取ったらすぐに隣の投票箱に入れる。キャビネに行く者は、候補者に×をつける現状への不満分子とみなされるのだと。

     だから現政権に不満な者は選挙には行かない――それが彼らなりのプロテストでした。その後、私が「不満分子」として当局に呼び出されるといったことはありませんでしたし、そもそもそんなことはなかったのかもしれません。しかし、東ドイツが有権者にそんなことを考えさせる社会であった事実は否定できず、選挙によって言論や海外旅行の自由が実現する期待などもちえないものでした。

     だから人々は通りへ出て、デモで自らの要求を訴えたのであり、それは時代の流れとも合致しました。東ドイツ政府が最大の友好国とみなしてきた(=忠誠を誓ってきた)ソ連がペレストロイカ、グラスノスチといった一連の民主化を進めていたからです。それは東ドイツ政府の姿勢とは相反するものであり、東ドイツはソ連から徐々に離反していき、最終的には当時のゴルバチョフ・ソ連共産党書記長から見限られます。

     むかし話を長々と書いていると思われるかもしれませんが、私には、上記の東ドイツを日本、ソ連をアメリカに置き換えると、いくつかの共通点が見え、ひとつの国家が自らの抱えた矛盾に耐え切れず瓦解していった過去が、日本の近未来のイメージと重なってしまうのです。

     投票率の最低値の更新は、人心が国から離れていっていることの表れでしょう。すでに有権者の半数近くに見限られているという事実を与党が過小評価して、勝利に驕っている、強烈なしっぺ返しを食らうどころか、この国全体が壊れてしまう。そんな危機感を抱いた選挙でした。

    (芳地隆之)

    →バックナンバー一覧へ

    ←「マガジン9」トップページへ   このページのアタマへ↑

    マガジン9

    「マガジン9」のサポーター

    マガ9のサポーター募集。

    「マガジン9」の活動は、支援してくださる個人のカンパで成り立っています。この活動をより安定的で継続的なものにするために、「マガジン9」の活動を支援してくださる人や団体、企業を広く募集しています。詳しくはこちらからお問い合わせください。お待ちしています。

    twitter
    #maga9

    マガ9のメルマガ

    メルマガ9

    ↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

    登録解除はこちらから↓

    マガ9のブログパーツ

    マガ9ブログパーツ

    「マガジン9」の更新項目がまるわかり!ぜひ、あなたのブログにも設置してください。

    マガ9のコンテンツ

  • - 特別企画 -
  • 2012年憲法どうなる?どうする?
  • おしどりマコ&ケンの「脱ってみる?」
  • こちら編集部
  • この人に聞きたい
  • ご支援ください。
  • つながって考えよう
  • ぼくらのリアル☆ピース
  • みんなのこえ
  • カエルの公式
  • ニッポンの社長インタビュー
  • マガ9スポーツコラム
  • マガ9タイムス
  • マガ9学校やりました。
  • マガ9対談
  • マガ9レビュー
  • マガ9備忘録
  • マガ9学校 参加者募集
  • 三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記
  • 下北半島プロジェクト
  • 世界から見た今のニッポン
  • 中島岳志の「希望は、商店街!」
  • 伊勢崎賢治の平和構築ゼミ
  • 伊藤塾・明日の法律家講座レポート
  • 伊藤真のけんぽう手習い塾
  • 原発のある地域から
  • 原発震災後の半難民生活
  • 女性が動けば変わる!
  • 女性と政治と社会のリアルな関係
  • 小石勝朗「法浪記」
  • 川口創弁護士の憲法はこう使え!
  • 映画作家・想田和弘の観察する日々
  • 時々お散歩日記
  • 木内みどりの「発熱中!」
  • 松本哉ののびのび大作戦
  • 柴田鉄治のメディア時評
  • 森永卓郎の戦争と平和講座
  • 渡部建具店の日々
  • 癒しの島・沖縄の深層
  • 立憲政治の道しるべ
  • 被災地とつながる
  • 鈴木邦男の愛国問答
  • 集団的自衛権を考える
  • 雨宮処凛がゆく!
  • 風塵だより
  • B級記者どん・わんたろうが「ちょっと吠えてみました」