雨宮処凛がゆく!

 独裁政権を逃れて日本にやってきたジャマルさんは、今まで3度、「難民申請」をしている。しかし、日本政府はその3度の申請を、ことごとく却下している。

 出身国・イランに帰ってしまうと死が待っているというのに、長年暮らす日本で「難民」と認められずにいるジャマルさんは、あまりにも宙ぶらりんで無権利な状態に置かれている。

 ちなみに、そもそも「難民」ってなに? という人もいると思うので、そこから説明しよう。

 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のサイトによると、難民とは「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受けるおそれがあるために他国に逃れた」人々。

 ちなみに日本は先進国の中でも「難民認定率」が極めて低く、たとえば2011年の認定率は0.3%。21人しか受け入れを認めていない。しかし、他の先進国を見てみると、2011年のアメリカ、カナダでの難民認定率は40%を超え、それぞれ1万人以上を新たに難民と認め、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリアでも、数千人を新たに難民と認めて受け入れている。

 そんな日本はしかし、「難民条約」を批准している。難民条約を批准した国は、先ほどの難民の定義に当てはまる人を保護するという条約上の義務がある。が、日本の場合、その義務をほとんど放棄しているような状態なのだ。残念ながら、日本は「先進国でもっとも難民に冷たい国」なのである。

 さて、そんな日本で、ジャマルさんの前にも「難民認定」は高い壁となって立ちはだかっている。

 一度目に申請したのは、01年。が、申請はしたものの、1年間、なんの連絡もなく放置されたままだった。結局、1年後に審査官が通訳者を連れてやってきて、やっと事情を聞かれたものの、審査官が聞き取りのあとに読み上げた聴取内容は、ジャマルさんの発言と違う部分も多かった。

 「それで、『こんなこと言ってない』って言っても、審査官は『何書けばいいかは俺が決める』って言うんです」

 そうして02年末、入国管理局から「難民不認定」の通知を受ける。ジャマルさんは不服申し立てをするものの、03年にはその却下通知がくる。同時に知らされたのは、強制送還と強制収容の令状が発行されたということ。それからほどなくして、ジャマルさんは入管収容所に入れられてしまう。

 この「収容所」がひどいところなのだが、それはまたあとで触れたい。

 とにかく、収容されてしまったら、そのままでは強制送還されてしまう。イランに送還されてしまえば、待っているのは拷問と死だ。そんな時、ギリギリのタイミングで支援してくれる弁護士が見つかった。「強制送還されないためには、とにかくすぐに裁判を起こすしかない」とアドバイスをもらい、ジャマルさんは「難民不認定の取り消し」「強制送還の取り消し」「強制収容の取り消し」を求めて裁判を起こす。危機一髪のタイミングだった。

 結局、04年4月には「難民の蓋然性が高い」という判定を受け、ジャマルさんは無条件で釈放される。収容期間は、実に5ヶ月ほど。

 「最初は横浜の収容所で、1ヶ月もしないうちに茨城の牛久市にある収容所に移されました。800人くらいが入るところで、とにかくひどいところでした」

 さて、そうしてなんとか釈放されたジャマルさんは、04年夏から、渋谷のUNHCR前で座り込みを始める。この時期、日本の難民受け入れ制度の落ち度や入管収容所の劣悪な環境に対して、クルド難民たちによる座り込みが行なわれており、それに合流したのだ。

 しかし、その年の9月、座り込みは警察によって排除されてしまう。この混乱の中、ジャマルさんは「転び公妨」で逮捕されてしまう。起訴されたジャマルさんは、拘置所の独房で5ヶ月を過ごすハメになる。結果的に「有罪」となり、再び茨城の収容所へ。収容生活は1年間にわたって続いた。

 そんな収容生活の中、ジャマルさんは体調を崩し、多額の保釈金を払うことでやっと「仮放免」という形で釈放される。

 04年、逮捕された時にもジャマルさんは難民申請をしている。しかし、却下。

 そうして2010年3月、またしてもジャマルさんは入管収容所に収容されてしまう。この時は、入管に出頭したらそのまま収容されてしまうという意味不明な展開だった。ちなみに「難民認定はされておらず、仮放免中」のジャマルさんは、2ヶ月に一度、入国管理局に出頭し、「仮放免の延長」の手続きをしなければならないという。また、同時に「旅行許可証」も貰う。「え、呑気に旅行?」と思うなかれ。ジャマルさんは、今住んでいる東京から、例えば隣の神奈川県に行く予定がある場合、それを事前に入国管理局に届けなくてはいけないのだ。届けていない場合、「東京から神奈川に行った」ことが発覚すれば、そのまま強制収容されてしまうおそれがある。「ちょっとした移動」が、即収容所行きとなってしまう生活なのだ。

 さて、それでは「収容所」とはどんなところなのか?

 ジャマルさんと会うまで、私はこの国に「入管収容所」というものがいくつもあり、そこに何百人もの外国人が収容されているという事実など、まったくと言っていいほど知らなかった。

 ジャマルさんは言う。

 「入管収容所は、とにかくひどいところです。僕は転び公妨で逮捕された時に拘置所も経験していますが、拘置所も入管収容所も同じようなものです」

 ちなみに入管収容所は、「在留資格のない外国人が、帰国するまでの間、もしくは在留資格を得るまでの間に一時的に滞在する施設」。それ以上でも以下でもない。しかし、それが「拘置所」と同レベルとはどういうことなのだろう?

 「僕は品川、牛久、横浜の3つの収容所を経験しています。最初に入れられたのは、横浜の石川町にあった入管収容所です。ここは小さなところで、建物の8階にありました。収容されていたのは70人ほど。10畳の部屋に10〜12人が入れられて、1日中、部屋から外には出られません。外部へ電話することもできなければ、診療室もありませんでした」

 この収容所にいる間、ジャマルさんは耳の内出血により熱を出す。痛みもひどかったものの、入管職員に言っても市販の風邪薬を渡されるだけ。収容所の中では体調が悪くても職員に怯えて何も言えずに耐える外国人も多く、ジャマルさんは「希望する全員の受診」を求めて収容所内でハンストをし、「全員受診」の約束をとりつけた。しかし、やっと病院に行けるという時に、ジャマルさんは屈辱的な扱いを受ける。商店街の真ん中にあるクリニックまでの移動中、手錠をかけられたのだ。診察中も手錠は外されなかったという。ジャマルさんはこの時のことを「恥ずかしかった」と振り返る。

 その後、ジャマルさんは茨城県牛久の収容所に移った。ここは800人くらい収容できる施設だが、今年3月、ここに収容されていたイラン人とカメルーン人が相次いで亡くなったことが報じられている。詳しいことは明らかにされていない。

 また、入管収容所内で起きたことではないが、2010年にはガーナ人の男性が日本からの強制送還中に離陸前の飛行機内で死亡するという事件も起きている。入管によると、男性が暴れたため、職員が「制止」したということだが、タオルを口でふさがれ、座席で前かがみに押さえられた上、両手首も固定されていたという。

 この事件では日本人の妻が不起訴処分となった入管職員9人の処分を不服として審査を申し立てている。

 これらの「入管」周辺の事実を少し知っただけでも、「外国人」に対するこの国の扱いがわかるのではないだろうか。

 さて、次回はジャマルさんの現在の生活に迫っていきたいが、この原稿を書いている真っ最中、ジャマルさんを一番悩ませているのは、入管でもイスラム独裁政権でもなく、南京虫である。現在、知人宅に住んでいるのだが、そこに南京虫が大量発生しているらしいのだ。ジャマルさんから届くメールには、「今、身体中がかゆくて目が覚めました」「10匹をやっつけました」「血を吸って2センチくらいになっている!」などと臨場感溢れる「南京虫との闘い」が実況中継されている。

 そうしてとうとう本日、みんなで大掃除をして南京虫の巣を発見!!

 「大革命です!」

 ジャマルさんからのメールには、そんな言葉が躍っていた。

 ということで、次回はジャマルさん最終回。

 巣を発見したところで、ジャマルさんは南京虫との闘いに終止符を打てるのか? 難民認定は? そしてジャマルさんの「難病」とは? 今後の生活の見通しは?

 すべてはまだ進行形である。

 ジャマルさんへのカンパは、以下で受け付けています!
 よろしくお願いします!

【郵便振替】 00110-6-317603
口座名:フリーター全般労働組合
※通信欄に「ジャマル」と記入してください

 

  

※コメントは承認制です。
第297回 働いたら収容所、帰国したら拷問〜〜謎のイラン人、ジャマルさんは難病で難民!! の巻(その2)」 に10件のコメント

  1. magazine9 より:

    日本の難民認定率の低さ、難民認定手続きにかかる時間の長さなどについては、ずいぶん前から指摘されているところ。しかし、根本的な変革はないままに、収容施設での難民申請者死亡事件なども相次いでいます。戦乱や弾圧から逃れてきた人に、最低限の安心と安全さえも与えられない社会が、果たして本当に「先進国」なのか。私たちの社会そのもののあり方を映し出す「鏡」として、一人ひとりが考えてみたい問題です。

    • Jamal Saberi より:

      magazine9 さん、雨宮かりんさん、記事の掲載をありがとうございます。第三号のほうも宜しく願いいたします。日本社会はこんなひどいことを絶対に許さないと僕は信じています。より人間らしい社会をつくっていきましょう。地球は皆のもの、人間は皆一緒です。

      • magazine9 より:

        こちらこそ、ありがとうございました! こんなひどいことが許されているなんて、このコラムのお陰でリアルに知る事ができました。なんというか、いろいろこの国は情けないです。でも、南京虫が退治できたことは、良かったですね。

        • Jamal Saberi より:

          magazine9 さん、コメントはありがとうございます。多少であろうとも、、入管体制と収容所内の信じがたい実態とかイラン政権の非道が世論に知られたことを良かったと思います。お陰様です。変わるべきところはいっぱいあると思いますが。
          南京虫についてですが、巣をいくつか発見していますがまだまだ暇手間をかけています。ともかくも相当やっかいです

  2. より:

    ジャマルさんにはよく話しを聞いていますが、イラン革命以降のイランの状況や日本の入管の難民への対応など、今まで知らなかった事が恥ずかしくなるくらい衝撃的でした。
    内容を沢山の人に知って欲しかったですが、なかなか手段もない中、雨宮さんに書いて頂いて良かったです。
    イラン革命に関してはペルセポリスという漫画で描かれているので、未読で興味がある方はぜひ読んで頂きたいです。
    しかし、南京虫の巣が見つかって良かった(笑)とても大変そうでしたので。

  3. TokiNoKawa より:

    「難民条約」を批准していながら難民を受け入れていないとか、官僚の怠慢、つまり官僚や政治家が「仕事していない」っていうのが明らかなのではないか。
    本『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと?』を読んだんだけど、「人種差別撤廃条約」の締約国でありながら、人種差別を禁止する法律を制定していないっていうし、「条約を締結しました」って言い訳だけで、中身が全く伴っていない国際条約が沢山あると思う。

  4. marimo より:

    「ペルセポリス」ってアニメーション映画にもなりましたよね・・・数年前に見た記憶があります。よ さんの書き込みを見て思い出しました。

  5. Jamal Saberi より:

    「ペルセポリス」をはじめて読んだのは05か06年の茨城の入管収容所内にいたときのことです。一巻目を何とか評価出来きるものの、二巻目に関しては疑問は多いに残ります。マルジャーンさんは何を言いようとするのか。全体的にいうと、彼女の語ろうとする物語の背景にはイラン国内の激しい社会情勢の動き、民衆とイスラム政権との対立が眠っています。本当は国内だけの動きではないが、それはともかくとしてです。概ねでいうと、マルジャーンさんはあくまでも自分自身の体験を語ろうとしています。こんなことに関しては誰よりも本人がこだわっています。つまり、彼女は現実に存在している民衆とイスラム政権との対立を正確に見ようとせず、個人だけの、おかあを出しにしています。それは、イラン系のあらゆる政治勢力を避けようとする一方で、現状から離れようとする意図があるからです。では、本人の立場はいったいどんなものなのか。僕に言わせれば、それは保守的な愛国主義です。ご本人はそんなのを認めているのかどうかは別とします。
    マルジャンさんはなぜ保守的な愛国主義者なのか。1.彼女は家族や親族などがイランに住んでいる以上にはその人たちの安全を迫害されることを心配している、と考えられます。2.本人もまた国内外を往復していたので、それの継続を考えていた。で、結果的には微妙な細い道を選んでいる、と物語の中身から解ります。
    マリジャンさんの作品はなぜ目立つようになったのか。1.若くて、女性で、政治的な姿勢は微妙だったから、と僕は考えています。この辺の話しは、国外的な情勢に関係しています。つまり、欧米政権や大手メディアやその評論家などにとっては、最も好ましいのはイスラム政権をあまり強く批判しないことです。マルジャンさんの作品はそんな政治姿勢にそって出来ています。本人は懸命に、自分の体験だけを語っているのだ、って主張していますが、例えばこの主張だけを参照にしてみれも結論的には彼女の作品は単に上記の支配政治勢力の条件に沿った感じのものだと言えます。

  6. Jamal Saberi より:

    いくつかの重要点について説明:
    1.マルジャーンさんを別として、1979イラン革命の実態や現状を負けて伝えようとする問題は今に限っている問題ではありません。これはとても大きな国際的な問題であって、その中身に関してはここではすべてを説明し切れません。
    2.マルジャーンさん自身のご家族などに対する心配は大に理解出来ます。そんな気持ちに関していうと人間誰でも同じだと思います。問題にするべきところは、迫害を加えているイスラム政権です。
    3.「ペルセポリス」の出版後にはマルジャーンさんはイランへの旅行出来なくなりました。幸いですが、ペルセポリスの出版は広く行われていたため、イスラム政権は国際的な批判を恐れていて、マルジャンさんの家族などへの迫害は加えられなかった。しかし、マルジャンさん作品に対してイスラム政権のメディアは触れていて、相変わらずでありながらも、否定的な立場をみせていました。イスラム政権はどんな小さな批判にも耐えないファシスト的な宗教政権ですし、特に国外勢力の活動に対しては非常に敏感です。
    4.イランに関する愛国主義勢力は分けて二つ存在しています。一つはペルシア系(アーリア人)の愛国主義です。2600年前のペルシア帝国主義と部族主義を自慢にしています。もう一つはイスラム的な愛国主義です。この二つの愛国主義勢力の間では激しい対立がありますが、両方の主張は相当に時代遅れのものです。また、この両穂の愛国主義勢力には右、左と中立的な立ちあをもせる勢力が存在しています。マルジャーンさんはその左と中立を行ったり来たりしているようにみえます。

  7. Jamal Saberi より:

    国内情勢に絶えず国外に出て暮らしていこうとする若きマルジャーンさんは自分の身分とアイデンティティを探っている。ぉれはすべての移民と難民は直面する問題です。マルジャーンさんに限らず、この問題を検討する事は十四運ア課題だと思います。僕自身は 国際的なアイデンティティと身分を何より好みます。国境とは国籍とか民族などは相当な古い考え方を呼吸しているのだなと想っているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

←「マガジン9」トップページへ   このページのアタマへ↑

マガジン9

雨宮処凛

あまみや・かりん: 1975年北海道生まれ。作家・活動家。2000年に自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版)でデビュー。若者の「生きづらさ」などについての著作を発表する一方、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。現在は新自由主義のもと、不安定さを強いられる人々「プレカリアート」問題に取り組み、取材、執筆、運動中。『反撃カルチャープレカリアートの豊かな世界』(角川文芸出版)、『雨宮処凛の「生存革命」日記』(集英社)、『プレカリアートの憂鬱』(講談社)など、著書多数。2007年に『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)でJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞。「反貧困ネットワーク」副代表、「週刊金曜日」編集委員、、フリーター全般労働組合組合員、「こわれ者の祭典」名誉会長、09年末より厚生労働省ナショナルミニマム研究会委員。オフィシャルブログ「雨宮日記」

最新10title : 雨宮処凛がゆく!

Featuring Top 10/277 of 雨宮処凛がゆく!

マガ9のコンテンツ

カテゴリー