戻る<<

091118up

マガ9のブログパーツ

ブロガーの皆さん!!
マガ9のブログパーツ第1弾です。マガ9の今週の更新項目が一目でわかる便利ツールです。
ぜひ、皆さんのブログに設置して、マガ9へのアクセス向上にもご協力ください。
こちら「マガ9のブログ」にも設置してますのでご覧ください。
下の画面でツールの横幅や文字色を皆さんのページに合わせた設定ができます。
設定後、「パーツ作成」ボタンを押して、「サンプル表示」を確認、
オッケーでしたら「貼付け用コード」をコピペしてください。

↓サンプル表示↓
03/24 更新 
  • vol.592肥田舜太郎先生の教え
     肥田先生の訃報に際し、今、様々なことが思い出されています。私が被爆医師・肥田舜太郎さんのお話を初めて聞いたのは、2006年に行われた伊藤塾の講演会でのことです。広島・長崎での被爆者の方々が被爆者援護法に基づく原爆症認定 […]
  • 自衛隊・南スーダンPKO派遣差止訴訟 原告と弁護団長に聞く(その2)「本当の狙いは、アメリカのアフリカ戦略」
    2016年9月に成立した安全保障関連法(安保法)の改正PKO協力法によって、「駆けつけ警護」や「宿営地の共同防護」などの新たな任務を政府から付与された自衛隊が、南スーダンに派遣されました。これに対し、同年11月に現職自衛 […]
  • 第68回山城博治さん 5カ月ぶりに保釈
    ヘリパッド建設やオスプレイ強行配備に反対する沖縄本島北部・東村高江の住民たちの闘いを描いた『標的の村』、そして美しい海を埋め立てて巨大な軍港を備えた新基地が造られようとしている辺野古での人々の戦いを描いた『戦場ぬ止み』な […]
  • 第409回3・11後の「不思議な体験」について〜『魂でもいいから、そばにいて』の巻
     このところ、3・11に関連する本ばかり読んでいる。  この連載でも、先々週は小熊英二氏の『首相官邸の前で』について書き、先週は『「心の除染」という虚構』について、書いた。  そうして今回触れたいのは、3・11後の「不思 […]
  • 第219回社会のどこを見て、何を聞くか
     作家の保阪正康さんとの対談本『昭和維新史との対話』(現代書館)の見本誌が送られてきた。3月30日に全国書店で販売される。去年の6月から5回ほど対談し、かなり苦労して本になった。戦争に突入した日本、そして戦後の日本につい […]
  • 111あなたを襲うかもしれない悪夢
     沖縄の名護署に勾留されていた山城博治さんが、3月18日の夜、ようやく保釈された。昨年の10月17日に逮捕されてから実に5カ月もの長期間、勾留されていたことになる。  山城さんの保釈は嬉しいことだけれど、実はもうおひとり […]
  • その162)コザ暴動を背景に沖縄の思いを描いた舞台『SELECT!』
    沖縄の劇団「チーム・スポット・ジャンブル」と、「劇団スーパー・エキセントリック・シアター」がコラボした舞台『SELECT!』(脚本:榎本由紀、演出:八木橋修)が3月18、19日の両日、座・高円寺2で上演され、全公演満席の […]
パーツ横幅
ピクセル
リンク色
リンク色(オンマウス)
文字色
文字の大きさ
ピクセル
 0ピクセルでブラウザ依存
詳細
 詳細を表示する
文字コード
貼付け用コード
マガジン9条